« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

ウトナイ湖サンクチュアリ、2007年6月

2007/06/04、ウトナイ湖へ。

ウトナイ湖は苫小牧から千歳空港行きのバスに乗ると、やや千歳空港よりの位置。この日は月曜日で、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターの方は休館。ロッカーが無いので、まず苫小牧から千歳空港に向かい、一旦空港で荷物をロッカーに預けてから出かけ直す。

ネイチャーセンターのバス停で降りて、野鳥の会のウトナイ湖サンクチュアリまで900mぶらぶら歩きます。ネイチャーセンターは、この時は火水休館(記事の時点では土日祝しか開館していないらしい。)なので、先に寄って自然情報を得る。

途中も気持ちの良い林の中の道。コガラやアカハラ、キビタキ等の姿を見られ、コムクドリが道路際に様子を見にきました。うるさいエゾハルゼミに混じって、センダイムシクイの”焼酎一杯グイー”のコーラスが降るように。

Utonaiko_070604

2006年は5月に訪れていますが、たった2週間の違いで、夏鳥がかなり揃っていました。その代わりハルリンドウは見かけず、林床にはかわいいマイヅルソウの白い花が咲いていました。

ヒメイズイかと思ったのですが、草丈が高いのでアマドコロ?

Utonaiko_amadokoro070604

エゾノコリンゴの白い花が満開のイソシギの小径へ。ネイチャーセンターでノゴマが中々見られないと言ったらポイントを教えてもらい、木のてっぺんで囀っているのを見つけました。しかし、草の中に潜っているエゾセンニュウはセンターの方も中々見られないそうで、この日もオオジュリンやコヨシキリ、ノビタキと一緒に気持ち良さそうに囀っていましたが、ちっとも姿を現さないのでした。

Utonaiko_070604_2

そんなかわいい小鳥の囀りをかき消すような、”ズギャー、ゴゴゴゴ”の音は空港へ着陸する飛行機と、オオジシギの競演。静岡では高原に行かないと、なかなか見られず、木の上に見つけた時は、かなりうれしい気分に。オオハクチョウのヒナが孵っていて、岸で休んでいた親鳥にジロッと睨まれてしまいました。

森の中のシマアオジの小径やキタキツネの小径では、赤い帽子がかわいいニュウナイスズメやつやつやのハシブトガラ、木のてっぺんのアオジなどや、クロツグミが林床で落ち葉をほじって虫を探していたり。シマアオジはまだなのか見かけませんでした。

ゆっくりと夕方まで観察路やウトナイ湖周辺を野生鳥獣保護センターの方まで散策、かなり多種類の鳥を見聞きし、満足して空港に戻りました。

(周辺で確認した鳥)

アオサギ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、コチドリ、オオセグロカモメ、キジバト、ヤマゲラ(声)、アカゲラ、コゲラ、ショウドウツバメ、ツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ノゴマ、ノビタキ、クロツグミ、アカハラ、キビタキ、カッコウ、ツウドリ、ウグイス、ヤブサメ、エゾセンニュウ(声)、コヨシキリ、シマエナガ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、ヒガラ、コガラ、メジロ、アオジ、ホオアカ、オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ、コムクドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、カラスspというか識別しませんでした。

番外:エゾリス、シマリス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船 その5 出入港

2007/06/02-04、太平洋フェリー「きそ」フル区間乗船

太平洋フェリーでの入港や出港風景は、苫小牧→名古屋を乗船時の仙台港昼間や同じ時の名古屋港入港仙台→苫小牧乗船時の仙台出港と苫小牧入港など経験がありますが、デッキが1周回れるような構造ではないため、デッキに出ても、横で見るか後ろで見るかという選択肢しかありません。2つ前の記事のように、船首のブリッジのすぐ下の階の「きたかみ」では展望室にあたる位置、特等和室から楽しめました。

といっても、この時名古屋港出港時は食事していましたし、仙台港入港時は一時下船で早く降りるために下船口に並んでいて、見物できたのは2回だけ。

3日20:00の仙台港出港

船首正面の部屋は、灯りが漏れるとブリッジから海面が見づらく危ないので、「夜間航行中はカーテンを開けないように。」という放送が入る。念のため、予め部屋の明かりを全て消し、ロールスクリーンの下からもぐって押さえつつ、フラッシュもオフを確認して写しました。

一時下船したので、陸側から。かなり大きくて船尾が切れています。

Kiso_sendai_070603

まだ、車の進入路のフタが上がっています。

Kiso_sendai_070603_2

フタも閉まって係員がロープを操っている様子を見学していました。

Kiso_sendai_070603_3

出港放送後もまだロープが横切っているので引き続き見学していましたが、気がつくと係員が撤収して埠頭から離れかかっていたので、慌てて部屋の中へ引っ込む。

Kiso_sendai_070603_4

その後、デッキに上がったら、まだ出港を手伝ったタグボートが見えていました。

Kiso_sendai_070603_5


4日苫小牧港入港風景

港の手前。まだ係員は誰もいません。操舵室にいるような感覚で面白い。

Kiso_tokutouwasitu6

「さんふらわあふらの」が見えてきた。

Kiso_tomakomai_070604_1

そういえば、苫小牧で下船する時にも、下船口に並ぶので長居は出来ないのでした。

Kiso_tomakomai_070604_2

ばたばた退室して並びましたが、駅までの路線バスは数人で空いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船 その4 食事

2007/06/02-04、「きそ」乗船。

乗船中の食事をまとめてみました。

再掲ですが、名古屋出港2日の夜の夕食バイキング。団体が乗船のせいかステーキと寿司が両方。デザートのムースのようなのも美味しかった。夕食にもカレーがあったので、炊き込みご飯があるのに、ついこちらも取ってしまった。フルーツはブドウと、アンデスメロン?

Kiso_070602_yuushoku

3日の朝食。和食がお好みの方にはご飯や味噌汁もあります。パン中心ですが、お粥と納豆、大根おろしも取りました。皿の右側のは高野豆腐の煮物。

Kiso_choushoku_080603

昼食は食べに来ない人もいましたが、知り合いの方とお話したので、グラスワインを別途注文。カロリーを計算したくないヘビーなメニュー。皿のは肉でなくハムステーキです。

Kiso_chuushoku_080603

福島県沖過ぎで、風に当たり過ぎて寒くなり、ホットケーキセットでおやつ。

Kiso_hotcakeset_080603

上記のような重い昼食&おやつ。夕食時間にもあまりバイキングの気分ではありません。仙台港で一時下船、多賀城のジャスコに行くことに。食事会の方々はほとんど仙台下船なので、知り合いの方に声を掛けて頂き、お迎えの車に便乗、歩くより時間が使えたので、サイゼリヤでハヤシ&ターメリックライスとキャベツの一夜漬けと一口ワイン。画像は無いので、気になる方はサイゼリヤのサイトで。

仙台港での出港やその後の星見で冷えたので、今度はモンブラン。

Kiso_cakeset_080603

4日の朝食は、、あまり代わり映えしないが、北海道だから?シシャモがありました。

Kiso_choushoku_080604

今年(2008/05/29-31)も「きたかみ」に乗船したのですが、値上げとメニューが変っており、この時は昼食や朝食で揚げ物が少なくなっていました。(ヘルシーとも言えますが。。今年は夕食バイキングは食べてないのでそちらはどうか判りません。)最近はさらなる油や小麦粉の高騰で、メニューも大分違うかもしれません。昼食のデザートがわらびもちになっていたり、工夫して品数を減らさないよう努力しているのかも。

値上げが続くかもしれないので、値段の記入は止めました。
太平洋フェリーのサイトで確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船 その3 鳥見

2007/06/03、一夜明けて船上での鳥見。(名古屋港ではウミネコくらい。)

野島崎の手前、東京湾の沖くらいから夜明けで、身支度するのが面倒なので、部屋から見ていましたが、カンムリウミスズメ1羽とオオミズナギドリがちらほら。ちょっと寂しい。ただ、海獣はバンドウイルカ4頭やマッコウクジラと思われるブロウ(しぶきが斜めに上がる。)を1回確認。

朝食バイキングを早めに済ませ、8:00の九十九里浜あたりから本格的にスコープを持ってデッキへ。サングラスを持ち、日焼け止めを塗り、帽子は強風で役に立たないので、ゴアテックスの合羽の上を着てフードを被る。この区間は快晴で、昨日一緒に食事をした人たちも上がってきて景色を眺めていましたが、双眼鏡を下げて図鑑を持ち、スコープの前で鳥見モードになっている私に声を掛けてきたのは、前からの知り合いの方だけ。怪しい?coldsweats01

犬吠埼のちょっと手前。既に鳥が出始めて。

Chousi_oki

9:00頃からオオミズナギドリの大群や、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、ハイイロヒレアシシギなどが見られてうれしい。コアホウドリは船の側面の気流を利用しに近くまで来ました。

何とか写ったのがこれだけ。

Koahoudori070603

Koahoudori070603_2

海は静かで鳥はあまり近づいて来ず、かなり遠かったのですが、そこかしこの漁船の後ろには鳥山が出来ていて、ミズナギドリ類の他、日本産の3種のアホウドリ類が一度に見られるという贅沢を体験しました。アホウドリは綺麗な成鳥と、くちばしだけピンク色の幼鳥を確認。

Toriyama070603

概ね大洗10:40の手前20分頃まで最も数が出ました。

福島県沖になると数が少なくなり小休止して、「きたかみ」との反航を見ます。

スコープを使って写したら、向こうにも鳥見人と思われる方発見。人間の装備は私も同じですが、遠くからでも判るごつい三脚と大口径の長い望遠レンズらしい。

鳥を見る派の、私のスコープとグリーンシャンクに比べ、撮り派は違うなあと感心。

Kitakami_to_hankou070603

翌日、三沢4:45頃目が覚めましたが、あまり飛んでいなかったので寝てしまい、尻屋崎を過ぎる頃からまた出始める。今度はどの群もハイイロミズナギドリが中心。中でも少し近くに寄ってきた群を見たら、アカアシミズナギドリが混じっていました。大きさがハイイロとあまり変らないので、私の識別力では下面の足の部分が見えないと判りません(アカアシといっても肉色か薄いピンク色)。

部屋から写したイメージのみ。鳥の大写しの写真じゃなくてすみません。
このように霧の流れるなめらかな海面を滑るように何千ともなく滑空して行きました。

Kiso_haiiromizunagidori

その他、3日目の朝の北東北-北海道近くでは海霧が発生していましたが、海面は何とか見えて。クロコシジロウミツバメやハイイロウミツバメがひらひら飛ぶのや、今回は6頭の小群でしたがカマイルカが近寄って船の水流を利用したり、ゼニガタアザラシが水面に顔を出したり結構楽しめました。

(名古屋-苫小牧航路で見た鳥) 2007/06/02-04

オオハム、カンムリカイツブリ、)、ウミアイサ、アホウドリ成鳥2・亜成鳥(頭の部分がまだ黒い)1・幼鳥1、フルマカモメ、シロハラミズナギドリ、アナドリ、オオミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、ハイイロウミツバメ、コシジロウミツバメ、クロコシジロウミツバメ、オーストンウミツバメ、ウミウ、カワウ、ヒメウ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、アジサシ、コアジサシ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ、ハイイロヒレアシシギ、アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ソリハシシギ(仙台港入港時)

識別の得意な方からすると少ないとは思いますが、自信がないのは確定していないので、こんなものかと。2006年に苫→名乗船時よりは、ワインを飲んでない分、余分に見ていたはず。番外ですが、仙台で一時下船した時に、平地でカッコウとコヨシキリを聞くと北に来た実感が湧きます。後は草地でセッカも鳴いていました。

サングラスを持っていたくせに、鳥見に夢中で忘れ、目が充血してしまいました。
目の日焼けは良くないそうなので次回から気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船 その2 特等和室

2007/06/02、太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船。

さて、前後しますが、観察館までや名古屋の繁華街などをさんざん歩き回って疲れたので、夕食の前に部屋でひと休み。前記事の通り、船の上での食事以外はひとり旅なので、太平洋フェリーの中でも「きそ」は2人用個室が多く、一人でも利用しやすい。

今回はまだ利用したことの無い特等和室を選択。別に2等や寝台でも良いのですが。。スコープや双眼鏡など、可能性は少ないが盗られると買い直すのにお金がかかる鳥見用具を持っているので、1回A寝台にした他は個室にしています。

部屋に入ると左にビジネスホテルのようにカードキーを挿すと電源が入るシステム。カードキーを置き忘れなくて逆にいいかも。入口から下の画像の部屋が直接見えるのではなく、ふすまで仕切られた板敷きの部分があり、入口右には押入れと浴室。備品や浴室は以前利用の特等洋室と同じでした。

布団が左側に3人分まとめて置いたまま。一人でも邪魔なんで、3人で利用したらかなり狭く感じないかと思うのですが。他の布団やシーツにしわをつけない様苦労して一人分だけ取りだしました。すると2つ布団を敷いた感じでもっと狭い。片付けても良かったのだろうか??また家族と乗る時の為に上記の押入れにしまってもいいのか、フロントで聞いてみれば良かった。

Kiso_tokutouwasitu1

右側はこんな感じで液晶テレビやティーサーバー、お茶セット(粉末インスタント茶)、冷蔵庫など。洋室と違うのは床の間くらいか。

Kiso_tokutouwasitu2

さて、前記事の夕食後、同席の皆さんはラウンジショーに行ったようですが、私は好きなハスカップアイスを売店で買ってから、双眼鏡だけ持って星見。画像の天文手帳を処分してしまい定かでは無いのですが、記憶に残っていないところを見ると、大きな天文現象が無かったか。星座としては、北斗七星からスピカに連なる春の大曲線や、昇りかけのサソリ座や夏の大三角形が見えたはず。

Kiso_tokutouwasitu3

自分を含め個人や太平洋フェリーのHPでもそうなのですが、なぜか障子やカーテンを閉めた形での部屋の紹介が多い気がするのですが、鳥見も目的の旅には見晴らしも重要な点。「きたかみ」ではこの階のこの位置は展望室になっているので、眺めが良いのではと思い選んでみました。

少し休んでから窓を開けると、、車の進入路のフタが上がり、かなり邪魔。

Kiso_tokutouwasitu_7

でも、右側を良く見ると名港トリトンの夕暮れがいい感じでした。

Kiso_tokutouwasitu_8


航行中の窓に近い位置からの眺め。舳先もかなり見えます。

Kiso_tokutouwasitu4

ただ、この位置にスコープを置いて鳥見をすると海の面積の方が多く、船の前を横切るハイイロミズナギドリの群やハイイロヒレアシシギの群やコアホウドリなどが、「向こう側に行ってしまった。」ということが無く、良く観察出来ました。

Kiso_tokutouwasitu5

入出港時もちょっと面白かったので、また後で。

Kiso_tokutouwasitu6

最後に、この航海中は海がとても静かでした。それでも遠州灘や尻屋崎沖ではピッチング(縦揺れ)が気になりました。やはり舳先の部屋はどうしても縦揺れが大きくなり、波を乗り越える時の衝撃もゴツンと伝わってきます。波の高い時は酔いやすい方にはつらいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリー、「きそ」フル区間乗船 その1

この記事の続き。以前の旅行ネタ再開です。

2007/06/02、太平洋フェリー「きそ」に、名古屋-苫小牧のフル区間乗船。
(現在は、フル区間は「いしかり」と「きたかみ」が担当、「きそ」は仙台-苫小牧を往復。)

実は今年の6月にも「きたかみ」に乗船したので、記憶が混じってしまい、前記事のフェリーターミナルのロッカーに荷物を預けた後は、バスでなく、あおなみ線の金城埠頭駅まで歩いてみたのでした(前記事訂正済)。徒歩15分になっていましたが、私の足で23分かかりました。

金城埠頭駅への途中から見た「きそ」全景。かなり大きい船体なのが印象的。
フェリーターミナルのビルが小さいのか?

Kiso_070602

ちょっとした集まりに船の上だけ混ぜてもらったので、夕食バイキングはおしゃべりしながら美味しく頂く。正面に座った子のお子様用取り皿のイルカのプレートが可愛かった。久しぶりに小さい子とお話し、プリキュアスプラッシュ?も解説してくれました。(^^) (5人になってから名前も知らない。。)

この日は団体が乗船していたせいか、種類も豊富、ステーキと寿司の両方がありました。デザートも3種類の味。ちょっと1回で取り過ぎ、同じテーブルに盛り付けが雑誌の写真のように綺麗な方がおられて恥ずかしかった。飲み物も趣向で色々で、焼酎など自分で飲まないものは見る機会が無いもので楽しい。

Kiso_070602_yuushoku

という訳で、当日は食事に行く前に通路から港を写したのみ。

Kiso_070602_terminal_yuukei

恒例の名港トリトンをくぐる光景は、別の機会の画像で。

Meikou_triton080529

2004/12/26に乗船した時に携帯で写したのや、昼間のも2回ほどありますので、名港トリトンの橋をくぐるのに興味のおありの方は、船、フェリーのカテゴリーも参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡市葵区、呉服町の夜店市

今日から10日(日)まで呉服町の夜店市が開催されていて、ジムの帰りに寄る。

旅行ネタの途中ですが、最新記事から落ちた後で並べ替えます。

15:30からやっている屋台は祭りの露店でなく、商店街の店のバーゲンが多く、
夏物最終セールの安さから、婦人服や季節物の雑貨の屋台の前は黒山の人だかり。
Tシャツ1050円や、スリッパ2足580円のが飛ぶように売れていました。

Yomiseiti_200808_1

やっぱりのどがカラカラの時は、まずはビール。
青葉公園の沖縄産品のブースで、生オリオンビールを。
つまみは、隣の店で牛すじ煮込み。柔らかでビールに合う。 beer

Yomiseiti_200808_2

飲み足りないので、市役所側のビアガーデンで。枝豆とキリンラガーの缶。

Yomiseiti_200808_3

デパートの前でもタオルハンカチ100円など投売り状態。
服も迷ったのもあったのですが、今年の流行は好きではないので。。

800円のスポーツバッグをかばん店前の屋台で。
安くて、着替えを詰め込んでジムに持っていくのに丁度良い。

約25x35で、マチが12cm。ファスナーを開けると18cmになり大容量に。
外ポケットの中も3つの仕切りポケットがあり、パスケースや鍵も別に出来て便利。
後は、MUJIのパンが1ヶ100円だったので、カレーパンとメープル味のを。

Yomiseiti_200808_bag

ビールを飲んで歩いたら、また喉が乾いたので、新装の日赤1階のカフェコーナーで。
以前、清美軒だったのですが、焼き菓子のみで、パンやカフェメニューは違う会社のよう。
パンはチョコチップメロンしか残っていず、アイスコーヒーのみ。Sサイズ200円でした。

Yomiseiti_200808_4

暗くなる前に見終わったので、「夜店市」になる前に帰ってしまいました。
これが過ぎると晩夏だなという気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月初旬の藤前干潟

2007/06/02、フェリー乗船前に藤前干潟へ。

名古屋出港が20:00なのに静岡発を早めに出たのは、潮が良くて13:00前に干潮を迎えるため、干潟が良く出ているのでは?との胸算用が。蒸し暑い炎天下、野跡駅から10分歩き、藤前干潟を観察できる名古屋市野鳥観察館へ。すでに汗だくに。

やっとの思いで辿り着いた観察館で見たものは。。閑散とした干潟。

Fujimaehigata070602

いつも、シギ・チドリの渡りのシーズンに訪れているので、あんなに居たのにとちょっとがっかり。名古屋市野鳥観察館のサイト、2007/6/2の観察館日記でも書いておられるように、私が居る内にはシギ・チドリは見られませんでした。ただ、上の画像に影のように映っているのがミサゴ。これだけは、スコープの視界に一度に7羽入るなど、多く見られました。カワウやダイサギも多く、河口部の汽水域なので、ボラなどの魚が豊富なのでしょうか。

ジョギングや釣りの人に混じってしばらく外でも探鳥。オオヨシキリがベベシベシとうるさく鳴く、観察館より上流のアシ原でバンがひょっこり顔を出したり、遠くでコアジサシがダイブしたくらいで、割と早めに飽きてしまい、とりあえず荷物を預けにフェリーターミナルに。

私の足でも徒歩30分くらいですが。。川沿いの道は途中から歩道がなくなり、耳元をトラックがビュンビュンすぎるので危険で、結局バス通りまで戻ったが時間が悪くてあきらめ、ぼつぼつ歩く。

今回始めてキャリーを使うのに、荷物の形状(細長い)が悪いのと、ゴムのゆわえ方が甘く、歩道の切れ目を乗り越える時、荷物のスポーツバッグがドスンと落ちて慌てて拾ったり、キャリーごと抱えてあげて自転車を避けたり、ゴムをゆわえ直したりと、バッグを斜め掛けにして歩くより体力と時間が掛かりました。

フェリーターミナルのロッカーに荷物を預けてから、あおなみ線の金城埠頭駅まで歩き、地下鉄で栄や名古屋駅付近を散策し、少し買い物をしてからあおなみ線で野跡、バスでフェリーターミナルへ。

すでに18時を回っていて、窓口での手続きは始まっていました。

後ろにリアルタイムの記事が挟まり、続きは、この記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »