« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

ちょっとだけ見えた部分日食

2009/07/22、早朝から滝のような雨。。

どうせ静岡は皆既日食じゃないし、、とあきらめてましたが、食が開始する9:52過ぎ、窓を開けると、ベタ曇りながらも雨は上がったらしい。用事を済ませて11:00頃から駿府公園で、部分日食の観察を試みる。

ここからの食分のデータは、つるちゃんのプラネタリウムを参考にさせて頂きました。東京の次が名古屋でなく、静岡のデータがあってうれしい。

歩いている途中にちらっと三日月のような食分0.65位の太陽が。
たいして暗くないのに、カラスとムクドリ、シジュウカラが落ち着き無く騒いでいた。

公園の広場につくとこんな空模様と暗さ。

Bubunnisshoku_090722_1

曇っているせいか食分0.7だからか?あまり暗くならないよう。

11:04、食分0.7のはずの空に太陽は無し。。

Bubunnisshoku_090722_2

タイムスタンプが11:11で、11:10:57'の最大食分0.785の30秒後くらいと思いますが、やっと厚い雲の後ろに三日月のような太陽が薄ーーーく!

Bubunnisshoku_090722_3

11:29、戻り始め、食分0.7になった頃、雲が少し薄く。。

Bubunnisshoku_090722_4

11:38、かなり戻り食分0.6になった頃、雲の切れ間に太陽が完全に顔を出し、慌ててフィルター代わりのネガフィルムを取り出す。後ろが赤いのはそのため。

Bubunnisshoku_090722_5

その後すぐに厚い雲に覆われたので、11:50-12:10、一旦昼食&トイレ。

元の場所に帰ってきても、あまり太陽が見えないまま12:34、食が終了。
日食が完全に終わっても曇っていて暗い。。

鳥は、昼休みで弁当を広げる人目当てのドバト以外は騒がなくなったよう。

Bubunnisshoku_090722_6

天気が良ければ三日月型の木漏れ日とか期待していたのですが。。まあ、部分日食なら食分0.23の小さいのを、2004年にタカ渡りの観察のついでに見ているので、また今度のお楽しみに。。

2010年と2016年にも小さい部分日食ですが再チャレンジの可能性も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009 かわせみフォトクラブ写真展 を見に

かわせみさんが主宰する、かわせみフォトクラブの写真展、
2009 かわせみフォトクラブ会員作品展」の初日に見に行きました。

開場してすぐで、枚数限定のかわせみさんのミサゴの豪快なハンティング写真のポストカードも頂けました。

作品の感動は見てのお楽しみ、携帯で雰囲気だけ。

090716_1406

今回のテーマは 「 愛しきもの 
毎回拝見していますが、いつも会員の個性が光る力作揃いです。
お誘い合わせの上お出かけください。

2009 かわせみフォトクラブ 会員作品展

会場 : 静岡市葵区追手町、1Fが静岡銀行呉服町支店の、アゴラ静岡7F、
       「 しずぎんギャラリー 四季 」

会期 : 2009年7月16(木) - 7月22日(水)

時間 : 10:00-17:00  ( 最終日16:00 まで )

↓会場周辺の地図です。クリックするとお好みのサイズで見られます。

今日は受付にS.Nさん、かわせみさん、Kさんが居られ、写真の撮影の苦労した点も聞けました。S.Nさんの案内葉書の飛び立つケアシノスリの写真もカッコ良かったのですが、ぷくっと膨らんだコガラが斜め上を見ている作品がかわいかった。

他にもかわせみさんのカワセミの飛翔やサンコウチョウ、Kさんの遠征して写した珍しい鳥など力作の写真が多かったようです。

鳥以外でも紅葉や庭を芸術的に切り取った写真や、絶妙なタイトルの付け方で思わず微笑んでしまうような作品など楽しめます。

と、言葉では説明し切れないので、ぜひ足を運んでください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

三河の旅へ、ご招待バスツアーで

2009/07/上旬

地元の某ドラッグストアの抽選に当たり、三河方面のバス旅行へ。

普段、○○円お買い上げごとに抽選券なんていっても、スーパーやデパートのも全然当たらないのに個人情報が漏れるのが嫌で、捨ててしまうことが多かったのですが、時間があったので記名して箱に入れたら珍しく当たった・・・といっても7日位設定日があり、当選者自体が多かったらしい。

集合場所で本人確認の為並んでいると、一人は嫌なのか、同伴者は1万円掛かるのに2人で来る人もちらほら。私は一人で参加。隣も主婦だろうと思っていたらピンポン。世代も近く、私よりネット上手&博識&活動的な方で、こちらが一方的に勉強させて頂いたくらい。車中は話も尽きず、暇つぶしのmp3プレーヤーは必要ありませんでした。彼女によると、近くのバス旅行は出せば結構当たるそう。

さて、無料ご招待ツアーなので、観光地を廻るわけではなく。。

小笠PAで休憩後、まずは音羽蒲郡IC近くの「えびせんべいとちくわの共和国」へ。ここは次の場所と同じ系列店みたいで、HPは次の場所と兼ねていました。店長のお出迎えが超ハイテンション。色々な味のえびせんとちくわが試食し放題。のどが渇いたら、お茶とコーヒーが飲み放題。唐辛子の辛いえびせんとチーズちくわが美味しかった。車えびせんをお土産に購入。

次は「蒲郡オレンジパーク」へ。ぶどう狩り(種なしぶどうを1房)とお土産に2房、計3房はくれるとのことでしたが、メロンなど買う人も。なにしろ1房なのであっという間に終わり、売店で外国のフクロウを飼っているのを見て時間を潰し、11時前なのに早くも昼食。

Gamagoori_orangepark0907

釜飯ときしめんがメインで炭水化物ぽいのは否めませんが。。
なすに田楽みそは合う。

Gamagoori_orangepark0907_2

メインの釜飯はあさりの炊き込み。半分はだし汁で茶漬け風にしたのが中々美味しい。

Gamagoori_orangepark0907_3

ちょびっともの足りない。。と、メロンソフト購入。
メロンのカットしたのを食べている人のが美味しそうだった。

Gamagoori_orangepark0907_4

高速経由、岡崎に移動。岡崎城から8丁なので八丁味噌、の「角久」へ。

豆みそで丸2年かけてゆっくり熟成される工場を見学。近代的な袋詰め施設とは対照的に、味噌が濃く香る蔵の中は連続ドラマのロケ地にもなったそうで、時代考証のため、大きな樽には金属のたがの上に、竹のたがのように見える装飾や蛍光灯の代わりに裸電球を吊るしたそう。しかし、杉の大きな味噌だるに仕込み、フタをしたあと3トンもの石で地震にも耐える積み方の重しをするのは昔ながらの職人技。工場内は撮影禁止らしく、詳しくは上記HP参照。

ここでも試食があり、八丁味噌と赤だし(米味噌を混ぜてある)の味噌汁と玉こんにゃくに味噌だれをつけたもの。八丁味噌好きの私には売店でのお買い物も含め時間が足りないくらい。味噌だれと浜納豆をお土産に。味噌煮込みうどんのたれだけは売っていなくて少し残念。

建物も歴史ある佇まい。

Kakukyuu0907

その後が無料のご招待のゆえん?はるばる岐阜の毛皮屋に行き、30分かけて毛皮の説明を聞いた後、1時間も店内で自由時間。全然興味が無いのでつまらなくてここは紹介を割愛。貧乏に見えたのか(わざとユニクロで固めていった。)あまりしつこく売りつけられることも無く、休憩室で過ごす。何十万のだけでもなく、3000円くらいの衿や細く裂いて編んだベストなんかもあったので、買っている人も見受けられた。

最初のえびせんからかさばる物が多く、バスを降りる時見たら私が一番荷物が少ないくらい。皆さん5000円以上は使っているのでは?結局お買い物ツアーなんですよね。

知らない人とお話できたのが一番の収穫かも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »