« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ウトナイ湖2006年12月

2006/12/29、苫小牧から北上。
バードウォッチャーとしてはウトナイ湖に寄らなくては。

ここも全然雪がありません。湖面の氷も一部のみ。

Utonaiko_200612_1

数はそれなりに居たようですが、種類はオオハクチョウとオナガガモが大半。
餌を与える人がいるのか、湖岸に立つと寄ってきます。

Utonaiko_200612_2

暖冬のせいか、カラ類の混群(シジュウカラ、ハシブトガラ、コガラ、シマエナガ、コゲラ)が一つ通っただけで、小鳥類は餌場が限定しないで散らばっているのか、声もしませんでした。

ちなみに、例年の状況は下の画像を参照ください。
2枚とも2002年1月の状況。湖面は結氷し、野鳥の会サンクチュアリのネーチャートレイルのキタキツネの小道などは、雪が深くて長靴でないと入れないくらいでした。

開水面が無いとキタキツネなど天敵に狙われるのか、カモ類がほとんどゼロ。

Utonaiko_keppyou_200201

パウダースノーの新雪は長靴が抜けなくなり、脱げてしまいます。

Utonaiko_yuki_200201

この頃は雪も降っているようなので少しは例年に近いのかもしれません。

環境省のウトナイ湖野生鳥獣保護センター野鳥の会のウトナイ湖サンクチュアリネーチャーセンターの公式サイトで、ウトナイ湖の自然情報が閲覧できます。

今回は年末年始で両館とも休みのため、湖岸でハクチョウやオナガガモやヒドリガモ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、オジロワシと千歳に着陸の飛行機など観察して、通常より短時間で引き上げました。

ウトナイ湖は、ブログの過去記事ですが、2006年5月、冬は2005年2月にも訪問しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリーきそ乗船(仙台-苫小牧、回るお風呂編)

前記事から続き。
2006/12/28、仙台港から太平洋フェリー「きそ」で渡道。

前日の巨大低気圧が北で発達して強風が吹き荒れ、デッキで出航を見るのも、今回は10分前にゆっくり上がりました。さすが満席、車も出航時刻になっても次々と積み込まれます。

Sendaikou_kuruma

10分過ぎた頃やっと扉が閉まり出航。

Sendaikou_shukkou

前回と違い夜なので、タグボートの灯りも綺麗でした。
衝突して船体を傷つけないよう周りにタイヤが取り付けてありました。

Sendaikou_tagboat

折角、双眼鏡やスコープも持って出たのに、仙台港を出航してしばらくすると、強風で三脚が揺らぐように。月も雲で隠れたので、オリオンやヒアデスなどを見てすぐに撤収。

Sendaikou_shukkou2

帰りのきたかみと記憶が混ざってどちらか定かで無いですが、飲み物を後ろのスタンドで買い、ラウンジショーをワイン片手に一番前の席で初めて見ました。(飲み物購入は出演者にも勧められますが、強制されません。)バイオリンの女性とエレクトーンのおじさん、サックスの男性の3人で、MCがエレクトーンのおじさん。帰省シーズンで子供が多いので、雪やこんこ。あと、A列車で行こう、愛の賛歌、スタンドバイミーなどを演奏。中でもバイオリンの女性がハンガリーのバイオリンの独奏曲とアメージンググレースをトランペットで演奏したのがかっこ良かった。つがる海峡冬景色はお約束?

船室でテレビを見てから再度デッキに上がると。。デッキのドアを開けたとたん、風の勢いで引きずられてしまいました。立っているのもやっとで再度撤収。

外洋に出ると波も高くなり、通路を歩いていると隅によってしまいます。こんなに荒れているならと、展望風呂がすくのを待って、2基あるジェットの水流と船の揺れで回るお風呂に入ってきました。

これだけ揺れていると、隣のジャグジーも回っています。大浴槽のジェットの当たる場所にいても、すぐフワー!と波にさらわれるように体が持っていかれ、またズズズッっと戻されます。10数年前の東京-釧路航路以来の派手な回り方、縁まで20cm弱と思われる水面が、3回に1回はビッチャー!と縁を越えてこぼれています。横揺れ防止装置が自慢の「きそ」でこんなでは、他の船では浴室閉鎖になっていたかもしれません。しばらくたゆとう感じを楽しみましたが、ローリングとピッチングで気持ち悪くなりそうで10分で出てきました。

苫小牧港着岸は15分遅れ。天気は快晴。
久々に雪の無い冬の北海道に上陸です。

Tomakomaikou_20061229

実はフェリー予約の時に、探鳥出来る時間が長い大洗航路と迷いました。しかし、今回は欠航(苫小牧から船が来ないので翌日の大洗発も。。)、仙台発にして正解でした。

しばしの休息を取るへすてぃあ。

Tomakomai_hestia_20061229

苫小牧上陸は同乗者と車が別々。普段は夏タイヤのまま来る車もいて、つるつるの路面にノロノロ運転、車の下船が大幅に手間取るのですが、今回はターミナルでトイレを借りている間に駐車場に到着。結局15分遅れで北海道のドライブが始まりました。

給油と氷雪用ワイパーを購入していたら昼過ぎ。29日までは旭山動物園が営業しますが、これから走ってもペンギン散歩の時間に間に合わず、年始に寄ることに。苫小牧から岩見沢方面へドライブしながら、ゆっくり旭川に向かいます。

追記:この記事にトラックバックが付いたのですが、同一トラバが2重にあったのと、見ればそのサイトのサイドバーに受けたトラバを表示するようになっていず、プロフィールも掲載していないので、考えた末トラバ返しではなく削除しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェリーきそ乗船(一等和洋室)

2006/12/28、途中で北海道での非常食も含め食料の買出しをし、乗船開始にやっと間に合う時間に仙台港へ。一昨日、昨日の巨大低気圧のせいで、これ以外のいしかり、きたかみ、大洗航路も軒並み欠航。帰省もあってこの船は満席でした。

「きそ」は2006年5月に苫小牧→名古屋を乗船、「フェリーきそ乗船記」として5回に渡り詳しく書いているので、今回は公室や食事はパス、部屋中心にさらっと書きます。
前回は特等乗船していますので下記の過去記事も参照ください。

(出航&へすてぃあ見送り)   (船内・船室)   (仙台港一時下船、蒲生干潟へ)
(仙台-名古屋の楽しみ、僚船反航と昼食)   (鳥見と名古屋入港まで)

仙台港に着いたのが遅いので、慌てて手続きしたものの、車は最後の方になりそう。同乗者は別に乗船なので10分位待ち、18:30に乗船開始。私はすぐマーメイドクラブ(軽食コーナー)に行き、軽食とビールで夕食。高波で船の揺れが予想され、今回はバイキングは止めました。

Kiso_tumami

待つ間にピアノの下を見ると、前回の乗船でぬいぐるみと書いたカエルが板を組み合わせた木組みの置物だったことが判明。

Kigumi_kaeru

フロントでカードキーを受け取り、部屋で休みます。
一等和洋室は3人でも使えますが、このように3人目は小あがりにマットレスとベッドパッドを敷いた形なので、可能ながら落差は大きいようです。(ソファとしては、へにゃへにゃで座りにくく、小あがりに直に座っていました。)2人の場合は靴を脱いでくつろげる場所と向かい合える机があり、特等より使い勝手が良い部屋でした。

テレビも液晶で薄く、冷蔵庫やティーサーバーも完備。この画像の手前にはクロゼットがあり、上部に救命胴衣、下部にナイトウェアと備品のフェイス&バスタオルが。写っていないベッドサイドには目覚まし時計と調光可能なスタンドを設置。

窓際にさえぎるものがないのも、部屋での鳥見には最適かと思われます。

Kiso_ittou_wayousitu_1

洗面所にはハブラシ、ドライヤーなどと。。

Kiso_ittou_wayousitu_2

シャワーブース内に確かシャンプーとボディシャンプーがあったと記憶しています。
でも、大浴場も気持ちよいので今回はシャワーを使いませんでした。

Kiso_ittou_wayousitu_3

車は19:00過ぎにやっと順番になり、待ちくたびれて部屋に着いた主人と出航前にビールで乾杯、買った食料を出し食事できるよう整えて、私は双眼鏡とスコープを持って、デッキに向かいます。
仙台港出航~苫小牧編に続く。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆沼での食事

伊豆沼での遅めの昼食は、以前のログハウスの時からのファンで、伊豆沼に行くと必ず寄る、伊豆沼ハムや地場野菜を使った料理が自慢の、 レストランくんぺる 。

Kumpel

伊豆沼農産の赤豚やハムを使ったハンバーグやステーキ、カツなどの肉料理もとても美味しいのですが、今回はランチの時間に間に合ったので、私はカレーのランチを。

カレーライス、赤豚カツと自家製ウィンナー、地元野菜のサラダ、ベーコンと野菜のコンソメスープ、イチゴと牛乳寒のデザート。カツとカレーもさることながら、ウィンナーが超美味!以前お歳暮にした位です。ベーコンから、うまみがたっぷり出た野菜入りのコンソメスープも絶品。朝から歩いていないのに、甘さ控えめのデザートまで完食!

Kumpel_curry_lunch

主人のは、しょうゆ味のすいとんときしめんの中間みたいな「はっと」の、「はっと鍋膳」。昔ながらの郷土料理だそう。本当は山で取ったきのこや山菜を入れるのでしょうが、しいたけやネギでも充分いいお味だったとのこと。小鉢の煮物や焼きおにぎりも手作り感があふれて、見た目もおいしそう。

Kumpel_hatto_nabe

隣は地場産品の直売所になっており、もうふきのとうも出ているとのこと。
餅や葉物野菜も美味しそうなのですが、旅行中で買えないのが残念。

伊豆沼農産の赤豚や美味しいハム、ソーセージは、ホームページよりお取り寄せ可能。ソーセージの詰め合わせとポークジャーキーは実際に食べて美味しく、おすすめです。

JR東北本線の新田駅から伊豆沼の観察館へ歩いていく途中の踏み切りの横にあります。車でも歩きでも行けるので、伊豆沼へ鳥見の節はぜひ寄って食べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆沼・内沼

前記事からしばらく諸事情で中断していました。

2006/12/28、東北道の若柳金成ICより伊豆沼へ向かう。
高速上で見た、マガンが散らばっていた辺りに行くと。。

アシの向こうで見つからない自信があったのか、50+のオオハクチョウと500+のマガンが遠くの田んぼでくつろいでいました。車の入れる道がなくて安心なのか、さかんに羽を広げて伸びをして気持ち良さそう。今回は雪が少なく、どこでも餌が取れるので前回のように1ヶ所に固まってはいませんでした。

Izunuma_magan_hakuchou

稲の根や落穂なども雪に隠れることなく食べ放題。

Izunuma_magan_hakuchou2

ただ、食べることのみに集中していないので少しのアクションで警戒され、車でもこの距離から手前のグループの首が立っています。主人は「今年は写真はあきらめる」そうでした。(以上3枚は車の窓にスコープを置いて、カメラを押し付けるという不安定なもの。)

Izunuma_magan_hakuchou3

**      **      **      **      **      **

途中で買い物渋滞を迂回して道に迷い、先に内沼に出たので、サンクチュアリセンターつきだて館の前の給餌場に行ってみる。

田んぼでオオハクチョウが採餌する向こうには端だけの半端な虹が。水田が広がる風景の中に点在する農家は防風林に囲まれ(イグネはこの辺でしょうか?)、独特の雰囲気でした。

Utinuma_niji

頻繁に一般の方がパンミミなどを持ってくるので、人が近づくと寄ってきます。
オオバンが少しとトモエガモが1混じっていました。

Utinuma_hakuchou1

男の子がオオハクチョウに囲まれていました。
大人でもかがむと同じ高さになり、鼻息で「シュー!!」と脅されると恐いかも?

Utinuma_hakuchou2

オオハクチョウとオナガガモがほとんど、遠くにオジロワシが舞っていました。
内沼の湖面にはカワアイサの群。

**      **      **      **      **      **

途中のアシ原でオオジュリンのチュイーンという声や、ベニマシコのピポピポなども聞こえ、北に来た感じが高まります。新田駅の近くの観察館に向かう(サンクチュアリセンターの方は今回は寄りませんでした)。給餌場はオナガガモが駐車場の方まで上がりこんでいました。観光客が持ってくる餌はえびせんやスナック類も多く、カモが塩分で高血圧にならないかと心配。猛禽も、ノスリが様子を見にきたり、ミサゴが飛んできて魚(フナらしい)を捕まえて飛び去りました。

Izunuma_hakuchou

仙台に戻って船に乗るので、淡水魚館もあるりっぱなサンクチュアリセンターはまたゆっくり次回に。以前からの観察館で沼を見ると、遠くにカワアイサがいただけ。カモやオオバンは給餌場に集まっていたようです。すでにこちらはスコープなども取り外されていましたが、建物は近くで見たい人に開放されていました。

Izunuma_fuukei

**      **      **      **      **      **

瀬峰駅近くの蕪栗沼で、すでに傾きかけた夕陽の中にチュウヒがゆったりとした舞いを披露します。雪がないせいか、ここらをねぐらにしているはずのマガン達は、付近の水田で採餌していて帰って来ずタイムアップ。仙台港へ向かう途中の長沼もカモが入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道へ行ってきました

観光地によくあるお菓子みたいなタイトルですが、2006-7の年末年始は北海道へ。今年は近年になく長い休みで目一杯の計画をしていたら緊急事態、期間を短く変更しようかと思ったのですが、船が空かなくて元の日程のまま強行。12/27に主人が会社から帰ってから夕食後、バタバタ片付けて22:30頃静岡ICから東名高速に乗り、一路東北道の若柳金成ICを目指します。(フェリー乗船前に伊豆沼・蕪栗沼で鳥見のため)

例年は出発が28日か29日で首都高の渋滞表示は真っ赤なのですが、平日で東名でトラックが多かったものの、首都高は事故渋滞を避け、東京タワーを見ながら(ライトアップ時間は過ぎていて残念)芝公園・銀座まわりでスイスイ。東北道へ入っても特に大きな渋滞は無く、朝には伊豆沼に着き、夜明けのマガンの一斉の飛び立ちを見られると期待しましたが。。なにせ最終日までの残業で運転者がお疲れ気味、2ヶ所で仮眠を取りながらの走行で着いたのは11:00頃でした。

蓮田で少し休みたかったようですが、トラックで満杯。流入路まであふれ出して非常に危険。なんとか那須高原SAまで辿り着いて夜明けまで仮眠。ここも小型車の枠までトラックだらけ。翌日は帰省の車で逆に大型車の枠まで乗用車があふれていたでしょう。

061228nasukougen_sa

だんだん明けてくる空の彩雲を眺めて走ります。

061228touhokudou_yoake

国見SAで給油&休憩し、順調に宮城県へ。雪が少ない。伊豆沼なら築館ICですが、マガンがどこで餌を採っているか確認の為、次の若柳金成ICで降ります。ここも雪がほとんど無く、マガンやハクチョウも散っていました。

061228_tukidate_kannari

行きも帰りも船は低気圧で大揺れでしたが、無事帰静しました。
後は次回以降、ぼちぼち更新します。今年もよろしくお願いします。

<今回の行程メモ>
27-28日 静岡-若柳金成IC11:00-伊豆沼・蕪栗沼15:20頃迄-国道経由、仙台北部道路から三陸道で仙台港へ。-18:30フェリー「きそ」乗船-20:00出港
29日 11:05苫小牧着-ウトナイ湖-岩見沢-旭川(岩見沢から別行動、列車で札幌へ。)
30日 旭川-音威子府駅(そば)-クッチャロ湖-宗谷岬-R238-紋別
31日 紋別(とっかりセンター)-サロマ湖-能取湖-網走湖-網走(網走流氷館)
1日 網走-祷沸湖-斜里港-知床(オシンコシンの滝・ウトロ)-北見
2日 北見-屈斜路湖(砂湯)-硫黄山-摩周湖-野付半島(トドワラ)-尾岱沼-根室(エスカロップ)
3日 根室-花咲港-風連湖-霧多布(琵琶瀬展望台)-厚岸湖-道の駅コンキリエ(焼きがき・かき飯)-釧路湿原-阿寒ツルの里-帯広(六花亭のタルト、ぶた丼)
4日 帯広-富良野駅(ここから別行動、鉄道で移動)-旭川駅-旭山動物園-深川-留萌本線-増毛往復-旭川
5日 旭川駅-滝川-新十津川駅-札沼線-札幌駅(JR北海道完乗!)-らーめん共和国-地下鉄で福住駅-羊ヶ丘展望台-地下鉄で札幌駅-快速エアポート-千歳駅(ここで合流)-苫小牧港17:30フェリー「きたかみ」乗船
6日 一日フェリーの中-仙台港9:20着(一時下船ジャスコまで往復歩く)-仙台臨海鉄道貨物を見る-11:30再乗船-あまりの揺れにラウンジショー中止-ついでに展望風呂も閉鎖
7日 台風並みの低気圧、2時間遅れで11:20頃名古屋港到着-藤前干潟観察館-伊勢湾道・東名-静岡

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »