« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

久しぶりの皆既月食

2007/8/28、夕食の支度をしながら、家から皆既月食を観察。

つるちゃんのプラネタリウムを拝見すると、全国で見られたのは6年ぶりとのこと。
私も見るのは久しぶりですが、昼から曇ったり、日差しがあっても霞んでいたり、あまり良い状況とはいえません。夜に入っても、高度が低いところで雲が厚く、終わり頃やっとまともに見えました。

速報性の高い話題なので、旅行の話が途中ですが、後で書き足して記事の順番を換えることにして、優先して当日に書いておきます。

月出帯食(月の出には既に欠けている)ですが、私が観察を開始できた19:31(隣のアパートの屋根の上に月が登ってきた時刻)には厚い雲を透かして、既に皆既食になった茶色っぽい月が、なんとなくぼやけて見えるのみ。

Gesshoku_20070828_1

20:11頃やっと雲が薄くなり、赤銅色の月が一応写り始めました。

Gesshoku_20070828_2

良く見えない間に、20:24には部分食に。

Gesshoku_20070828_3

雲を通しても、2分後にはもう、かなりの眩しさ。

Gesshoku_20070828_4

今日は星食もあるという豪華版だったのですが、みずがめ座のσ星は5等ほどの暗めの星で、雲に隠されて19:45頃の潜入は見えず、20:30の出現も輝き始めた部分に邪魔されてだめでした。アンタレス食の時は、なんとか写ったのですが。。

明るい部分が増えて、デジスコだとハレーションを起こしてしまうので、以前のスコープにムーングラスを貼り付けて、デジカメを押し付ける方法で、明るさを増す月を観察。まだ薄雲の向こう。

Gesshoku_20070828_5

やっと雲の切れ間から月光が直接降り注いだのは食が終了に近い21:14でした。

Gesshoku_20070828_6

本当に終了間際の21:22。

Gesshoku_20070828_7

21:24頃に食が終わり、雲の切れた空には煌々と満月が輝いていました。

Gesshoku_20070828_8

次回は2010年だそう。少しでも見られてラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっぽん丸、横浜入港

2007/3/16、いよいよ横浜に帰ってきました。
16日朝からの鳥はオオミズナギドリが3羽とウミネコ、セグロカモメのみ。

宅配便で送る荷物は6:30~7:30の間に客室前の通路に出さないといけません。
朝食後、飲み物代など精算&ルームキーの返却。
早起きして荷造りしないとしけないし、結構忙しいです。

どんよりした、なたね梅雨の空。ベイブリッジもかすみます。

Nipponmaru_kikou1

ランドマークタワーや観覧車、ビル群も灰色のかたまり。

Nipponmaru_kikou2

大桟橋に接岸直前。
金曜日、しかも雨模様のせいか、カメラマンは見当たらないようでした。

Nipponmaru_kikou3

こんなパワーがありそうな船でも入港の微調整には、助けが必要なのですね。

Nipponmaru_kikou4

うっかり7Fにいたため(船尾からバックするように入船と思った)船首から入船だったので、入港作業はどんなか見逃してしまいました。4Fの1周出来るデッキにいるべきでした。
乗船2回目ですが、前回は酔ってしまいそれどころでは。。

Nipponmaru_kikou5

下船後は、JR桜木町駅まで連絡バスが運行されましたが、私達は荷物を宅配便で送ったので、中華街を歩いて石川町の駅から帰りました。10時台なので開店している店は少ないようでしたが。。しかも朝は洋食のビュッフェなので食べすぎていて、中華は食べずに駅へ。

駅からは一旦横浜に戻り、東海道線に乗り換え。にっぽん丸でクルーズをしてきたのに18切符で。。でも、普通列車のグリーン車で横浜のシューマイ弁当で缶ビール片手に昼食も、肩が凝らずになかなか快適でした。弁当の画像はだるくて撮るの忘れましたが、

これで、長いにっぽん丸クルーズの記事も終わりです。
読んで頂いた方、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっぽん丸、ディナー最終夜

間が空いてしまいましたが、この記事の続きです。

2007/03/15、鳥島周遊後、体調が悪化。

ぎりぎりまで、ベッドで寝てから、最終のディナーへ。ディナーの前の船長主催のさよならパーティはパス。カクテルの1杯も飲めたのかなと残念ではありますが。。

私はインフォーマルでも黒のブラウスとスカートにショールで華やかにしただけの簡単な格好。力が入っている人はドレスにハイヒールのキラキラのパンプスなどで、旅行目的によって両極に。

セキが止まらず、マスクをしていったらひとつ間をおいた席割となり(6人がけの席の端に向かい合わせに2人づつ)、最後のディナーを人のペースに付き合わずに食べることができました。

カルパッチョ風の前菜。美味しいはず。。なんですが、鼻が詰まって喉が腫れていて、匂いは全然、味も酸味や苦味など、シャープなものしか判らなくて、食感だけ楽しんで食べました。

Nipponmaru_dinner_2007315

パイ包みで暖かいオニオンスープ。主人の感想は美味しいからパイを完食。
スープは普通に美味しい。。という良く判らない感想。

Nipponmaru_dinner_2007315_2

魚はエビと鯛か鰆と思いました。薄味なのでぷりぷりしたエビの食感しか判らない。
主人は上品で物足りないとか言っていましたが。。

Nipponmaru_dinner_2007315_3

メインの肉とサラダは、好物のアスパラサラダにビーフシチュー。こんな美味しそうなのに匂いも無く、満足に味わえないのが残念。しかし、不幸中の幸いで、消化器系はやられてないらしい。味はどう?と聞く私に、結構美味しいよといいながらガシガシ食べる主人のペースにあわせて完食。パンもこの日はお代わり止めておきました。その代わり、最後のディナーなので、食前のワインは頼みました。

Nipponmaru_dinner_2007315_4

冷たいアイスクリームの感触が、荒れた喉にうれしい。
見た目も綺麗なデザートでした。

Nipponmaru_dinner_2007315_5

帰りも、元ドリフの人のハワイアンバンドのショーや落語、社交ダンスなどイベントがあったようですが、部屋に帰ってすぐ寝てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっぽん丸、鳥島周遊とアホウドリウォッチング

2007/3/15、にっぽん丸小笠原ツアーの帰りに鳥島を周遊。
鳥島は島全体が天然記念物に指定され、許可を受けた研究・調査・工事などを除き、上陸できません。船から鳥島を見るのですが、にっぽん丸のような大きな船では、浅瀬や岩礁が危険であまり島に近づけず、かなり遠くから観察することになります。

鳥島といえば、天然記念物のアホウドリ。

アホウドリは、クチバシから尾の先までの全長91cm、翼開長(翼を開いた差し渡し)210cmの大型の海鳥。海上ではグライダーのように優雅に滑空。しかし地上は苦手でよちよち歩き。

そのため、明治期に食料や羽毛目当てに乱獲され、一時は絶滅したと思われたアホウドリが、測候所の人に10羽発見され、1958年には天然記念物に指定、測候所の人々の努力もあって50羽以上に回復したが、火山活動の活発化で測候所も閉鎖。無人島に逆戻り。

研究者の東邦大の長谷川博教授は1976年からアホウドリの調査と保護に携わり、一人で無人島となった鳥島に長期滞在し、レトルト食品や雨水で生活など苦労しながら、アホウドリの生態や繁殖の研究と保護に尽力されてきました。アホウドリの生態、調査の結果や写真などは、東邦大学の理学部生物学科の長谷川教授のサイト、 アホウドリ復活の軌跡 をご覧下さい。

長谷川博教授の著書「アホウドリに夢中」

の中で、書かれているように、その道は決して平坦ではなく、火山灰の急傾斜地に繁殖するため、個体数が増えると草が傷んで地面が露出、泥流が起こってヒナが巻き込まれて死ぬなど増加が止まったことも。草を植えたり砂防工事、デコイで新しい繁殖地へ誘導などの甲斐あって、2003年に鳥島周遊ツアーに参加の時のお話では1500羽。1000羽を切ると絶滅が濃厚というラインを突破したと喜んで居られました。今年の調査では2000羽に近づく勢いらしいです。

2003年の長谷川教授を講師に向かえたにっぽん丸ツアーでの記念撮影。。というか鳥島を写したら振り向いた先生が写ってしまったので、この画像のみ小さいままで。

Torisima2003

さて、今回は周遊することを事前に聞いていないので、放送があっても7Fデッキに上がってきたのはあまり大勢ではなかったようです。10:30過ぎには島影が見え、11:30くらいに南側から周遊開始。

Torisima2007315_1

アホウドリの繁殖地である燕崎に近づきます。ここは、クロアシアホウドリは少なく、アホウドリがほとんど。溶岩の上の砂礫地に少しの草が生えていて、鳥の数が増えてきたので、かなり住宅事情は厳しそうです。主人は長いレンズを持ってきてないので、標準で写すとこんなもんです。

Torisima_tubamezaki2007315

私はスコープ+デジカメに挑戦しましたが、ここも暗礁があって近づけないのと、そのための変な横波で見た目以上に船が揺れ、これで精一杯。2003年の時はヒナを残して盛んに周辺海域で餌を取っていて乱舞していましたが、風向きが良くないのか、2,3羽しか飛んでいません。

座ってクチバシを背中に入れてじっと風に耐えているのや、餌取りから帰ってきたばかりなのか、カチカチとクチバシを鳴らして、つがいの相手とクラッタリングをする風景も。体の白いのが成鳥。体が黒くお腹側が白いのが若鳥。もっと幼鳥では、クロアシアホウドリのようにほとんど黒で、クチバシだけ黄色みを帯びている個体も。

Ahoudori_20070315

ヒナが生まれて2ヶ月以上。だいぶ大きくなって、灰色でフワフワの親ほどに大きなヒナがそこかしこに見られました。長谷川教授の調査によると今年も200羽以上巣立ったそうです。

Ahoudori2007315_2

実はまだ噴煙が上がっている活火山。

Torisima_funen2007315

そのため、噴火で全滅しないために、小笠原への移住計画が進行中とのこと。その前に、燕崎のコロニーが満員になってきたので、新コロニーへの誘導も進んでいるよう。まだ北西側の新繁殖地には、クロアシアホウドリのほうが数多く見られました。

Torisima2007315_2

下の画像を見ると左下にこちらを双眼鏡で見ている人達が写っています。長谷川先生のチームと思い手を振りましたが、今年は4月から調査されたそう。違う方だったらしいです。でも、船は汽笛を鳴らして上陸している方にご挨拶を。船長さんによると、手を振りかえしてくれたそう。

Torisima_newcorony

北側からの全景。中右に測候所の廃墟がリュウゼツランに囲まれていました。

Torisima2007315_3

もう一度燕崎の繁殖地を見てから北上。前々日シュノーケリングで一緒のご夫婦が来られたので、アホウドリと鳥島が天然記念物に指定されていることを説明し、スコープでアホウドリとヒナを見せました。鳥に興味の無い方でも、天然記念物というと、へえーと言って興味深げでした。

今回、鳥島を周遊したのはデジカメ教室の団体さんが乗っていたからリクエストでもあったのかもしれませんし、波高や航行スピードの状況などその場でなければ断言できないのかもしれませんが。。
判っていれば長いレンズを無理にでも持ってきてもらったので、可能性があれば教えておいてほしい気がしました。(主人はどうせ揺れて撮れないよ、と言ってます)

といいつつもアホウドリを久々に見て堪能し、スコープを持ったまま、昼食受付終了間際にレストランに駆け込みました。やっぱり松花堂弁当っぽいメニュー。

追記:周辺海域では、アホウドリ、クロアシアホウドリ、コアホウドリと、アナドリ、オーストンウミツバメが確認されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »