« 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 | トップページ | にっぽん丸の通船、14日夜の星座観察教室 »

にっぽん丸、父島恒例お見送り

2007/3/14、これで父島ともお別れ。

最後から3番目くらいの通船でにっぽん丸へ帰ります。
スタッフの皆様、2日間お世話になりました。

Titijima_kaeri_tuusen

戻るとデッキに上がり、ブイから係留用のロープを解く作業を見ていました。

17:00出港。おがさわら丸の出港時で有名な、父島恒例の船のお見送りがありました。
船内放送で予告もあり、右側のデッキは人が鈴なり。

船が追いかけてきては並ぶと、手を振って反転していくのを1隻づつ繰り返します。それぞれ、ホエールウォッチングやダイビングと、自分がお世話になった船に千切れんばかりに手を振り、さようなら~、とか、また来ます~など、手でメガホンを作って、思いっきり叫びます。

Titijima_miokuri

他の船は港に引き返しましたが、私がシュノーケリングでお世話になったSea-Tacのクルーザーが追い越していく。夕暮れなのに出かけるのかなと思ったら。。

Titijima_miokuri2

追い越して停止したら、スタッフの何人かがバシャンと飛び込み。湾口で潮流が早い場所でこんなことをするなんて、さすがプロ。感動ものです。私ももう一度手を振って、また来ますと叫ぶ。

Titijima_miokuri3

これで、本当に父島とはお別れ。また来れることを祈って、さようなら。

Baibai_titijima

と、辺りを見回すと、鈴なりだったお客さんがあらかた撤収している。そういえば、1回目の夕食は17:30から。いくら服装コードがカジュアルでも、Tシャツってわけにはいきません。着替えたりしないと。私は2回目なので、暗くなるまでデッキにいて、最後のホエールウォッチングを楽しみました。もう夕暮れで、ザトウクジラのブロウが2回とクロアシアホウドリ、カツオドリが見えただけですが。

この日の夕食は懐石風の和食。

|

« 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 | トップページ | にっぽん丸の通船、14日夜の星座観察教室 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/15628681

この記事へのトラックバック一覧です: にっぽん丸、父島恒例お見送り:

« 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 | トップページ | にっぽん丸の通船、14日夜の星座観察教室 »