« 上野動物園その1 日本の野鳥??? | トップページ | 上野動物園その3 外国の鳥 »

上野動物園その2 日本の鳥

今回は上野動物園で飼育されている日本の鳥を。
安いデジカメなので、ピントがオートのみで自分では調節不可能で、ガラスやケージの網にピントが合ってしまい、うまく写っていないのはご容赦ください。

入口すぐの左右の建物とケージに展示されています。

建物の中には小鳥類がいます。

ヤマガラなどポピュラーな鳥も。(東京ではなかなか見られない?)
夏の山で綺麗にさえずり、冬の田んぼでも見られるビンズイ。

Ueno_binzui

山では声がすれども姿は見えず。。のコルリ。地面を走るのが判りました。速い!
枝も揺れていないのに、そばに居たのがいつの間にか遠くで囀る謎も解けました。

Ueno_koruri

その他、建物の中にはコマドリやキビタキなどもいて青・黄・赤の鳥が揃います。
アトリも東京の方には珍しいかもしれません。

外のケージにはオオタカやクマタカ、サシバ、ツミ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、コミミズクとフィールドでおなじみの猛禽類やオオワシ、オジロワシなど北の鳥、シロフクロウやメンフクロウなど外国の鳥も混ざって展示。6月に行った時には、オオワシのディスプレーのような鳴き交わしを観察できました。

Ueno_oowasi

建物の方の続きの池には、フィールドに1羽出ると大騒ぎのカリガネがゴチャッと入っていました。マガンに比べ白い部分が額の上まであるのと、クチバシが短い等の特徴が覚えられます。小さめな体長もオナガガモが一緒に入って(これも飼育のか不明)いて確認できました。

Ueno_karigane

その他、ケージにはタンチョウ、マナヅル、ミヤコドリ、ソリハシセイタカシギ(これも数羽いて、香港のマイポーを思い出しました。)、エリマキシギなどを展示。6月にはタンチョウにヒナが生まれてかわいかったです。

ちょっと奥の陰になったケージに、東京の野山の鳥。トラツグミ、タシギ、ヤマシギ、カラ類等。隣の一部アクリル板で中を観察できるケージには、ニホンリスとカケスがいました。クルミの殻が散乱しているところを見ると、餌の時間には食べる姿が見られるのでしょうか。

カケスがクルミのカラの中をつついていました。

Ueno_kakesujpg


東園の奥のバードハウスにも外国産の鳥に混じって日本の鳥も。

アカショウビンやカワセミは通常では考えられない近い距離で観察可能。
アカエリヒレアシシギも春の海上では数百羽の群を見ますが、海岸などで1羽見るとラッキーな鳥。6月の画像の個体はオスなので地味ですが(この種はメスが派手で1妻多夫)、首に赤が出ています。

Ueno_akaerihireasisigi

さて西園の不忍池出口近くにも水鳥のケージが。
オオハクチョウ、コハクチョウ、シジュウカラガン、オオヒシクイ、マガン、シノリガモ、オシドリ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、アジサシ、ミヤコドリや外国の種を展示。

ニホンコウノトリも。草が植えて生息環境に近くなるように配慮していました。

Ueno_kounotori

その他、関東では珍しいのかケリが飼育されてましたが、私には公園内に普通にいたオナガの方が珍しくて、一生懸命見てしまいました。

|

« 上野動物園その1 日本の野鳥??? | トップページ | 上野動物園その3 外国の鳥 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/13158706

この記事へのトラックバック一覧です: 上野動物園その2 日本の鳥:

« 上野動物園その1 日本の野鳥??? | トップページ | 上野動物園その3 外国の鳥 »