« 父島北部観光 | トップページ | 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 »

小笠原、アオウミガメの子亀の放流

2007/3/14、小笠原北部観光を終え、一旦昼食のため「にっぽん丸」に戻ろうとしたところ、大村の浜でアオウミガメの放流イベントがあるとのこと。

小笠原海洋センターでは、アオウミガメの資源維持のため、孵化放流を行っていて、HPによると里親制度などもあるようです。

母亀を一定期間いけすで飼育し、産卵後海に返す。その後卵を孵化させる方法で行っているそう。安全な場内で孵化したら、8月、9月頃に生まれ次第、稚亀の放流を行っているのですが、生存率を上げる目的と、標識調査、島外の人への啓蒙などの目的で、子ガメになるまで数ヶ月育ててから放流も。

今回はそのパターンで、手のひらに少し余る大きさ。

Kame_houryuu

すぐ餌を探すようにとの配慮か、放流前は数日断食させられているので、じたばた暴れなくて、なんとなく、ぐんにゃりした子ガメ達でした。浜に置かれるとすぐに海を目指すのもありますが、入ってきた箱の方に戻ってしまうものも。見学者からは「頑張れ!」との声が。

Kame_houryuu_2

海に帰ってからが試練の始まり、元気で親になって戻って来いと願わずにはいられません。アオウミガメは親はアマモなどの植物食だそうですが、子ガメのうちは雑食で、魚卵や小さいエビ・カニ、貝などを食べます。(以前水族館で見た親の食事はキャベツでした。)

そして、波で戻されたりもしましたが、最終的には全員無事に海に帰りました。
しばらく沿岸で過ごした後、太平洋を自由に回遊することでしょう。

Kame_houryuu_3

ちなみに、静岡県内でも御前崎市で、アカウミガメについて、保護監視員によるパトロール、孵化場で稚ガメへの孵化、放流や観察会などを行っています。→御前崎市のサイト内、観光のページから。

|

« 父島北部観光 | トップページ | 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/15591939

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原、アオウミガメの子亀の放流:

« 父島北部観光 | トップページ | 父島をバイクで走る。ウェザーステーションと水産試験場へ。 »