« 襟裳岬 | トップページ | 苫小牧北大演習林・春 »

ウトナイ湖・春

一回寄り道をしたので、旅行記としては、日高線の記事の続きです。

2006/5/15、苫小牧からバスでウトナイ湖へ。混んでいる時間帯で、所要30分弱。
まず、バス停に近いウトナイ湖野生鳥獣保護センターから歩きます。ここは、環境省と苫小牧市で運営する施設です。冬は目の前の湖岸でオオハクチョウやカモが観察できます。この日は月曜で休館日。

Utonaiko_hogo_center

下の画像のオオハクチョウは翼を怪我して切羽したのか、動きが緩慢でしたが、まだ北へ帰る途中の野生の個体が12羽いたとのこと。カモもまだ少数残っていました。ヒシクイも2羽いましたが、野鳥の会のサンクチュアリの情報に入っていなかったので、これも保護したのを放鳥したのか?

Utonaiko_oohakuchou

役所の施設なので、観察路もお金をかけてバリアフリーにしてあります。
でも、ちょっと草や木を刈り込み過ぎかも。。

Utonaiko_kansaturo

湖沿いの観察路を歩いて、野鳥の会の方のバードサンクチュアリに向かいます。
オオハクチョウの若鳥やヒドリガモが湖面を泳ぎ、アオジが気持ち良さそうに囀ります。

Utonaiko_kansaturo2

野鳥の会のウトナイ湖サンクチュアリは1981年に建設された、全国のサンクチュアリの草分け的存在。募金も皆で協力した思い出が。。(熱心な人は北海道まで労働奉仕に行った。)観察舎は小さいけれど、レンジャーも常駐して説明が受けられます(火、水休館)。1階と2階にスコープが設置され、窓から観察。鳥が窓にぶつかるのを予防するバードセイバーに25年の歴史が。

Utonaiko_birdsaver

えさ台には、コガラやハシブトガラ、アカゲラ、そして一番長く居たのはシマリス。
ほほ袋に溜め込みすぎてパンパンになってます。

Utonaiko_simarisu

こちらの観察路は本当にネーチャートレイル。
キタキツネの道とかイソシギの道という名前がついています。

Utonaiko_naturetrail

道沿いには小さなリンドウの花。

Utonaiko_rindou

林の中では本州では冬鳥の、ベニマシコがピッコピッコと鳴き、渡ってきたばかりのセンダイムシクイが、あちこちで”焼酎一杯ぐいー”と聞きなしされる囀りでテリトリーを主張していました。自分で観察したのは下記ですが、サンクチュアリのサイトの情報を見ると、エゾライチョウも出ていたらしい、見たかった。。動物では、木道のとこでゴソゴソしていたのは、同じく確認したらトガリネズミだったらしい。

鳥信(主なもの):オオハクチョウ12、カルガモ、ヒドリガモ、センダイムシクイ、ウグイス、アオジ、スズメ、ベニマシコ、シロハラゴジュウカラ、カワラヒワ、カッコウ(声)、ハシブトガラ、コガラ、ヤマゲラ、アカゲラ、ニュウナイスズメ、コムクドリ

サンクチュアリで魚も展示していたので、ウキゴリ、イバラトミヨ、ギンブナ、ウグイ、モツゴの実物を水槽で見てきました。ウグイは湖の岸近くに群れていて野外でも確認。

|

« 襟裳岬 | トップページ | 苫小牧北大演習林・春 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/11856422

この記事へのトラックバック一覧です: ウトナイ湖・春:

« 襟裳岬 | トップページ | 苫小牧北大演習林・春 »