« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

渋川ギフチョウ&カタクリ観察会

2008/04/06、野鳥の会静岡支部のギフチョウ&カタクリ観察会に参加。

行きのR1バイパスはスイスイ。静岡7時集合で10時過ぎには引佐の渋川(浜松市)に到着。山沿いで、集落のしだれ桜、花桃やレンギョウも丁度満開でした。皆で「綺麗だね~。」と歓声。

Sibukawa20080406

すれ違いも困難な細い山道を走り、現地へ。ここは公園ではないようですが、蛇紋岩の特異な地質に生息する、ヒメカンアオイやそれを食草とするギフチョウ、カタクリやシブカワツツジなどの希少生物を保護するため、山林内に入らないよう柵やルートの案内看板を設置&ボランティアがパトロール。

Kareyama_kanban

階段でない方向に歩き出すと、すぐギフチョウが目にも留まらぬ速さで通過。2005/4/3にも行きましたが、この時は気温が低く、カタクリやギフチョウも出たばかり。今回は気温が例年より高く、カタクリはほとんど咲いていましたし、ギフチョウも既につがいになっているのも居て、数多く見られたのはうれしいのですが、降りてくれず今回は画像なし。

咲き始めは花びらがまっすぐで、だんだん上にカールして来るカタクリ。
日当たりの良い場所のは終わりかけのが多かった。

Kareyama_katakuri0804

Wさんに「手鏡を持っている人は?」と言われて思い出しました。
花に触れずに下側の桜形の模様を写せます。

Kareyama_katakuri0804_2

頂上に近い付近では、6頭のギフチョウを同時に見たり、裏の青い筋が綺麗なルリタテハやキチョウも元気に舞っていました。元気過ぎて停まらない。(^_^;)
ポカポカの日差しに山並み、皆で食べるお弁当やお菓子は美味しかったので満足。

Kareyama_choujoufukin

樹の花も、サカキなどやクロモジのかわいい花も。下の画像を良く見ると、モズのはやにえのバッタの残骸の足が刺さっています。身は食べた跡のよう。

Kareyam_kuromoji

他にもタチツボスミレや、小さいフモトスミレ。

Fumotosumire

シュンランも何箇所か。一番見事な個体は何者かが花を隠す邪魔な葉を切り取っていて、既に葉の切り口が変色して痛々しく掲載したくないので、ここのも前の葉が怪しかったけれど、一応草陰でひっそりと咲いていたのを。

Kareyama_shunran

植物とチョウに詳しい幹事さんに、色々楽しませて頂きありがとうございました。追記:帰りの山道で、車の直前から、ヤマドリのオスが長い尾を引きずるように飛び立ちました。ヤマドリは久しぶりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅、天竜相津花桃の里

2008/3/29、船明ダムの岸の桜を愛でつつ、天竜相津・花桃の里へ寄る。

Hanamomonosato

この日は、R1バイパスが混んでいて静岡から3時間くらい。R1バイパスから天竜二俣からR152は道が空いていた。道の駅は花桃と桜が満開で、お花見の人も多く駐車場も満車。

Hanamomonosato_1

花桃は、実を栽培する桃と違い、花びらが八重になっていて摘花もしないので豪華。

Hanamomonosato_2

食事の時間帯ではなくて食べてませんが、カレーやそばなど食事もたくさんの人で賑わっていました。手作りの惣菜や地場野菜、しいたけなども帰りなら買って帰ったのですが。
船明ダムを渡る歩道橋の上から。夢のかけ橋なんて名前です。

Hanamomonosato_3

橋の上からはダムや山が見渡せていい景色。
橋を渡って山に登るとダム湖の眺望が開けるそう。

Hanamomonosato_4

ここは、相津マリーナが併設され、この日はボート競技が開催中。
競技者は白熱した戦いなのかもしれませんが、橋の上の人たちは、「のどかだね~。」と、ソフトクリームを食べながらゆったりと眺めていました。

Hanamomonosato_5

R152沿いは、小さい町や集落が多いのでここは助かります。
この日は水窪付近までドライブ、布滝を見てきましたが、雨が少ない時期のせいか、崖にチョロチョロ流れている状態でがっかり、お花見ドライブになってしまいました。

静岡県内や近県の道の駅情報は、中部の道の駅のサイトで営業時間等詳しく紹介されています。(9:00~17:00が多い。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらたまの湯 (浜松市浜北区)(温泉42.)

2008/3/21、前記事の浜北森林公園に行ったついでに、そこの地図に載っていて、公園外周の道路にも矢印で案内の出ていた、「あらたまの湯」へ。車で10分位。ここは、車で行くのが便利ですが、天浜線の宮口駅からバス8分、遠鉄浜北駅からは送迎バスも出ている。

Aratamanoyu

駐車場の隣には物産店と無料の足湯が。館内のレストランや売店なども入浴受け付けの外に位置し、土産や食事のみ目的での利用も可能。入浴料は大人1回600円。ただし、休憩室も外なので、休憩しながら入るには1日券を購入し、館内着がパス代わりとのこと。1日券は館内着とフェイス・バスタオルレンタル付きで1000円と、1回券に比べてリーズナブル。(タオルレンタルのみ200円)

さて、売店の美味しそうなパン(家の近くではヤタローパン売ってないので。)やバウムクーヘンや洋菓子、お弁当、レストランの石庭御膳(上記HPにメニュー掲載)に後ろ髪をひかれつつ、食事は済ませていたのでお風呂へ。100円返却式ロッカーが193個もずらりと並んで、平日といえどもかなり埋まって人気がありそう。お風呂は石庭の湯と森林の湯が男女交代制で、この日の女性用は石庭の湯。

入ると、カラン20・立ちシャワー3と数が多く、余裕で洗髪もできました。シャンプー・ボディシャンプーあり。浴槽はいい湯加減の大風呂(加温・循環)と、ぬるめの源泉掛け流しの小さい風呂。源泉風呂が長湯できるので混んでいる。大風呂の中には空気を使わない水流のみのジェットが2基。外には細長い露天風呂と、ミクロの泡風呂のシルキー風呂と、変わり湯(この日はローズマリー)。主人によると、森林の湯の露天には、ジェット付き寝湯が3あったらしい。男女の順番と変わり湯の表もHPにありました。

お湯はナトリウム-炭酸水素塩泉で、底は見える位の薄い黄緑で肌触りはぬるっとする。運動系、皮膚系、消化器系の効能もあり、美人の湯と書いてありました。出た後は、お肌すべすべに。

パウダールームも更衣室と別れていて、洗面台10、ドライヤー8と数も余裕。髪の毛を拾うティッシュも。小岩井ビン牛乳もあって、一番飲みたい時に一気に体に染み渡るようでした。有料ゾーン内には風呂の他、エステも、足つぼ・マッサージ・ゲルマニウム温浴など充実して一日でも楽しめそうです。

帰りには売店でパンやバウムクーヘンを購入。甘さ控えめで濃厚でgood。

森林公園で歩いた疲れや、流した汗も落として気持ちよく帰路へ。
帰りの磐田付近のバイパスから見た桶ヶ谷沼のビジターセンター前は、菜の花の黄色のじゅうたん。

Okegaya_nanohana

帰りに気が付いたので、また来年寄ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の県立浜北森林公園

2008/3/21、県立浜北森林公園へ。

ここは、文字通り山沿いの森の公園。まず、ビジターセンターの「バードピア」で情報を。屋上はシュロの上に植物が茂っていて、雨水をトイレに利用しています。

Birdpia200803

ここは公園内の鳥や昆虫や植物の情報を得たり、学生などのグループに自然体験の機会を提供する施設。園内を案内する他、館内にも木の葉など「さわってみよう」やエナガの体重は?などゲーム感覚で自然に触れるコーナーも。スコープも設置されていますが、この日は窓が閉まっていて良くみえず。

Birdpia200803_2

桜までは端境期かなと思いつつ、園内を歩き始めると、ツボスミレがあちこちに。

Hamakita_tubosumire

木の花は、アセビが咲き始め、緋寒桜の深いピンクの花も少しは残っていて綺麗でした。やや明るい場所にあったヤブツバキだけピントがあったので。

Hamakita_yabutubaki0803

観察路はヤブツバキが散り敷いていました。

Hamakita_kansaturo

池近くのやや湿った場所には、終わりに近い「ショウジョウバカマ」の淡いピンクの花。盗られたり踏まれないように、広い範囲でロープで囲ってありました。望遠じゃないので雰囲気だけ。

Hamakita_shoujoubakama0803

駐車場へ帰る道の真ん中に、冠羽が目立つホオジロ類の鳥が。そっと近づくと眉斑との間の黄色が判り、久しぶりにミヤマホオジロを見ました。5羽の群でオスもいたのですが、図鑑のように黒がはっきり出ていませんでした。まだ群れていたエナガやウソのフィーフィーという鳴き声も。

記事を書くために公式サイトを調べたら、4月に入ってハルリンドウが咲いているよう。各季節それぞれ異なる動植物が観察でき、その他も、県立浜北森林公園のサイトのスタッフブログに自然情報が掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008静岡まつり始まる

今日から2008年、「静岡まつり」が始まりました。

外堀の桜は早めに開いてだいぶ散って来ましたが。。
一応、土・日の17時からの夜桜乱舞には残って居そう。
出演の知り合いの皆様頑張ってください。

Sizuokamaturi08

さて、大名花見行列は土日ですが、駿府公園の出店は今日の13時から営業していて、家から用事で歩いて街中まで行き、夕方帰る途中にちょっと寄ってみました。通路の露店も最近、水風船やお面、りんご飴、はっかの笛などはかろうじて残っていますが、クレープやじゃがバタなどの食べ物系やアクセサリなどにシフトして怪しさダウン。まだ今日は小町茶屋など開いていない催し物も多い。

東御門から駿府城下町に入り、そこそこ営業していた左右の食べ物屋を覗きました。お腹が空いていると、団子や安倍川餅に目が行きます。

Sizuokamaturi08_2

とりあえず、何があるか見ながら、駿府屋台村に来ました。食べ物系は定番のお好み焼きやヤキソバ、串焼き、クレープや弁当、ラーメンの他、今年は佐世保バーガーとドネルケバブが何軒かありました。やっぱり原料高騰の影響で、400円のは500円に、500円のは600円に値上がり。

Sizuokamaturi08food1

春休み中で子供は多いが、平日なので人では少なくて店の人は暇そう。
生ビールとヤキソバ、鎌倉ハムのウィンナをつまみに。

Sizuokamaturi08beer_food

花見の場所取りもかなりしてあったので、駿府城下町や駿府屋台村などは、
21時まで営業していて、夜になれば賑わうのかもしれません。

Sizuokamaturi08_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城北公園から廿日会祭のおせんげんさんへ-近所の桜・その3

2008/04/01、前記事のように3・30に浅間さんで探鳥会を担当しましたが、天気が今一。そして、その時に、Kさんが家から歩いて登ったとも聞き、改めて家から歩いてみました。

途中には城北公園を通る。グランドの周りではお花見の人がわらわら。昨日の雨でぬかるんでいるのにサッカーをする少年も。後ろの山へ今から登ります。

Johokusakura_080401

通路も桜のアーチ。

Johokusakura_080401_2

浅間神社に到着すると、廿日会祭が始まっていて、池の周りに露店が出ていました。

Hatukaesai_080401


赤鳥居からちょっと宮ヶ崎の通へ出ると閑散。火曜ではもうからないのか、露店の出店はこの付近では境内のみでした。一休茶屋で「黄金饅頭」あずき入りのを買って休憩してから、今日は時間も無いので百段で登る。一気に登らないと逆にきつい。煩悩の数と同じ108段。(下の3段も含むもよう。)

Hyakudan_080401_1

さっき通ってきた城北公園を見下ろすと、グランドの周りの桜が桃色の雲のよう。

Sizuhatayama_080401_1

探鳥会の時、鳥に人気があった大島桜はこの日もヒヨやメジロで大賑わい。

Sizuhatayama_080401_2

快晴で、こちらも花見で賑わう駿府公園の向こうには駿河湾、伊豆半島まで見える。

Sizuhatayama_080401_3

本当に満開、既に前日の雨で少し散っていて、風が吹くと花吹雪に。

Sizuhatayama_080401_4

頂上の観音さんの近くまで来ると、清水方面も興津埠頭の荷揚げクレーンまでくっきり。

Sizuhatayama_080401_6

皆さん、富士山を写してから山を降りていきます。

Sizuhatayama_080401_5

さて、探鳥会の時のクロツグミとキビタキの中間のようなさえずり。その付近で確認してきましたら、やはりソウシチョウでした。藪の暗がりの中、コンパクトデジカメで撮るのは無理。見るのもあまり綺麗な色には見えませんでしたが、本当はこんな綺麗な鳥というのが、かわせみさんのかわせみのひとりごとに掲載されています。ソウシチョウは日本の鳥の生息域を奪う特定外来種ですが、、かわいい。

この日は、家までの往復があるので観音さんのところまでで同じ道を帰りました。何キロか計算していないけれど、結構疲れました。頂上の観音さんのところで6:00からラジオ体操をやって、6:30から駿府公園のにも参加している人が居るという噂を聞きましたが。。真似できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見探鳥会@賎機山-近所の桜・その2

2008/03/30、賎機山(おせんげんさん)お花見探鳥会へ。

赤鳥居に集合、一昨年、一人でお祭のついでに行った記事の百段を迂回する山道のコースへ。昼頃から雨の予報で、キャンセルで成立しないかと思いましたが、途中で合流された方もいて、数名の参加者。

まずは浅間神社に8つある内の大歳御祖神社に参拝して道中の無事を神頼みしてから歩き出します。百段で直登するより若干、カラ類などの鳥の声が多いか?

桜が近づくと、ヒヨドリやメジロの声が多くなります。

Sengensan_080330_1

メジロの50+の群がチーチーと鳴き交わしながら桜の木から木へ飛び回って蜜を吸っています。見ていると、ソメイヨシノより、白いオオシマザクラの方が人気があるみたいです。桜葉の塩漬けにする種類なので、蜜も美味しいのでしょうか?

Sengensan_080330_2

途中で時期はずれのクロツグミとキビタキの中間のようなさえずりが。探しても姿は見えなかったのですが、外来種のソウシチョウのようでした。桜が途切れると、とたんに鳥が少なくなり、キジバトくらい。

Sengensan_kijibato

朝通って来た城北公園を見降ろす。暗くなって来て、雨が降りそう。

Sengensan_080330_3

おせんげんさんの頂上の救世観音のところで、七夕豪雨以前のリフトや遊具の思い出話をひとしきり。私ともう一人の担当幹事は近くの学校だったので、体育の時間にここまで往復マラソンをした苦しい思い出も。

さて、観音さんの右手に降りると、急に山道に。一昨年の篭上コースと違い、ここの道は途中かなりのアップダウンがあります。地獄谷の道は、小学校の遠足の時半べそをかいてきつかった記憶が。でも、少し険しいところがあっただけで、昭府町と大岩三丁目の降り口の分岐点まで到着。

Sengensan_080330_4

途中には地味な木の花もそこかしこにあり、山野草に詳しいTさんの解説で覚えた。。つもりでしたが、山菜嫌いの私はもう忘れてます。花が臭いヒメサカキや緑色の地味な花のサルトリイバラ、ニッキのような味のヤブニッケイ、ツリバナのようでかわいいアケビの花、字を葉に書くと消えないタラヨウなど。

アオキの花は地味な茶色。

Sengensan_0803_aoki

言われなければ、ムラサキケマンと見過ごしたかも。。ジロボウエンゴサク。

Jirobou_engosaku

畑やみかん畑の中を昭府町に下山し、いちごのハウスが見えて来る頃雨がぽつり。
氏子の神頼みをちゃんと聞いてもらえたのでしょうか?

Sengensan_080330_5

Nさんの提案で、魚屋併設のレストランで皆で昼食。
「磯ちらし」だったか?ワサビがちゃんと辛くて、小柱やいくら、マグロなどたくさんの味が楽しめて美味でした。休日でランチが無いのが残念。

Isotirasi080330

本降りになって来て、全員Nさんに車で送ってもらい解散。
鳥は16種と寂しいが、TさんやKさんのおかげで、植物観察ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »