« 横浜のシーバス | トップページ | 大桟橋出港 »

乗船までの経過&トラブル

勤続年数が一定に達すると取れる、主人の会社のリフレッシュ休暇。

しかし、ご時勢で正社員って必要最小限、規定上では2週間まで休めるとはいえ、実際は1週間さえも休める期間がなかなか見つからない。そうこうしているうちに、3月中に使わないと消滅の危機に。実際に休める期間が2月末~3月中旬までの内で、最長1週間くらい。

話は数年前から聞いていて、本当はオーストラリアか夏にアラスカ、またはヨーロッパに行って見たいなと思っていましたが、前述の状況で海外旅行は却下&北海道は年末年始に行った。沖縄は超割で飛行機なら週休+1日休みで行けそう。とのことで、新婚旅行候補2番目だった小笠原へ。おが丸パックでも良かったのですが、すでに2ヶ月は切っていて上等級は埋まってそうとの判断で、にっぽん丸クルーズに。

JTB静岡支店で商船三井客船主催の「小笠原スプリングクルーズ」に申込。すでにスイート、Aステート等は満席の様子。以前「鳥島周遊クルーズ」に参加の時、低気圧が停滞しているのに、部屋がAステートの一番船首より。ピッチングがひどくて船酔いになるわ、半分柱で海が見えないわ、外の通路を人が歩けるのでおちおちカーテン開けていられないわ、外の階段の鉄の踏み板が人が通るたびガンガン響くわ、もう最悪。

なので今回は予算もあって、1階下のBステートに。前回最悪だったこともちゃんと伝えてもらい、希望通り真ん中やや後ろより。自販機の近くでしたが、概ね静かで海も邪魔無く見え、揺れも大きくありませんでした。ただ、外が通路ではないので、窓が潮を被っても自分で外から拭けないデメリットも。

後は13日前にチケットとツアー概要を旅行社で受け取り、オプショナルツアーに申込って。。期限過ぎてる!旅行社、主催社に直接文句言う。どちらも相手のせいにしたいようだが、ツアーでは2週間前を過ぎてからチケットを渡すのは常識、主催社の方が非が大きいと思う。しかも一旦受けておいて希望時間に大きいグループが入ったので時間をずらしてくれないかと。。全額自腹ならキャンセルしたところです。何とか希望のオプショナルツアーは取れましたが、乗ってからでも申し込めると旅行社に言われて満員でツアーカウンターでもめていた人も。ちゃんと考えないと客減らすよ!と思いました。

そして、クルーズといえば服装コード。主人はこれで結構ブルーだったようですが、記念旅行なのだし、フレンチなんて普段食べに行かないんだからたまにはいい。で、水着やシュノーケルなど荷物も増えて、往復2500円位でスーツケースを部屋の前まで届けてくれるサービスに申し込み。(スコープや双眼鏡など送れないので、手ぶらにはならないんですがかなり楽。)と、指定日時に取りに来ない!ツアーデスクに電話したり大騒ぎ。こちらは、集荷担当会社が日付を違えていてすぐ取りに来る。(でも電話口では、明日になっておりますが?とかこちらのミスのように言われた)うーん、トラブル続きで当日が思いやられると思ったら。。

大桟橋で乗船開始まで1時間以上待つ間に、だんだん体がだるくなって来ました。

17時受付、乗船開始。それでも、雨があがったのは幸い。

Oosanbasi_nipponmaru

大きすぎて、乗船時には全容が写せませんでした。
今回のBステートはデッキより下の船体に四角い窓が並んでいる部分。
Cステートはその下の丸窓の部分になります。

Oosanbasi_nipponmaru1

救命ボートの支柱のところも景色半減かも。

Oosanbasi_nipponmaru2

トラブルがあって心配しましたが、荷物は無事部屋の前に配達されていました。
私は少し寝させてもらい、夜景&出航は主人が撮ってくれました。

|

« 横浜のシーバス | トップページ | 大桟橋出港 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/15139331

この記事へのトラックバック一覧です: 乗船までの経過&トラブル:

« 横浜のシーバス | トップページ | 大桟橋出港 »