« 北斗星3号(食堂車・車窓) | トップページ | おたる水族館(海獣・魚編) »

おたる水族館(あざらしショー編)

前記事の続き。2006/5/13、北斗星3号でで札幌着後、おたる水族館へ。

札幌到着時点で、すでに11:15。急いでロッカーに荷物を預け、駅弁を買い、快速エアポートで小樽へ。札幌でかなり降りて行き、窓側の席に座れて「やまべ鮭寿し」を広げます。さっぱりとしてお昼に丁度良い量。欲を言えば左側で隣の席も人が居たので海が見られなかったのが残念。

小樽駅からはバスで水族館へ。祝津の方なので市街から少し離れたエリアになります。他に夏季は観光船で行く方法も。高台にある入口は、独特の趣き。。

Otaru_iriguti

今回は、時間の関係でゴマフアザラシのショーを先に見ました。
館内を抜けて坂道を下ると海獣・ペンギンのプール等。(上りはエスカレータあり。)

Otaru_kaijuu_pool

まだペンギンのショータイム中で、後ろの方から見ましたが、言うことを聞く個体は少数みたいで、わらわら飼育員の周りに集まっているのが多い。

Otaru_penguin

ゴマフアザラシのショーです。まずはおじぎでご挨拶。

Otaru_goma_show1

ボールをナイスキャッチ。。とはいかず、おっとプールにボチャン!

Otaru_goma_show2

失敗したら自分で球拾い。3回目になんとか成功。

Otaru_goma_show3

輪投げも器用に3本続けてキャッチ。

Otaru_goma_show4

お腹も使って滑り台をヨチヨチ登りますが、下りは目にも留まらぬ早さ。

Otaru_goma_show5

最後はみんなでくるくる回転してお別れ。かわいいのと案外器用なのに驚きます。

Otaru_goma_show6

ちなみに、ショーに出ないあざらしも外のプールに居て、ほっけなどの餌を買って与えることができます。ゴマフアザラシの他、ゼニガタアザラシも寄ってきます。

Otaru_zenigata_azarasi

一番遠くのプールでは、トドのダイビングショーも始まるようでしたが、25度はあろうかという暑い日なので、他の人に混じって海に足だけ浸かってみようかと思ったら、まだスニーカーを履いている段階で片足海へ落下!5月の北海道の海は中々の冷たさ、というか乾かなくて、夜の飲み会の間寒くて無口になっちゃいました。

営業日・アクセス等は→おたる水族館公式ホームページへ。
特に冬季休業期間が長いので注意。

もちろん水族館なので魚や他の海獣類もいます。それは次回。。

|

« 北斗星3号(食堂車・車窓) | トップページ | おたる水族館(海獣・魚編) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/11563267

この記事へのトラックバック一覧です: おたる水族館(あざらしショー編):

« 北斗星3号(食堂車・車窓) | トップページ | おたる水族館(海獣・魚編) »