« 苫小牧北大演習林・春 | トップページ | 太平洋フェリーきそ乗船(船内・船室) »

太平洋フェリーきそ乗船(出航まで&へすてぃあ見送り)

2006/5/15、太平洋フェリーきそ乗船。

一昨年の年末に、名古屋から苫小牧まで「オールドきそ」にお別れ乗船となりました。もう新造船のきそが就航してから、5月でも1年3ヶ月は経っていますが、まだ新造船の雰囲気はあって、豪華でした。

この日は特等洋室を予約してあり、徒歩乗船でもあるので、苫小牧駅から遅い方の連絡バスでゆっくり到着。乗船開始に間に合いました。(窓口も割と空いていた。)15分前に出航の「へすてぃあ」と。

Tomakomaikou_narabi

フロントでカードキーを受け取って部屋に荷物を置き、食料を冷蔵庫にしまうと、まだ営業開始すぐのマーメイドクラブでソーセージセットと生ビールを買い、車の積み込み風景を見ながらまったりします。

Marmeid_club

Marmaid_club_sousage4

トラックも少なくなってきたので、売店で北海道らしい紫の「ハスカップアイス」を買い、デッキに出て「へすてぃあ」のお見送りへ。最後の方の車の積み込み作業はパズルみたいで楽しい。

Hestia_miokuri

急角度で出て行くので、タグボートが引きに来ました。少し切り返す形で、一瞬すごく近づいてびっくり。「へすてぃあ」の向こうには、さんふらわあさっぽろ。

Hestia_miokuri2

「へすてぃあ」には3年前大洗-苫小牧まで特等和室に乗りましたが、商船三井枠なので、部屋にはさんふらわあタオルがありました。船体の模様は東日本フェリーのままですね。

Hestia_miokuri3

18:45に「へすてぃあ」を見送った後は、19:00に出航です。中ではレストランが営業の案内が放送されていますが、今度はきその出航を見ます。塞いでいた、へすてぃあが居なくなったので、こちらは自力で切り替えして出て行くよう。出航風景は、帰省シーズンではないので閑散とした港では、係員のみ。

Kiso_tomakomai_shukkou1

飛行機と同じく、苫小牧の夜景が去っていくと、旅行の終わりの感慨が。

Kiso_tomakomai_shukkou2

こともなげにずっとデッキに居たように書いていますが、北海道の5月の夕暮れですごい風、ビールとアイスですっかり冷え切って船内に戻り、デパ地下の夕方半額セールで買ってきた、古平産なんばんえびと静内のほっき貝、ホッキ飯などで夕食に。さっきの生ビールはサッポロクラシックではないので、売店で買いなおし飲む。隣とその隣の国の団体さんが乗っており、一等の内部屋ツインも埋まって賑やかでした。ラウンジのショーはジャズなのでパスして部屋でゆっくり。。せず星を見にデッキへ。

月が明るくて木星や北斗星、乙女座のスピカなど主な星しか見えませんでしたが、返って星座の形は判りやすかったかも。船の揺れと強風で、満月(月齢は17.7ですが。)も3つに。(^^ゞ

Mangetunomiti

船内や部屋は次回。。

|

« 苫小牧北大演習林・春 | トップページ | 太平洋フェリーきそ乗船(船内・船室) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/11944770

この記事へのトラックバック一覧です: 太平洋フェリーきそ乗船(出航まで&へすてぃあ見送り):

« 苫小牧北大演習林・春 | トップページ | 太平洋フェリーきそ乗船(船内・船室) »