« 猛暑の麻機のトンボ | トップページ | 始まりはいつも東海軒のお弁当 »

久しぶりに食べ放題

先日の20日、趣味の会の編集・発送担当+αの人々で、中島屋ホテルの地下のビアレストラン、クロスロードで食事会。たくさんは飲めない人が多かったので、今回は居酒屋系でなく、食べ物が美味しいところ、ということでここのブッフェ・ディナー+ソフトドリンク飲み放題に決定。かわせみさん、人数とりまとめ&予約お疲れ様でした。

7月は夏の北海道フェアとのことで、ポテトグラタンや十勝げんこつコロッケ、いかのあえもの、タコのマリネなどとても美味しいもの揃い。なにしろシティホテルの中のレストランのバイキングなので、その他の料理もバイキングといえども美味しくておしゃれ。

料理名もおしゃれなのでうろ覚えですが、下の画像左側の皿には、ポテトグラタン、ビーフシチュー、タチウオ焼き、スペアリブ、焼きナス、トマト、春雨サラダ、鶏肉とひじき、バターコーン、タコス&チリソース。右側は、いかのあえもの、タコのマリネ、枝豆とかぼちゃのスパでしたっけ?、赤ピーマン、スイカのスープ、ライチ、スイカ。

ここに乗っていないものとして、桃まん、スープ、サラダ、チンゲンサイ炒めや枝豆などのおつまみ類も。ドリンクは野菜ジュースを持ってきましたが、アイスコーヒーやホットコーヒー、オレンジジュースもあり迷いました。ビールも1杯別に注文。(ジョッキ2杯以上ならフリードリンクプランの方がお得そう。)やはり、最初の1口が極楽。

Tabehoudai08720

話ながら、そろそろ食べ終わる頃に、パルミジャーノ?チーズの中にパスタを入れ、混ぜて削りつつカルボナーラパスタを作る実演が放送され、皆並ぶ。その他、ロースの網焼きとほたて焼きにも並んだ。作り立ての熱々で美味。そういえば、甘味も充実。隣の方が綺麗に盛り付けていたので写させて頂きました。

グレープフルーツのジュレやカラメルムース、シュークリーム、グラタン皿に盛られたなめらかなプリン。その他にもわらびもちなど。私が取ったのは、右のホタテ焼きと中央のカップは紫芋のしるこに多分ヨーグルト用にあったグラノーラを混ぜたもの。バイキングは自分の好きなものを混ぜられるのも楽しい。ヨーグルトとプリンとムースも混ぜて食べました。

Tabehoudai08720_2

食事の画像を写していたら、人の写真は?との声がかかり、一渡り写しましたが、もぐもぐ噛んでいる途中の人は写りが今ひとつで送ってない方もいます。ご了承を。いつもは写真に写るのが苦手で、なんとなく避けてしまうのですが、皆さんの明るいムードにつられて私もこんなことを。。(^^)v

Tabehoudai08720_3

夕方5時から始めると、2時間の食べ放題をしても、まだ明るい時間でした。この日は時刻表が発売日なので、谷島屋でJTBにしようかJRのにしようか悩んで、結局名松線の特集が載っていたJRのを買って帰りました。

この日何千カロリー取ったのかは、考えないことにしておこう。。

|

« 猛暑の麻機のトンボ | トップページ | 始まりはいつも東海軒のお弁当 »

「お散歩の道」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん、お世話になりました。

本当にそうですね。8月と1月以外は毎月ですから、たまには楽しいことも無いと。。beer

料理は枝豆とえびせん以外は、抜かりなく試したと思います。ひとつだけスイカのスープは私の好みに合いませんでしたが、やはりホテルのレストランなので全体的に味は良くて盛り付けも綺麗、大満足でした。心残りは、なめらかプリンと紫芋の汁粉を混ぜてみる前に満腹になったことくらいです。(^^)

また機会がありましたらお願いします。

投稿: 星月夜 | 2008/07/25 16:31

星月夜さん、こんにちは。たまにはこんな食事会もいいですよね。編集部とそれに係わる人達は毎月大変な思いをしているのですから、会でもそれなりに考えてくれるといいのですがね。でも、趣味の会ですからね。編集に携わる皆さんも楽しいからやってくれているのだと思います。色々なメニューがありましたが、結局いつも食べなれた様な物ばかり食べていましたcoldsweats01洒落た物には手が出ない『かわせみ』でしたpig

投稿: かわせみ | 2008/07/25 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/41961880

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに食べ放題:

« 猛暑の麻機のトンボ | トップページ | 始まりはいつも東海軒のお弁当 »