« 二見湾の夕暮れ | トップページ | 小笠原、アオウミガメの子亀の放流 »

父島北部観光

2007/3/14、この日は私は父島観光、主人は枝サンゴ海中展望船へ。

午前中に通船で上陸し、ワゴン車のようなタクシーで父島を観光。
1時間半なので、島の北部だけで景色が主体でしたが、植物も少し解説あり。昔持ち込まれたものや、流れ着いて繁茂したものなど様々。ジャングルには足を踏み入れないので、ムニンノボタンなどの固有種は見られず。

前日のシュノーケリングの時見た崖にも、リュウキュウマツが一番多く見かけました。

ガジュマル

Ogasawara_gajumaru

タコの木

Ogasawara_takonoki

ヤギは1000頭以上いるそうで、動物注意の標識もヤギ。

Yagichuui

三日月山の気象観測機械が置かれている所の展望台。通称ウェザーステーション。ここからは直接太平洋が見え、ザトウクジラの良い観察場所とのこと。東屋風で屋根もあり、雨や強い日差しの中でも粘れます。ここに居た間にはクジラは出なかったので、他のお客さんに、スコープで向こうの崖に居たヤギを見せてあげました。

Mikadukiyama

Mikadukiyama2

次は車窓のみですが、宮の浜。景色もシュノーケリングにもいい所だそう。

Miyanohama

島のメインストリートを抜けてから、山道をうねうね登ります。
二見漁港は二見湾のまた奥に位置し、台風の時も波が防げるとのこと。

Futamigyokou

もう一つ、兄島に面した海が見える山崎の展望台に行ったと記憶しています。

Nagasakitenboudai

船に帰る前に、メインストリートをうろうろ。昼食は船で出るので、アイスコーヒーのみ。300円で普通の値段、特に高くはありませんでした。定期船のおがさわら丸が前日に出港した後&水曜日なので、お休みの店も多く、半分眠ったようでした。お土産品は塩やパッションフルーツジュースなどが置いてありました。

ちなみに、枝サンゴを見に行った主人は、サンゴが人為的に破壊されているところがあり、憤慨していました。サンゴの画像は特に撮ってないようです。(カメラが塩水に濡れると嫌だからと。。)

|

« 二見湾の夕暮れ | トップページ | 小笠原、アオウミガメの子亀の放流 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/15575991

この記事へのトラックバック一覧です: 父島北部観光:

» 最近話題になった父島の話(〜8/21) [父島ブログ情報局]
父島の話題と、話題に関連した父島の情報を発信します。 [続きを読む]

受信: 2007/08/21 23:53

« 二見湾の夕暮れ | トップページ | 小笠原、アオウミガメの子亀の放流 »