« 特急ライラックで旭川へ | トップページ | クッチャロ湖へ »

音威子府駅の黒い駅そば

2006/12/30、旭川を出て旭川北ICから道央道へ。

前回和寒までのが、士別剣淵まで延びて乗ってみました。さすがに旭川より北では、道路に圧雪がなくても雪原と雪山の風景が続きます。また、本州と違い、車で山に登らなくても、主要国道の横の山がすぐスキー場というのも北海道らしいと思いました。

Dououdou_asahikawa

名寄より北の一般国道R40では、道路も圧雪アイスバーンに。

R40bifuka

美深まで来たところで、ばったり進まなくなり。。前の方で5台がからむ玉突き事故が発生していました!私達は8台くらい後ろで、もう少し早ければ危なかったところです。トラックがスピンして直角に道路を塞いで、40分待ってやっと開通。スピードが出ていたのか、運転席はかなりへこんで、事故の大きさを物語っていました。雪道の運転はプロドライバーといえども一瞬の気の緩みが事故を招くと気を引き締めます。

美深付近の森に積もる雪。

R40bifuka2

音威子府駅に着いた時には昼どき。駅そばを食べます。
名物のひきぐるみの黒いそばは有名。太めで卵とも合い、美味でした。

Otoineppu_ekisoba

席に着くと同時に、宗谷本線の「特急スーパー宗谷1号」が到着。大きな荷物を持った帰省客が20人以上降り立ち、そばの注文、年越しそば用の麺販売と店の中は大忙しでした。

Otoineppu_ekisoba2

駅は、バスとの乗り継ぎポイント。玄関も”駅”でなく”交通ターミナル”と表記。
ツララが下がるバスは稚内行き。

Otoineppu_eki

ふと駅舎を見ると、柱がフクロウとクマゲラになっていました。

Otoineppu_eki2

さらにR40を北へ向かうか?

|

« 特急ライラックで旭川へ | トップページ | クッチャロ湖へ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/13791158

この記事へのトラックバック一覧です: 音威子府駅の黒い駅そば:

« 特急ライラックで旭川へ | トップページ | クッチャロ湖へ »