« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

報国寺、鎌倉2008秋 (6)

2008/11/21、鎌倉の功臣山・報国寺へ。

ここも、1334年仏乗禅師の開山という古刹。浄妙寺からはこちらが近いのですが、竹の庭を見ながらお茶を楽しみたくて、お腹が落ち着いてからと先に杉本寺へ参詣したので、若干戻る形に。

観光バス2台分位の団体さんとかち合ってしまい、先に山門とか。。

Houkokuji_081121_1

本堂?とかを見てやり過ごしたつもりでしたが。。

Houkokuji_081121_2

このお寺で有名な竹の庭の木道いっぱいに広がっているところで、また一緒になってしまいました。戻る道も観光客が多くて人の頭の上だけ。根元まで写せませんでした。孟宗竹が良く管理され、太くて真っ直ぐな竹の生える地面には竹の葉が降り積もり、ふかふか。光が届くのか下草も少し見られ、緑一色でもグラデーションが効いた、派手でない日本的な美しさ。

竹の色は心なしか、4月に来た時の方が緑が鮮やかだったような。

Houkokuji_081121_3

お茶を頂く席は、座った人が竹の庭を拝見できるような配置に改装されていました。お盆が鎌倉塗り。早めに色づく品種の紅葉と、風に竹がさやさや鳴る音を楽しみ、お茶と干菓子を頂きながらまったり。(ここまでで、もう午後になっちゃいました)。

Houkokuji_081121_4

Houkokuji_081121_5

今まで気づかなかったのですが、このような日本庭園風の庭もありました。

Houkokuji_081121_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉本寺、鎌倉2008秋 (5)

2008/11/21、鎌倉の大蔵山杉本寺へ。

浄妙寺のところのレストランで食べ過ぎたので、川沿いにゆるゆる散歩。

鎌倉最古といわれ、奈良時代に行基が開いたといわれる、十一面観音が本尊の杉本寺。山門に至る、趣のある石段が有名で、磨り減り具合が長い歴史を物語る。ただし危険なので立入禁止。人が踏まなくなって久しいと見え、苔むして古刹の雰囲気。

Sugimotodera_1

現在の階段。こちらも木々が覆いかぶさっていますが、まだ階段は磨り減っていません。(当たり前ですが。)ちなみに、のぼりは檀家の名前が書いてあったので読めるのは消してあります。

Sugimotodera_2

茅葺の本堂付近にも十一面観音ののぼり。

Sugimotodera_3

石段の下の鎌倉市による由来の看板には、五輪塔の写真が添えられていましたが、南北朝時代の供養塔なので、お墓と同じと思い、なんとなくカメラに収めるのは止めました。

洞窟みたいな場所に、こんな池があって。。

Sugimotodera_4

傍らには大蔵弁財天の祠が。

Sugimotodera_5

山門に戻ってよく見ると阿吽の仁王様も由緒ありそうな佇まい。

Sugimotodera_6

金銀朱塗りではなく侘びが感じられるお寺で、急な階段を登っただけのことはありました。なお、前記事や次記事も寺社の拝観料は諸事情で変る可能性があるため掲載しません。

この記事についたトラックバック、キーワードでの合致と思われ直接は記事と関係なさそうですが、面白かったのでそのまま公開しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

石窯ガーデンテラス、鎌倉2008秋 (4)

2008/11/21、鎌倉の浄妙寺へ。本堂の左手から、ホトトギスやツワブキなどの花を愛でながらゆっくりと坂を登ると、石窯焼きパンが自慢の「石窯ガーデンテラス」があります。前回、なんと北海道の方に美味しいと教えて頂いて寄ったレストラン。

観光シーズンで、外の喫茶コーナーの所の売店は団体さんで黒山の人だかり。
ここでは、石窯パンのテイクアウトやコーヒーなどが楽しめます。

Isigamagarden_1

レストランはどうかなと見に行ったら、ティータイム時間のよう。天気は最高ですが、風が強くて寒いせいか、前回は混んでいて諦めたテラス席に座れました。紅葉前の秋のお庭で、花はシクラメンなどが若干。彩りはやや寂しいけれど、それですぐに座れたかも。(前回は1時間以上待ち。)

Isigamagarden_2

紅葉にはまだ早い山を借景にして、四季咲きの桜が。

Isigamagarden_3

ティータイムのメニューはお菓子とのセット。季節のブドウのジュレとコーヒーを選択。

Isigamagarden_4

ゆっくりくつろいでいると、しばらく後から来た団体さんがお食事メニューを頼み始め。。

お茶だけのつもりが、いい香りに我慢ができなくなり、前回美味しかった、鎌倉近辺の野菜とハム・サラダと石窯パンのセットと鎌倉ビールを。ブイヤベース風のやビーフシチューなど暖かいものにすれば良かったかもしれませんが、ソーセージも油がきつくなくて味が良く、外はしっかり焼けて中がふかふかの石窯パンとの相性もぴったり。(^^)これと、コーヒーか紅茶がつきます。今度は紅茶にしてまったりと鎌倉の秋を楽しみました。

Isigamagarden_5

ゆっくりして時間が無くなってしまい(お腹もいっぱい)、お寺のお庭の見学は次回に。
降りる道沿いには、もう冬らしい風情の山茶花が。

Joumyouji_3

あまりの美味しさに、まだ1箇所目なのに、お土産に石窯パンを買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄妙寺の寺猫さん、鎌倉2008秋 (3)

鎌倉駅からバスで移動。稲荷山浄妙寺へ。

1188年に足利義兼が建立の古刹。

とりあえず山門と寺猫さん。

Joumyouji_1

Joumyouji_2

追記で本堂の画像も。

Joumyouji_hondou

関東の方々と近年寄った時には、「初めてです。」なんて言ってしまいましたが。。調べたらずいぶん前に参詣していて、わびの世界の感じられる石が美しい庭を見ながら、お抹茶を頂いたようです。(同時にいくつもお寺めぐりをして忘れていて、HPを見て気づく。)で、今回はそのお庭を拝見してお抹茶を楽しんで帰るつもりでしたが。。

お庭を掃いていた女性の方と少しお話すると、「石窯ガーデンテラスも、もう営業していますよ。」との美味しい言葉に、本堂の前でお参りしてからそちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »