« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ココログの表示方法が変更に

全文表示から、デフォルトが概要表示(40-100字程度の概要が表示され、あとは続きを読むをクリックすると全文が表示される。)に変更になったようだ。

一旦始めてしまえばめったに「設定」など必要ないので、迷う人もいるのでは?

もう一度全文表示に変える方法は、おしらせココログ に詳しく掲載されています。

保存しただけではダメで、上部のボタンを押して全ページに「反映」させないと、見た目が変らないので、混乱する人もいるのでは?

最近はなまけているけれど、2004年からやっていると記事数が多くて反映に時間がかかって面倒だった。

文章のうまい人なら概要だけで記事の要点が理解されるということか?
要約がヘタな私には無理です。gawk

特に写真サイトでは、画像は畳まれてしまうので迷惑だろうと思われ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterに登録

今人気の Twitter に登録してみた。

最近は日本語のもあるのか。
登録完了のウェルカムメールは英語だったけれど。

ブログには書きたくない、世間への雑感や&ネガティブな内容もつぶやけるか?

しかし、フリーメールのアドレスなんかもそうだが、
ユーザー名が直接アドレスになる場合も、既に希望の単語が使われている。

自分の写真はプロフィールに貼りたくないので、ふさわしい画像探しに苦労した。

まあ、続けられるようなら、ここにもリンク・・・

あ、ネガティブな発言があったら、知り合いには見せたくないか。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09'8月の谷津干潟

前記事のガンダムより、こちらの方がメインのつもりが。。

2009/08/21、地震で使いきれなかった18切符で谷津干潟へ。

干潟の一番暑い時期、体調を整えるためグリーン車にし、
横浜駅で総武線に乗り換えついでに買ったシュウマイを、
本来ならビールのお供に美味しい所、麦茶で我慢。

Soubusen_greencar_090821

休日は本数も少なく、船橋→西船橋→南船橋の乗り換え時間がかかるので、
東京で素直に京葉線に乗り換えた方が早く着いたと思われますが。。

普通列車のグリーン車はJR東日本エリアならでは。長く乗れるのを優先。

南船橋の駅から10分ほど歩き、谷津干潟の端に着くと、あらら。。
潮の引き具合が不十分。割と大潮で干潮時間に近いはずなのに??

Yatsuhigata_090821_1

それでも、引いている部分にはセグロカモメとセイタカシギが3羽。
アオサの腐った匂いがすごかったけれど、しばらく見ていました。
近くに来たので、コンパクトデジカメでもなんとか。

Yatu_seitakasigi090821

端だけ見て、ららぽーとに行く為に戻ってしまいました。

しかし、谷津干潟自然観察センターのサイトを見ると、この日のフィールドノートには、オオソリハシシギやキョウジョシギやトウネンなども載っていて、センターまで行って粘れば良かったのかもしれません。

この後、京葉線からりんかい線に乗り換え、ガンダムを見て、ゆりかもめから新橋で東海道線に乗り換え帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログネタに「ガンダム30周年に一言」が出たので

丁度、8月の旅行の続きを書いたのでブログネタに参加。

ガンダム30周年に一言参加数

2009/08/21、台場へ実物大ガンダムを見に。

年代的には「銀河鉄道999」の方が近くて、ガンダム自体にすごい思い入れは無いのですが、初代ガンダムをデフォルトでテレビで見ていて、アムロより、ゴキブリマントのシャアなんかがファンでした。ニュータイプって言葉も流行りましたっけ。

地元では、静岡鉄道の電車からガンプラの会社が見えるので、身近に感じます。

さて、ここが本来の目的地ではないので、海浜公園の場所は調べていかず、東京テレポートの駅辺りから、たらたら歩いたのですが、、間違いようが無いほどの人の波。団体がいくつも観光バスから降りてきました。

後姿が見えたとたん、記念撮影を始める人が多数。
夏休みで親子連れが多かったが、年代的にお父さんの方が熱心か?

Daiba_gundam_090821

ロケットから霧を吹くのは時間が違ったようで見られなかった。
触れるタッチ&ウォークとグッズの売店は長蛇の列。

Daiba_gundam_090821_2

逆光でもあり、この辺まで近づいて双眼鏡で細部を見てよしとしました。

Daiba_gundam_090821_3

人いきれや容赦ない夏の日差しですごい暑さ。
みつまめ風くずきりを食べて一息つきました。

Daiba_gundam_090821_4

本当に乗れたらもっとすごかったなあと思いつつ帰る。

これが何でグリーンプロジェクトなのかも疑問なまま。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/08、麻機一般公募探鳥会に参加

2009/11/08、野鳥の会静岡支部の一般公募探鳥会が麻機にて開催。

詳細は既に、こちらに書いたのですが。。

個人的に盛り上がらなくて、他の方のお話を参考にしてまとめたので、
妙にそっけない報告になってしまいました。
静岡支部の報告は、かわせみさんにお願いした方が良かったかも。

前日、東京での飲み会。一次会で失礼し新幹線で帰ったのですが。。
「ぷらっとこだま」のドリンク券に+100円でワインに変更したら、
飲み足りない気がして、さらに飲んでしまいました。

Izakayamama_091107

翌日の朝、二日酔いでちょっと気持ち悪い。

なんとか起きられて、草場バス停から歩いて集合場所へ。

会員、一般合わせて63人はしばらくぶりの盛況。
これでも一部の方。

Asabata_koubo_091108

高台からの観察も順番待ち。

Asabata_koubo_091108_2

あちらに書いたようにコサギの狩のような行動や、カワセミが枝に
停まっているのをスコープで見られたり、一般参加者の女性も
かわいい!と喜んでおられました。

ヨシガモのオスの頭の緑色の金属光沢が折からの強い日差しに映えて綺麗でした。

この辺で体調もだいぶ復活してきましたが、帽子を東京でなくしてきたので、暑くて脱いだ上着を被り、逮捕される犯人みたいになっていました。(^_^;)

Asabata_koubo_091108_3

芝原の池、平柳の池の周りをぐるっと廻りましたが、
元オニバスがあった辺りは、ヨシやアカウキクサ?やオオカナダモやホテイアオイ、ゴキヅルなどに埋もれていました。

それでも、どこからかバンのキュルキュルという鳴き声が。

ダイオキシン工事の?鉄の壁付近に10月28日には、
2羽のメスタイプのノビタキがアシの先につかまって揺れていましたが、
もうこの日は見られませんでした。

Asabata_koubo_091108_4

探鳥会としては、ラストにミサゴが池の上に舞うなど成功のよう。
幹事さん、スコープを持って歩いた方お疲れ様です。

最近、スコープを持って行けなくて申し訳ありません。

個人的にはBさんにトンボがかなりの低温でも生きていけるというのと、Oさんにアキノノゲシを教えてもらったのが収穫。

Asabata_koubo_091108_5

体調がいまいちだったので、車で送ってもらえてラッキー。

Nさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葦毛湿原へ 2. (葦毛湿原を散策)

2009/08/15、豊橋市内で迷いつつ葦毛湿原の駐車場へ到着。

豊橋市の天然記念物である旨と広さや植物相の説明看板と共に、

四季の植物の写真の看板があり、代表的な花を掲載。

Imou_situgen_090815_1

湿原まではハンノキやコナラなどの林に湿原からの細い流が小さな川となり流れます。ヤブミョウガの花が木漏れ日の中にひっそりと咲いていました。

Imou_situgen_090815_2

湿原の中はハンノキなど低木は進出しているものの、見た目はシダが混じった草原。先ほどの林の中と違い、蒸し暑い。木道から観察するため、双眼鏡もあれば遠くの植物も良く見えます。

Imou_situgen_090815_3

今回のお目当てのサギソウは、オートフォーカスのコンパクトデジカメでは、こんなんで周りの草にピントが合いまくり。。

Imou_situgen_090815_4

やっと一枚写ったサギソウの花。コサギの飾り羽に似ているか?家族の一眼レフの画像が整理できたら差し替えます。とりあえず、こんな花。

Imou_situgen_090815_5

ミズギクの黄色い花も可憐。

Imou_situgen_090815_6

葉のべたべたで昆虫を捕らえる、食虫植物のモウセンゴケの花は終わっていましたが、替わってミミカキグサの小さな黄色い花が咲き始め。

Imou_situgen_090815_7

シオカラトンボやコフキトンボ、アオイトトンボなどイトトンボの仲間が多数見られましたが、ハッチョウトンボには出会えませんでした。

Imou_situgen_090815_8

シラタマホシクサは、まだツボミで遠くの数輪が咲いていただけ。以前、何回か9月上旬に田原干潟と合わせて来た時には、緑の中に白い星がちりばめられた所々に、サワギキョウの紫が映えて綺麗でした。

入口に戻り駐車場の隣の池を双眼鏡で見ると、ギンヤンマやショウジョウトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ハラビロトンボなど様々な種類が。

Imou_situgen_090815_9

例年なら、ここまで来たら田原に寄るのですが、東名の上りが地震で通行止めで、一般道も混むかもしれないと、ここで帰ることに。一般道で、野菜の直売所やホームセンターで涼みつつ、東名が未開通の区間では1号線も混むと150号の旧道など迂回しまくり、日暮れの前には帰宅。旧盆休みの最終日、どこで混むか不安で夕食の買い物以外はまとまった寄り道はしませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »