« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

東京へ、その3  東京国際キルトフェスティバルと浅草橋界隈

2015/01/24、東京へ。

行程も目的も、その1と同じような予定。行きはフリーにして、東京国際キルトフェスティバルの前売り券と帰りの新幹線のぷらっとこだまの切符は用意済みでしたが、当日に親戚のお葬式。こればかりはいつも突然で。

それでも、午後3時台の新幹線には乗れそうで、キルト展をあきらめれば、当日のとんぼ返りも可能でしたが。。前売り券購入の段階で楽しみにしていたので。。急きょ、宿を探し泊まることにして、ぷらっとこだまの切符をキャンセル。ぷらっとこだまは旅行商品なので、旅行日前日の取消は、キャンセル料が40%、確か1,840円でした。

斎場の待ち時間に出た助六寿司ではお腹が空き、静岡駅で東海軒のサンドウィッチを新幹線の車内で。直近のこだまは名古屋発ので、窓側も3列側なら少し空いていても、各列に一人は座っている程度の混み具合。コーヒーも飲むので、トイレに立ちやすい通路側へ。ひかりなら車内販売がありますが、1時間に1本の上、自由席は座れない可能性も。

Toukaiken_sandwitch20150124

また、その1とほぼ同じ方々と、いつもは最終のぷらっとこだまで忙しなく帰るのを急きょ2次会まで混ぜて頂き、色々な話が聞けました。皆さん知識が豊富で行動的。お世話になるばかりで申し訳ないのですが、今回もありがとうございました。

宿泊は馬喰町のホテルが取れて、翌朝、水道橋に向かう前に浅草橋界隈を散策。

浅草に近いのもあり、外国客が屋形船の写真を撮っていたので私も。これに乗って天ぷらとビールなんて美味しそう。船酔いしなければ。。

Asakusabashi_20150125

水道橋駅からは、東京ドームまでの道を間違いようがないほどの人出。キルトフェスティバルとあって、ほとんど女性。並んで持ち物検査を受けて入場。

今回のメインは、3人の作家による大草原の小さな家のテーマのキルト。この日一番人気だった鷲沢玲子さんのキルト。また列に並んで人の後ろからつま先立ちで見る。身長が低いとこんな時不便。あまり近づけなかったけれど、グラデーションが綺麗だった。

14th_quiltfestival1_20150125

コンテスト部門の大賞作品も凝ったものでしたが、携帯の画像では判りづらくて、準日本キルト大賞作品を。これも模様の細かい所は出ていませんが、本当に一つ一つを丁寧に縫い上げて、しかもラインがシャープでぶれていないすごい逸品。

14th_quiltfestival2_20150125

今年のトレンドとしては、フェルト手芸用の羊毛を使って、フランス刺繍より立体感があったり、ポップな色使いをした作品が多く見られてこれも楽しい。販売コーナーでは、日本では見かけない欧米の布に人が詰めかけていました。

客席の一部を休憩・食事スペースとして開放。女性が喜びそうな彩りの弁当を売っていました。野球の時のようにビールの売り子さんはいませんが、階段を上がったところのスナックコーナーは営業して、人いきれで会場も暑いので、ビールも売れていました。

すっかり人にもまれて疲れたので、新宿に出てから買い物後、混んでいるレストランに入らず、小田急ロマンスカーでまったり。シートサービスの車内販売のあるVSEのはこね号が丁度いい時間で、新宿で買ったパンと、プレミアムコーヒー。この日はスイスの航空会社とのコラボでチョコレートのおまけつき。

Premium_coffee_20150125

お通夜からの疲れがでて、小田原の駅の近くの金券ショップで新幹線の回数券を買い、帰りました。こだまの自由席は空いていて、E席で富士山を眺めながらゆったり。

Fuji_20150125

富士山は毎日のように見ていても、冬の晴れた日の雪をかぶった姿は綺麗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京へ、その2   数学体験館&近代科学資料館

2014/12/20、東京理科大学の数学体験館と近代科学資料館へ。

12月中旬に夕方の情報番組再放送を見ていたら、バンダナがトレードマークの数学の先生として有名な秋山仁さんが館長の、数学体験館が紹介されました。

18切符期間中に寄ってみようと思い、数学体験館のサイトを調べたら、大学の冬休みは休館とのこと。早速次の土曜に東京へ。

先に新宿付近で買い物&脳を使うのに備えて?星野コーヒーでふわふわのパンケーキ。

赤いベリーと緑のヒイラギ飾りのクリスマスバージョン。

Hosino_20141220

JR総武線の飯田橋の駅から数学体験館へ向かう頃には本降りの雨に。

Suugakutaikenkan_20141220

早い小学校は冬休みの初日ですが、雨で逆に空いていて、すべての体験型展示を試すことができ、学生・ボランティアの方の説明も頂けました。ピタゴラスの定理をビジュアルのパズルで明快に解いたり、サイクロイド曲線や多面体の不思議など、数学の授業では単に暗記していた数式を、簡単な出題に対して自分で考えてみる実験で楽しめる。

中には、答が解らず教えてもらって、逆に小学生なら気づきそう。。と思ったり。詳細はネタバレするとつまらないので割愛。

近代歴史資料館は、計算機や録音技術などの展示がありました。縄の結び目から始まって、江戸時代の算木、そろばんなど。そろばんは塾で2級まで取ったし、計算尺も昔持ってましたが使いこなさないうちに小型電卓が普及しちゃいました。電卓も年代によって、最初に近いのは大きくてパソコンほど。持ち歩きは。。無理。

大型計算機のコーナーでは一部屋ほどある真空管の計算機など。隣のコーナーには、記録媒体の変遷も。紙テープに巴川製紙とあって地元の企業が作っていたんだと感心したり。。8インチフロッピーすごく扱いづらかったなあ、と回想したり。磁気テープのデータレコーダ、押し入れの隅にまだあるかも。ゲームを読みだす時のギーガーという雑音が懐かしい。

パソコンやゲーム機のコーナーではPC9801シリーズなどこれまた懐かしい機器の数々。残念ながら、自分の使った、FM77AVやPC9801RXなどは展示ありませんでしたが。。まだ、メモリがなくて、ワープロソフトの辞書も変換ごとにフロッピーから読み込んでいたとか、やっとメモリに手が届くようになって、1メガ2万円とか、本体とソフトのマニュアルを積んでいくと1mくらいあったとか、色々思い出され。。

雨脚も強まったことで、ちょっと神楽坂をうろうろして、学生の街と点在するちょっとおしゃれな部分とを観察後、池袋東武でドイツパンを買い、帰りの湘南新宿ラインのグリーン車でビールとともに。

この日は伊東まで足を延ばし、駅の近くの「子持ち湯」に寄る。

ビルの地下に温泉が。ちょっと目立たない場所。男女の入り口の真ん中に番台があって、昔の銭湯っぽい雰囲気。シャワーはなくて、カランがいくつかと浴槽がぽつんとひとつ。顔についたのをなめると塩分が感じられる。地元の方が多い時間帯でした。挨拶して隅っこに入れてもらう。割と熱めで短い時間でもほかほかに。

この時点で日は暮れて道路は大雨で川のよう。折角、温泉に浸かり、靴下も変えたのに靴から水がしみてきました。

Komochiyu_20141220_3

うっかり伊東駅のドトールでアイスコーヒーを飲んで、しまったと思いましたが、この日は熱海からの東海道線の普通列車もトイレのついている編成。不思議なもので、いつでも行ける安心感があると、静岡駅まで平気。

数学体験館はワークショップも開催しているそうで、またその内行ってみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »