« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

静岡市の確定申告会場2008(2007年分の申告)

まだ1月というのに、医療費控除を申請した2005年の記事や、会場がグランシップに変わって補完した2007年の記事に今年も検索が入るので、2008年(2007年分の申告)の確定申告会場を調べて書いておきます。

この記事、今後も検索でヒットしてしまうと思いますが、申告の期限は年によって曜日の配列で変るので、要注意です。静岡県コンベンションホール、グランシップの公式サイトのイベントカレンダーで確認ください。

2008年(2007年分の申告)の静岡税務署・清水税務署の確定申告会場は、東静岡駅そばの県コンベンションホール、グランシップです。東静岡駅を降りればすぐ見えますし、車で行った場合も有料駐車場あり。

グランシップ


クリックすると地図サイトに飛び、必要な縮尺で閲覧できます。

平成19年(2007)分 確定申告の記載会場

期 間  2008年 2月13日(水)~3月17日(月) 月曜-金曜 9:00-17:00
      (ただし2月24日と3月2日のみ日曜にも開場)

会 場  グランシップ、大ホール「海」

グランシップの公式サイトの2月イベントカレンダー、13日のところに、詳細と税務署の電話番号も。参照を。

国税庁のサイトからネットで確定申告も可能なようです。

とはいえ、会場に行けば書き方も教えてもらえるし、領収書類も準備していけば、一度で済むので3月になるとすごい混雑です。お早めに。

ところで、国税庁のサイトはリンクにうるさく、記事中に気軽に参照できず、確定申告会場についても合同で設置で片付けられている。詳細は各税務署に電話で問い合わせろとのこと。肝心の各税務署のページも所在地や開所時間、建物の写真しかなくて、確定申告会場についての案内がありません。もう少し親切に書いてあげないと。。(ここ数年、税務署に行ってしまい、そこから申告会場へ行き方が判らない人を何人も案内しました。)

地元に不慣れなだけなら、バスや行き方を教えればいいのですが、最近はポルトガル語で聞かれることも(ドイツ語も困った)対応、、無理です。ぜひ、国税庁サイト内の各税務署のページを見れば、確定申告会場の案内が5ヶ国語位で表示されるようにしておいて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンカモカウント調査@大谷川放水路

今日は大谷川放水路へガンカモカウント調査に。

大谷川放水路は、1974年の七夕豪雨で静岡・清水において巴川が氾濫し、多大な浸水被害を受けたことから作られた人工の放水路です。古庄のあたりで巴川から分岐、元流れ込んでいた支流を逆流させ、下流部を大谷川とつなげ広げ、掘削し深くしてコンクリート3面工法で固めた排水路の様相が濃い場所。

1999年当初はコンクリートに草1本生えていませんでしたが、さすがに20年も経つと底に土も溜まり、アシなどの草も生えて、カモ類が隠れたりスズメが草の種を拾ったりできる環境になりました。

まずは河口から。駿河湾に面した浜では近所の人が、どんど焼きをしていました。
曇りですっきりしない天気です。風も出てきて寒い~。

Ooyagawa080113

防潮水門にはユリカモメが。

Ooyagawa080113_2

最下流部には草が無く、何もいませんでした。
3面工法の直立した壁は10mくらいでしょうか?落ちたら確実に死ぬと思われ。。
橋以外は簡単に乗り越えられない高さのフェンスでガードしています。

Ooyagawa080113_3

橋ごとに停まって調査。両側に水田がある付近では底に土も堆積し、中州状態で草も生え、カモも隠れ場所があります。人や犬が近づけないので安心。

Ooyagawa080113_4

途中工事区間を除き、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ交雑種、オナガガモ、ハシビロガモなど。さすがに水位が低く潜水ガモは居ませんが、カワウやバンが泳いでいたり、カイツブリがドジョウを捕らえて大きすぎて飲み込むのに苦労する様子も。結果は責任者が報告するが、一番多い種類はコガモ。

調査区間は国道の南側なので、東静岡駅付近で、同行者に年末年始の九州旅行のおみやげの、めんたいこ入りこんにゃくの「赤い恋人」を今年もよろしくと渡して解散。
こんにゃくの中にめんたいこの粒が散っており、ちょっとピリ辛そのままつまみに。

Akaikoibito

1月中に探鳥会もあるので、カモ以外の鳥も書いておく。

ユリカモメ、ウミネコ、ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、ウグイス、メジロ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、イソシギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、バン、イソヒヨドリ(面倒なので順不同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »