« 近所の桜、2008 その1 | トップページ | 谷山浩子ミニコンサート@ディスカバリーパーク焼津 »

麻機定例探鳥会、2008年3月

2008/03/23、野鳥の会静岡支部の麻機定例探鳥会に参加。

しずてつジャストラインバスの麻機線、草場下車。
芝原の池から集合場所へぶらぶら20分ほど歩きます。
しばらく来ない間に草が刈られ、さっぱりとした池。

Asabata_20080323

池には相変わらずオオバンやバンが十数羽。オオバンは冬鳥のはずなのに夏も繁殖していて、温暖化の影響?と語る方も。途中のアシ原の中で早くもヒクイナの、ピッピッという声が聞かれました。こちらは夏鳥なのに冬も居続けているよう。冬鳥のヒドリガモやハシビロガモもまだのんびり。

Asabata_20080323_2

柳の道の土手に、今年の冬の珍客のコハクチョウも居ました。まだ渡らなくていいの?

Asabata_20080323_kohaku

工事中のため、迂回した巴川沿いは土手の菜の花が満開。

Asabata_20080323_1

鳥は夏鳥と冬鳥の狭間で少ない時期なのに、30人の参加者、さすが麻機。集合場所から歩き出すと菜の花やタンポポの黄色、ももの花のピンク、柳のエメラルドグリーンの新芽と、春真っ盛りの遊水地。

Asabata_20080323_0

デジ一眼を持っている人は花に、チョウに、思い思いの場所で撮影を。

Asabata_20080323_3

Asabata_20080323_5

鳥もトンボも詳しいBさんに、ツバメシジミを教えてもらいました。後翅に尾状突起があり、ツバメの尾のようなのでこの和名らしい。私ならただのシジミチョウとひとくくりで見過ごす所でした。図鑑で確認すると、食草はハギなどマメ科植物なので、家のヌスビトハギにも来るかな?

Asabata_tubamesijimi

夏鳥が渡ってくる前に、昆虫の季節はもう始まっているようです。

この日は先ほど歩いてきた芝原の池までのコース。
38種の鳥が観察でき、冬鳥がまだいて、夏鳥にはまだ早いかなというラインナップでした。

その後、かわせみさんの情報で第一工区でオオジュリンとベニマシコ♀タイプを探してから帰りました。ちゃんと停まったところは見られませんでしたが、鳴き声やベニマシコの長めの尾など印象的。

巴川沿いは菜の花の香で一杯、素敵な散歩道でした。蜂も花から花へ忙しそう。

Asabata_20080323_6

この日の様子は、かわせみさんの、かわせみのひとりごとで柳の芽吹きの綺麗な写真とともに紹介されています。

|

« 近所の桜、2008 その1 | トップページ | 谷山浩子ミニコンサート@ディスカバリーパーク焼津 »

「お散歩の道」カテゴリの記事

「自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/40651738

この記事へのトラックバック一覧です: 麻機定例探鳥会、2008年3月:

« 近所の桜、2008 その1 | トップページ | 谷山浩子ミニコンサート@ディスカバリーパーク焼津 »