« 旭山動物園 5.ペンギン散歩 | トップページ | 留萌本線 2.恵比島駅、留萌駅 »

留萌本線 1.増毛へ

2007/1/4、旭川駅15:11発の列車で、留萌本線の終着、増毛駅まで乗車。

旭川から深川までは買い物や遊びの帰りの人達で立客もちらほら。
道内時刻表を見ると、深川15:39着、16:05発。26分という半端な停車時間。

ヒマなので駅名表示を見ると、右側は函館本線も留萌本線も難読駅。
漢字では「妹背牛(もせうし)」と「北一已(きたいちやん)」。
左側も納内(おさむない)、ちょっと難しい。

Fukagawa_ekimeihyouji

車両はキハ54だそうです。北海道では標準装備の自分で開閉できるドア、東海道線の静岡付近の列車では、ごく一部の新車輌しか装備されてなく、冬にドアを開けたまま6分停まられると、外のベンチと大差なく冷え込んで辛いもの。JR東海さん早く新車輌にして。あと、2重窓も寒い地域ならではですが、東海道線でもスキマ風が寒いので欲しい装備かも。

Rumoihonsen_sharyou

車内は、真ん中のテーブルを中心に向かい合わせの方向で2人掛けの座席が続いているので、皆中心を向いて座ることになります。昔の特急みたい。背もたれは倒れますが、シートはへたって、へにゃへにゃ。回転は出来ない様子。どっち向きでも座席の方向を直さなくていいように?

Rumoihonsen_zaseki

駅の外にも出て歩いてみましたが、あと18分では特に行く所もなく。。

Fukagawaeki

留萌本線に入ってからの車窓は畑や牧草地と思しき雪原。
恵比島駅あたりで、とっぷり日も暮れました。

Rumoihonsen_shasou

実は以前、札幌-羽幌の都市間バスで通ったり、車で北竜町のひまわりや恵比島駅、増毛付近の海を見に来たので、沿線の景色は初見ではなく、多少暗くてもいいかなと。。留萌本線も羽幌からバスで戻ってきて、留萌駅⇒深川まで乗車しているので、未乗なのは留萌-増毛だけでした。

深川で人が入れ替わり、そこそこ席が埋まっているように見えた車内も、留萌駅で皆降りて貸切状態に。増毛には17:31着。暗いホームに列車の灯りだけが煌々と。。

Masike_eki_1

ストッパーの向こうはがらんとして、直接外の家並みが。
増毛に以前来てから10年ほど。新しい家が増えた気がします。
Masike_eki_2

それでも駅舎の待合室には、火の気は無くても灯りが暖かそうでした。
駅まで迎えに来てもらう人も安心して待てるでしょう。

Masike_eki_3

折り返しの20分で、すぐ近くの海岸まで歩き海の夜景を楽しみました。

Masikeyorunoumi

折り返し、増毛駅17:52-深川駅19:13着。
暮れと同じライラック19号で旭川に移動し泊る。

追記:髪関連のトラバ多発につき、記事内容に関係ないものは削除します。

|

« 旭山動物園 5.ペンギン散歩 | トップページ | 留萌本線 2.恵比島駅、留萌駅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/14205475

この記事へのトラックバック一覧です: 留萌本線 1.増毛へ:

« 旭山動物園 5.ペンギン散歩 | トップページ | 留萌本線 2.恵比島駅、留萌駅 »