« 2017年4月 | トップページ

大変だった副反応。コロナワクチン副反応体験メモ

  1.  <1回目ファイザー> 2021.7月 14:00頃打ち、夕飯の片づけまでは異常なし。20:00頃からなんとなくだるい感じ。

    打った腕が腫れて若干痛みもあり横向きに寝にくい。朝起きたら37度の微熱。だるいけれど何とか普通に過ごせた。
     
  2.  <2回目ファイザー> 2021.7月 14:00頃打ち、19:00頃から猛然と倦怠感、腕の痛み腫れ、頭痛、発熱、関節痛が始まる。

    夜の間に熱が上がり悪寒激しい。アセトアミノフェン剤が品薄の頃で準備できず、翌日、翌々日と連日38。5度の熱や食欲不振でトイレに行くのも水を飲むのさえしんどい状況。ほとんど寝ていた。打った翌日の朝から5食食べられず。3日目には熱は下がったがフラフラで結局4日間は復活しなかった。

  3.  <3回目モデルナ> 2022.3月 14:40頃打ち、19:00頃から腕の痛みと腫れが顕著。その他は当日は夜まで意外と元気だった。

    夜中に寒気を感じ、翌朝起きると38度。倦怠感、頭痛、関節痛、食欲不振も来た。が、今回は何とか朝ロールパン1個、夜味噌汁半分飲めた。最高38.5度まで出たが昼と夜に解熱剤飲んで、37度台に下がり翌々朝には起きだせた。だるいが、熱でしめった布団を干した。

    頭痛と関節痛は3日目まで、いわゆるモデルナアームは5日目まで悩まされた。腫れが酷く、変色も、腕は肩まで上がらない。6日目やっと腕が頭の上まで正常に上がる。

 1回目が大したことなく、甘く見ていたので、2回目は本当につらかった。3回目は解熱剤、プリンや豆腐や茶わん蒸しにおかゆ、など準備はしてあったが、解熱剤が効いて少しは食べれた。2回目の本当にだめな時は食べ物はおろか、経口補水液やスポーツドリンクなど味のあるも受付ず水だけだった。 

 あと、利き手でない左手に打ったが、左を下に横向きに寝ていて2回目と3回目は夜中に痛みで起きたりした。でも、利き手が肩までも上がらないのも不便だろうから3回目も左手を選択した。

 これからも打つ可能性を考えると副反応の嵐はつらい。。

 

|

« 2017年4月 | トップページ