« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

東日本海フェリー、利尻・礼文航路乗船 (航路での探鳥)

2007/06/05、東日本海フェリーで稚内→礼文島→利尻島→稚内乗船。

2003年に乗船した時は、白波が立ち潮が飛んでくるほどの荒天。それなのに、稚内の港を出てすぐからハイイロミズナギドリやウトウの何万ともしれない群が左右に避けて行く感じで、ウミガラスも何十と混じり、礼文島に着くまで、全く休む暇がなかった印象でした。それに気を良くしてまた乗船したのですが、港を出てもセグロカモメばかり。岸から離れると、この辺でやっとハイイロミズナギドリがちらほら。

Rireikouro_engan070605

しかたなく、曇り空に霞む利尻富士を写していると。。

Rireikouro_risiri070605

急に鳥が出始めました。ハイイロミズナギドリやウトウが主ですが、何千単位でした。あとはハシボソミズナギドリやケイマフリなど。ウミガラスもやっと1羽。北海道では繁殖しているアカエリカイツブリやカンムリカイツブリも。ウミスズメは一列になって、短めの翼で一生懸命飛んで行きます。ウミツバメ類は、ハイイロウミツバメしか識別できませんでした。ウの仲間では、ウミウやヒメウが多い。カマイルカ数頭と多分ツチクジラ。

今回のトピックスは、ツノメドリ非生殖羽。航路を横切るように3羽連なって飛んでくる鳥がすごく変な顔。くちばしが無いように思えて、えっ!これ何??と、そのまま飛び去るまで特徴を覚えるのに必死。ウトウ位の色と大きさだが、お腹はもっと白い。近づいてくると、くちばしが無いのではなく、顔の縦幅近くまでくちばしが占めて馬面のような顔に見えていたのでした。生殖羽と違って、顔もグレーだし、くちばしの基部もグレーなので繋がって見えたのでしょう。足が見えるほど充分には近くなくて残念。

その反動か、この日は礼文→利尻間はセグロカモメやオオセグロカモメ、ウミネコばかり。飽きて半分は室内で休みました。そういえば、野鳥の会のどこかの支部がこんな掲示を。

Esa_kinsi070605

「餌をあげない優しさ」、一般の観光客の方になかなか判っていただけない事です。カモメ類は見た目派手ですし。芸達者で空中キャッチなんかしたらお客さん大喜び。。悪食のカモメ類が増えると、営巣地やヒナや餌を横取りされ、弱い海鳥が数を減らしています。「あなたがあげたいものはお菓子ではないはず」というのはいい言葉だなあと感心。ポスターがあるとさりげなく注意しやすいです。

帰りの利尻→稚内では、ウトウの北の海から天売島への帰還を見られましたが、疲れて利尻16:00、稚内17:40の予定より1本早目の船で帰ってきたせいか、前回ほど沢山ではなかった印象。

さて、私は礼文島に上陸してから観光バスで花めぐりのコースへ。
天気も回復し、港の近くにはコヨシキリやノゴマがさえずっていました。

Rebun_minato070605

8:10頃なのに、礼文泊で稚内からさらに観光でしょうか。既に乗船待ちの団体さん多数。

Rebun_minato070605_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本海フェリー、利尻・礼文航路乗船 (当時の船やターミナル)

旅行ネタの再開で、この記事の続き。

2007/06/05、東日本海フェリーで稚内→礼文島→利尻島→稚内乗船。

最初にお断り。東日本海フェリーは、2008年1月より、社名が Heart Land Ferry (←公式サイトへ)に変更、また稚内フェリーターミナルも新しくなって、全く別の場所に移転しています。この記事は、主に東日本海フェリー時代の内容ですのでご注意を!!

東日本海フェリー時代の稚内フェリーターミナルへ入り、乗船券を買う。この時も1等と車は予約可能でしたが、2等は当日券売機で乗船券を購入。2008年9月現在では、1等と車はHeart Land Ferryのサイトからネット予約できるようです。

以前2003年に乗船した時は朝ごはんに困った覚えがあるので、前日札幌でパンを用意しましたが、早朝から軽食コーナーが開いていて、ホットコーヒーを買い、待合室でパンを食べました。

上記のように現在はターミナルが移築されてこの光景は過去のもの。

Higasinihonkaiferry_t_wakkanai

どうやら、この日の6:20の礼文島行きは「プリンス宗谷」らしい。

Higasinihonkaiferry_p_souya

月曜日なのにバスが何台も着いて、出港間際まで団体客が乗り込んできました。
利尻島行きは「フィルイーズ宗谷」のよう。あっちの方が新しくていいなあと思いつつ。

Higasinihonkaiferry_f_souya

2等はこんなスペースですが、最近では椅子席も。乗船時も団体が多く、寝そべらないで、座って利用くださいとのアナウンスが。

Higasinihonkaiferry_2tou

1等は椅子の指定席と、毛布つきの絨毯敷き和室。空いていれば2等とそんなに差は感じませんが、団体が多いときは、2等は居場所の確保が大変。2003年の日曜日には当日は1等は満席で変更できませんでした。

下の画像のテレビ前のラウンジは誰でも座れ最初に一杯になりました。

Higasinihonkaiferry_rounge

私は鳥見のため、後部デッキのベンチ席に荷物を置き、スコープを立てる。一応屋根の下ながら、雨や潮が吹き込むのですが、景色や鳥を見たくて船内に居られません。冷えたので、売店でホットコーヒーでも売っていないかと尋ねたら、スナック菓子や簡単なつまみ、パンなどしかなく(ビールなどは自販機にあり)、自販機で缶コーヒーを買いました。2008年に乗船の時も品揃えは船内売店では乾き物っぽいものだけでした。昼食は、お弁当などは礼文島の港などでも販売、礼文・利尻ともターミナルの2階に食堂がありました。

ターミナルの移転でこの出港・入港風景も過去のものになりました。

Higasinihonkaiferry_w_shukk

Higasinihonkaiferry_kaeri

礼文→利尻で乗船の、「クイーン宗谷」も2008現在、新造船に置き換わっています。

Higasinihonkaiferry_q_souya

どの船も3500トンちょっとなので、風で少し波が出て、2等船室を覗くと気持ち悪くなっている人がいました。私は外で雨具のフードもかぶり、ずっとてすりにつかまり探鳥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカウントの説明って難しい

ちょっと旅行ネタを離れて寄り道。本日、趣味の会の幹事会に出席。

プロバイダに加入して運営している会のサイトを継続するか、無料のサイトに移すか(広告が出る)話してもらいたくて提案。会の事務所のデスクトップパソコンは、いまだにダイヤルアップ環境なので、あまり利用しないなら、プロバイダに加入して月10時間使えるようにしておかなくても、と思ったもので。。

しかし、プロバイダを解約した場合の問題は、事務所のパソコンでちょっとネット検索してもらうにも、「個人のアカウントでログインしてもらわないとならない。」というところで、「アカウントって何」と質問が。パソコン用語って慣用句的に使っていて説明に詰まり、結局理解して頂けなく落ち込んでいます。

アカウントとは、ウィキで見るとこんなことらしいです。余計難しい説明&用語が。。think 要するに契約しているプロバイダ経由でネットに接続したりメールを使うのに、これとパスワードが必要って言えば良かったかも??

とはいっても、帰って調べたら、@niftyはADSLでも出先からダイヤルアップ接続が可能なんですが、他のプロバイダでは、ADSL専用コースなどがあったりして、無線LANスポットじゃないと接続できないなんてのもありました。これでは、使えない人が出てしまうので結局ボツでした。それに、ダイヤルアップ接続の設定を新たにするのには、自分のアカウントとパスワードを覚えていないと接続設定できないのもネック。

趣味の会のHP更新も誰か替わってもらえないかと思っていたのですが、難しい言葉で煙に巻いているかのように思われてしまったか。私も別に知識があるのではなく、HPビルダーなどのソフトで作って、アップロード(ネット上に表示してもらうよう、プロバイダ側に送る)はプロバイダで掲載の設定の仕方を丸写ししただけ。皆さんワードもメールも私より100倍使いこなして居られるのにダメでしょうか。

別途お願いした件。今日幹事会に参加した皆様でここを見て頂いている方、ぜひ 野鳥の会静岡支部のHP を更新できるネタの提供お願いします。鳥の写真を始め、隣に座ったSさんの提案ですが、ちょっとした鳥の歳時記や感じたこと(最近渡りが早いとか)、探鳥会の感想や報告も歓迎します。

HP委員会だったはずが、いつの間にか一人。モチベーションが保てなくなりました。。
鳥の写真は動かないカモでもこんなの↓で、自分で穴埋めできないのがつらい。。chick

Okayosigamo0712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千歳空港~札幌駅~夜行バスで稚内へ

2007/06/04、ウトナイ湖からバスで千歳空港へ。

まだお土産は早いのでゆっくり食事。千歳空港にはレストランも色々あり、何を食べようか迷ってしまいます。北海道は季節ごとの味が満載。千歳空港のショップとレストランのサイトが参考になります。

今回は苫小牧は通過したのみなので、ピリカワッカのビールとかき揚げとホッキ貝の丼とジャガバター。美味しくてお腹もいっぱい。私は頼んでいませんが、この店はカニがメインみたいでした。

Titosekuukou_shokuji070604

お土産を見ないとあまり時間が潰せなく、21:00頃の快速エアポートで札幌駅に移動、南口へ。(画像は2006年12月のもの。)

Sapporoeki_1

Sapporoeki_2

過去2回利尻・礼文島へ旅行した時には、札幌-稚内は特急「利尻」B寝台を利用。しかし、2007年には夏季臨時列車としての設定(はなたび利尻号)になり同9月に廃止、まだ運転日でなかったため、夜行バスを利用。横になれて足も伸ばせるし、船に乗り継いでも体が楽だったのですが、残念。「利尻」は札幌駅では入線してから発車まで確か10分位。稚内でも降りてすぐに港に移動するので忙しく、写真がありません。下の画像は2003年12月に「まりも」利用時、札幌駅で写したものです。(「まりも」も2008年、8月で廃止)

Tokkyuu_risiri


札幌-稚内の都市間バスの特急はまなす号は、銀嶺バスと宗谷バスの共同運行。完全予約制で1日6往復運行されています。バスはフェリーターミナルまで乗り入れているのが便利。夜行便は、札幌11:30-稚内フェリーターミナル5:30位。礼文島行きや利尻島行き始発にも間に合います。詳細・予約は、銀嶺バスのサイトで。

この時点では、乗車場所は某ホテルの所(08’7月から大通りバスセンターに変更)、周りをぐるぐる探すがバス停のような表示は見つからない。ただ、ネットカフェを見つけ、札幌駅付近でうろうろしているより、バス待ちにはここで休んでも良かったかなと。結局降参してバス会社に電話し、ホテルの裏側(というか建物の中に受付があった。)で乗車。

車内は3列で深いリクライニングや毛布、レッグレストにトイレ完備。割と空いていて、隣の中央の列が居なく安心して眠れましたが、前方の席で運転手の休憩ごとに物音で数回目が覚めました。目覚めた時に明るくなっていたのでちょっとカーテンを持ち上げてみたら、どこか原野の中を走っていました。車内は皆さんまだお休みで、カーテンは大きく開けられません。再度うとうとしたらもう稚内。

夜行バスは団体貸切しか乗車したことが無く、夜も頻繁にSAなどに停まっていたので、6時間も座ったままというのは初めて。快適な座席ですが、体が固まってしまい降りるときに転びそうになりました。たばこを吸う方などの為に、運転手の休憩時ちょっと外に出る位は可能なようです。外に出て体を伸ばせば良かったかもしれません。

港には既に団体バスもいくつか到着して、皆さんその辺で体をほぐしていました。

間に別件が挟まり、次の記事はこちらに飛びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »