« かわせみさんの写真展、2題 | トップページ | 清水の七夕祭り2008 »

2008 かわせみフォトクラブ写真展

前記事で予告の、「2008 かわせみフォトクラブ写真展」の写真展の初日に行きました。開場して3時間後くらいで、枚数限定のかわせみさんのふわふわのかわいいカワセミのポストカードも頂けました。

ネット上で公開するのにあまり精細では、と思いイメージだけ携帯で斜め遠くから。

Kawasemiphotoclub2008

Kawasemiphotoclub2008_2

受付にかわせみさんとS.Nさんが居られ、お話も聞けました。今回は全体としても鳥の写真が多かったようです。入口付近にはカワセミの写真が3枚、3人3様の構図やテーマで面白い。

S.Nさんのエゴの木に来たヤマガラや、寒さに膨らんだころころのエナガの「小手鞠(こでまり)」は女性らしい繊細な作品。またIさんの「菜の花の頃」のセイタカシギの手前に菜の花が黄色くぼかしてあるのも綺麗でした。Gさんの「仁王立ち」も見慣れたアオサギなのにかっこいい。Mさんのアデリーペンギンの題名「クールミント」は、すぐに元ネタが判りました。(^^)

中央には、猛禽の写真がまとめてあり、飛ぶ瞬間のケアシノスリやミサゴのハンティング、北海道のオオワシなど躍動感のある作品が並びます。

今回は昆虫の作品は少ないよう。風景写真の中では、収穫前のエメラルドグリーンの茶畑を写した作品が気に入りました。その時期に通りかかると綺麗な色とは思うのですが、遠くから見ると平面の緑で、それを見せる写真にするのは構図など大変そうです。その他ポートレートや女性の写真も。

見学後、お茶をご馳走になり、展示してあったかわせみさんのごつい三脚の話や撮影時のお話など伺いました。そこで気づいたのですが、やはり鳥を見る中心の人と撮る中心の人とは根本的にスタンスが違うようです。特に私にはベストショットまで何時間も同じ場所で待つことができそうにありません。見られた時点で満足してしまうでしょう。いい写真には忍耐が必要なようです。

そして、前記事で書いたとおり、かわせみさんのミサゴのハンティングの作品は、羽の一枚一枚どころか、捕られた魚のうろこや水しぶきのひとつまでピントがあっていたのでした。すごい!

とにかく色々なジャンルの作品がありますので、鳥の趣味以外の方も楽しめます。

|

« かわせみさんの写真展、2題 | トップページ | 清水の七夕祭り2008 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん、写真展お疲れ様でした。

久しぶりに奥様ともお会いできて、お菓子まで頂き、
こちらこそありがとうございました。

2回目には、1回目にお会いできなかった方の
撮影時のお話もうかがえて、有意義でした。
題名は皆さん熟考されているのだなと感心しました。

投稿: 星月夜 | 2008/07/04 11:01

星月夜さん、こんばんは。写真展には2回も来て頂き、こんな素晴らしいレポートまでして頂き、本当にありがとうございます。お礼のコメントが遅くなりました。

投稿: かわせみ | 2008/07/04 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/41661892

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 かわせみフォトクラブ写真展:

« かわせみさんの写真展、2題 | トップページ | 清水の七夕祭り2008 »