« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

秩父鉄道と道の駅・大滝温泉(温泉33.)

2006/4/2、真岡鉄道はC11-325を前日家族が写したので、「画像チョーダイ!」といったら、リバーサルだから。。とのこと、スキャナで取り込んでゴミ取りが面倒なので後日に。

この日は秩父鉄道のSL、C-58 363を見てから大滝温泉に入って帰りました。午後2時三峰口発の返しので、去年の画像ですが、光の加減はこんな具合で逆光でした。

C58_363
photo by しゅうちゃん1号

秩父鉄道は沿線にセメント工場があり、貨物が走ります。

Ed50
photo by しゅうちゃん1号

さて、三峰口駅を過ぎて車で15分ほど、道の駅大滝温泉に到着。去年の秋の紅葉の時期に来て、駐車場待ちになっており、あまりの混雑に、家族がSL撮影している間に私だけ入ったりしました。この日は雨でもあり、車はすんなり停められました。

さて、この時の入湯料600円を払い中へ入ると休憩所は昼時でもないのに満杯の大盛況。これでは中は?と心配しましたが、休んでいる人が多いのか、割と空いていました。

浴室は、1階が桧風呂、地下1階が岩風呂になっており、体を拭かなくても行き来できるよう、中に階段があります。更衣室もそれぞれの階にあり、(地下1階は貸切個室休憩室スペースなのでそちらからもすぐ入れる配慮?)洗面台2、ドライヤー2。ロッカーは有料で100円と大型の300円のタイプ。後はカゴ。

浴室はどちらもカラン6位。シャンプー、ボディシャンプーあり。岩風呂も桧風呂も内風呂。露天風呂はありません。山や川を眺めながら入浴ができますが、川に人が居ても見えないよう、窓の下半分ににマジックミラーのスモークを貼ってあり、湯船に浸かって景色が良く見えずちょっと興ざめ。

泉質は源泉が32.5℃ナトリウム塩化物泉(加温・殺菌あり、加水なし)で、かなり濃く、底を見通すと薄緑の湯は、まったりと体にまとわりつき、あとでぬるぬるする感じです。効能も運動系、皮膚病系の他、アレルギーや花粉症とあり、2度入り直しました。湯上りは肌がすべすべです。

休憩室では食事も注文でき、持ち込みは禁止の模様。外の道の駅部分でもそばなど。

やはり川が美しいのは紅葉の時期なので、また10月後半位にきましょうか。

アクセス、営業日・時間等は道の駅、大滝温泉HPで。

甲府から市川大門に抜けて、その後R52へ。
有料の雁坂トンネル以外は、静岡まで高速を使わずに帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島線、水郡線、東北新幹線(郡山-宇都宮)、烏山線、水戸線、真岡鉄道

2006/4/1、前日に続き鹿島臨海鉄道や18切符を使いつつ水郡線に乗車。

昨日銚子方面から来て佐原で車に回収されたので、鹿島線も軽く往復。鹿島神宮9:14発香取で逆方向に乗換、鹿島神宮9:58着。鹿島臨海鉄道発車の10:38までにダッシュで前記事の鹿島神宮に往復。

サッカー開催日でなく、鹿島神宮駅の券売機で切符を買ったら普通に鹿島サッカースタジアム駅までのJR分も180円含まれちゃってる気が。。臨時駅なのでいいのでしょうか?急いでたので駅員に質問も出来ないまま買っちゃいました。。沿線は平坦な畑が続きます。ここも臨海という名前の割りに海は見えなかった気が。

Kasima_rinkaitetudou

水戸からは水郡線、Suicaが使えないとの表示あり。上菅谷-常陸太田もちゃんと乗車。
12:15郡山発、上菅谷で下車までは立ってる人も居て、弁当を広げる雰囲気でなく。。

Suigunsen_kamisugaya

水戸で買った皆楽弁当を、上菅谷12:33-常陸太田12:47の間で食べました。弁当の名前は、何でも入ってるという意味でしょうか?幕の内+ハンバーグで結構お腹いっぱいでした。

Mito_kairakubentou

前日寒くて体調が悪化。常陸太田の駅近くで薬局を探し、風邪薬購入。水やお茶なども買い込み長時間乗車に備えます。短区間往復しているこの列車でもトイレがあり、水分取っても安心。

Suigunsen_sharyou

常陸太田13:11-上菅谷13:25着乗り換えて13:31発-郡山16:26着。沿線は田園風景から徐々に山の雰囲気に。常陸大子まで3両あった列車もその先は1両で寂しくなります。逆に1両しかない車内は混雑、かみのやま温泉に行く地元のグループがすでに宴会になってました。

Suigunsen_shasou

郡山駅で、家族から電話があり、宇都宮で落ち合うから早めに来るようにとのこと。18切符では乗れないのでもったいないとは思いつつ東北新幹線使用。Maxやまびこが16:33にあり、ダッシュでホームへ。やっぱり2階席へ乗りたくなるのが人情で。。車内はかなり天井が低く圧迫感が多少あります。この辺は高架を走っているせいか、湘南新宿ラインの時ほど1階席より眺望がすぐれているように感じませんでした。

Max_yamabiko

それでも駅では人が見下ろせるので、窓に貼り付いてる子供も。

Max_yamabiko1

裏側は(併結しているので)つばさでした。

Tubasa

宇都宮17:05着もまだ家族から連絡なし。電話してみると、途中で渋滞にはまってやっぱり来れないので、真岡のホテルまで来て頂戴と。。18切符より新幹線代が高かったのにもうー!こうなったら今日中に着けばいいので、烏山線にも乗る。宝積寺17:36-烏山18:10着折り返し18:33発-宝積寺19:14。烏山線といっても案外山の中じゃない。畑の中のサンセット。。

Karasuyamasen_yuuhi

宇都宮に戻るとすっかり閑散として、残り少ない駅弁を買って東北本線上り方面へ。宇都宮のぎょうざ弁当、冷えているといまいちで、小山でラーメン食べなおしちゃいました。

Utunomiya_gyouzabentou

東北線の時間は記憶に無いのですが、小山からの水戸線がまた本数少なく。。小山20:56-下館21:17。JRはここまでで真岡鉄道に乗換、下館21:26-真岡21:52。真岡のルートイン泊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島神宮

2006/4/1、鹿島神宮に参拝。

鹿島神宮は武甕槌(タケミカヅチ)を主な祭神とした2600年前創建と言われる由緒正しい神社。ご利益はスポーツなどに留まらず家内・交通安全など広範囲らしい。鹿島といえば鹿、はタケミカヅチの元に大国主の命の勅書を運んできた神様が天迦久神で、鹿の神様だったことが由来とのこと。
この辺の由来にご興味のある方、アクセス等は鹿島神宮HPで。

さて、この日も別行動にし、鹿島神宮駅から歩いてみました。鹿島といえばアントラーズなので、どんなに賑やかで赤くて派手な駅でしょうと思ったら、サッカースタジアムが臨時駅とはいえ別駅なので、のぼりもステッカーも派手なものは無く、”鹿島神宮の最寄り駅”の風情でした。臨時駅は営業日でなく、鹿島臨海鉄道の列車がこの駅まで乗り入れていました。

Kasimajinguu_eki

登り坂のレンガ歩道を歩き、参道のお店(まだ朝の掃除中)を見ながら10分で鳥居へ。
参道には鹿の像も新しく作られていました。

Kasimajinguu_torii

楼門も豪壮です。

Kasimajinguu_mon

今回は時間が無いので、拝殿で参拝して帰りました。

Kasimajinguu_haiden

他にも祭神が何体か、神社も点在しており、奥には鹿園も。
鹿に会いたかったけれど、それは、次回訪問時に。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留里線に乗ってみる

2006/3/31、アクアラインを降りたところの木更津で車の家族と解散。
18切符も余ることだし、前からどんな路線か気になっていた、久留里線に乗車。

木更津駅は、この角度で見ると結構お町ですが、駅に、漁協からのお知らせの、本日の潮干狩り可能な時間が掲示してあるのが海辺の町らしいところか?

Kisaradu_eki

今回は時間がなかったが、徒歩10分で行けると言う證誠寺(しょじょじ)に行ってみたい。證誠寺のHPには、たぬきばやしの由来も載ってます。列車の横にもたぬきの絵が。

Kururisen_shojoji

買い物をして戻る人が多いのか、途中まではかなり乗車率が良く感じました。
列車は落花生畑とハウスの広々とした風景の中を走ります。

Kururisen_shasou

だんだん林が増えて山になる頃、車内はだいぶ空いてきて。。

Kururisen_shasou2

やっと、木更津で買った、漁り弁当(名物のあさりを煮たのがご飯に乗せてある。)を食す。
美味しくて思ったよりは硬くないけれど、貝系は寿司以外は暖かい内の方が。。

Kisaradu_asaribentou

列車は上総亀山駅で1時間程停車してから折り返します。

Kazusakameyama_eki

ホームが細いので駅名表示もこんな角度で。

Kazusakameyama_eki2

桜やすみれの咲くのどかな道を、徒歩15分くらいで亀山湖畔の公園に着きました。なぜかここでも近所の人と思われて、ドライブ中の人に「散歩するようなところありませんか?」と聞かれたので、まさにここ、と答えました。

Kameyamako

列車が折り返すのと同じ位に、安房鴨川へ行くバスに乗って駅を後にしました。
この日は、久留里線・木更津11:50-上総亀山12:51、鴨川バス・上総亀山13:55-安房鴨川14:35、外房線・安房鴨川14:46-大網16:20、東金線・大網16:49-成東17:06、総武本線・成東17:06-松岸18:22、総武線成田線・松岸18:33-佐原19:15。鹿島まで行くつもりでいたら、丁度合ってしまい、佐原で合流になりました。

鹿島泊。アトンパレスホテルという、結婚式場付きのせいか外観が妙に豪華なホテル(部屋は普通)。そういうホテルなので、イタリアンとかあっても、ディナータイムで、ちょっとコーヒーとケーキが無いのが不便といえるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾アクアラインPA、海ほたる

県内の記事をまとめたので、前後しますが、2006/3/31-4/2、関東方面へ。
天気がいいのと、首都高羽田線が渋滞していたので、久々に東京湾アクアラインを利用。

静岡方面から走ると、保土ヶ谷バイパスの渋滞を抜け、まずはベイブリッジ。
大型が多く、真ん中の車線を走ったので、海は良く見えませんでした。

Bey_bridge

そこからは、顕著な渋滞は無く、アクアラインへ入るともっと空きました。
通行料が高いせい?前半、うみほたるまでの長い海底トンネルは圧迫感が。

Aqaline_tunnel

駐車場は大型は下、小型は上と分かれています。
金曜で、観光バスは少ないようでした。

Umihotaru1

最近どこでもある、「幸せの鐘」。

Umihotaru2

こんな記念撮影スペースが3箇所あり、あとは地球儀とイルカ。
イルカが一番人気があって、混み合っていました。

Umihotaru3

シュールなモニュメントの向こうの海上の白い物体は風の塔。
海底トンネルの換気口です。

Kazenotou

トンネルを掘ったカッターの刃先を展示。大きさを人と比べてください。

Tunnel_cutter

その他、羽田も近いので飛行機が間近に見えて楽しい。

Umihotaru_airplane

もちろん、周りが海なので、レストラン、カフェも海を見ながら食事ができます。
いわしバーグを買って、「さつまあげじゃん。」と言いつつ休憩所で食べました。

天気のいい時は本当に海が綺麗。船も色々な用途や国籍のが通るので楽しいです。
通行料が。。半額くらいだったらと、思わなくも無い。。
追記:通行料、3150円はETC割引後の金額だったようです。じゃ、現金正価はもっと。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原の湯 (静岡県伊東市)(温泉32.)

2006/4/9、城ヶ崎海岸駅から伊豆高原駅まで海岸の自然観察路を歩いて疲れたので、伊豆高原駅から5分の立ち寄り湯、「高原の湯」へ。時間が短いので900円はもったいなかったかも。レンタルタオルもあったと思いますが、地域的に寄れるかと思い、準備してきたので聞いてみませんでした。

Kougen_no_yu

小腹が空いたので、先に喫茶コーナーでちょっと一休み。
たこ焼きと伊豆高原ビールを頼んで、しばし外の林を眺めてから入浴。

ここの売りは、林に囲まれた露天風呂のようです。女湯2段、男湯3段。
女湯は2段しかないの?と憤慨しながらも上の風呂へ行くと、林の中から、丸々としたタイワンリスが、すぐ横の木にチョロチョロ登っていき、浸かっていた人全員で「かわいーい!」と。

あとは、内湯の中に気泡浴、うたせ湯2、サウナ。シャワー付きカラン8、外にカランのみ3。泉質は低張性のアルカリ性単純泉なので、さらっとした透明な湯、効能も運動系のだけです。ロッカールームには洗面台5、もちろんドライヤーも完備。

売店には伊豆のおみやげも揃います。休憩コーナーには畳みスペースがあってごろごろ寝られます。あまり時間もないので、明治のビン牛乳をごくごく飲んで駅に向かいました。露天風呂が雰囲気いいので、新緑の季節に、有料の個室でも使って、ゆっくりしたい気がします。

アクセス、営業時間などは、 高原の湯ホームページへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城ヶ崎海岸を散歩

2006/4/9、城ヶ崎海岸自然観察コースへ。

一年前、城ヶ崎海岸のハイキング探鳥会は観光編と自然観察編に分けて書きましたが、自然観察コースは、まだまだ伊豆高原の駅まで続きます。今回は、城ヶ崎海岸駅からいがいが根経由、海岸線を大淀小淀に寄り、伊豆高原駅まで歩きました。

城ヶ崎海岸駅には足湯がありますが、今回も横目で見ただけ。。

Jougasaki_asiyu

今年は桜は散りかけていましたが、逆に八重桜が咲き始めで綺麗でした。25分程で伊豆海洋公園に出ると、海岸線に入ります。まずは前回の終点、いがいが根で海鳥を観察。イソヒヨドリ、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、ウミネコが見られました。大半はオオミズナギドリ。近づいてきたオオミズナギドリを攻撃するものが、見るとクロトウゾクカモメ。ラッキーですが、もう少し良く見たくて、スコープを置いてきたのが悔やまれます。

観察コースは距離で見ると数キロでそんなに難コースではありませんが、崖の海岸が続き。。

Jougasaki_kaganfuukei

かなりアップダウンがあって、きつかったです。植物は、テンナンショウの緑の花や、白いスミレの仲間(写真が今一で同定不能。)、ヤブツバキの終わりかけなどあまり多くはありませんでした。ヤブニッケイの影にシロハラかな、と近づいたら、まだ残っていたのですね、アカコッコのオスでした。すぐ近くにネコがいたので、食べられないようにね、と祈って先に進みました。

Jougaski_nami

2時間ほどで磯の観察ができる大淀小淀に到着。春なので、アラレタマキビの小さいのが一面についていた位で、魚は上からでは見えません。ここは熱帯魚が流れてくる夏~秋がいいかもしれません。

Jougasaki_ooyodokoyodo

ここのそばにも吊橋がありましたが、100人乗っても大丈夫な頑丈な橋で、景色の他にはこれといったことが無いので城ヶ崎海岸、観光編を参照してください。同じような雰囲気です。

さらに30分歩いて伊豆高原駅まで戻ると、電車が少ないので、1本先に乗ることにし、温泉で疲れを癒していくことにしました。駅は大きく、レストラン、みやげもの、パン屋、など揃っています。

Izukougen_eki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRの完乗率を計算してみる

五つ星の夜~寝台特急CASSIOPEIAの旅~の管理人さんと面識を得る機会があり、ブログの方の五つ星の夜&SFC修行僧の日記も時々読ませて頂いています。

そちらの中の記事で、JR完乗率の計算結果を参考にさせて頂き、もっと自分に甘いルールで計算してみました。違う点は、秋田・山形新幹線に乗る機会がなさそうで、在来線のレールを走っている区間は、抜かしてもいいかなと。。

(JR北海道) 未乗区間 279.9km 達成率 88.5%

*あと札沼線と留萌本線の増毛ー留萌が乗車難しそう。。日高本線の鵡川-様似、石勝線の新夕張-夕張はなんとかなりそう。根室本線の滝川-富良野間はラベンダーエクスプレスでも乗らないと無理かも。。

(JR東日本) 未乗区間 497.6km 達成率 93.4%

*八戸線、大船渡線、八高線の高麗川-倉賀野、全然用事やついでがなさそうです。車旅行中心なので、上越新幹線の越後湯沢-新潟と東北新幹線の盛岡-八戸もおよそ縁がないかも。後、首都圏のベッドタウンくらいの地域が沢山残っています。

(JR東海)  未乗区間 43.5km 達成率 97.8%2006/5/28 名松線

*ここだけはもう少しで完乗出来るかも。名松線のみ

(JR西日本) 未乗区間 814.7km 達成率 82.1%

*いわゆる中国地方の肋骨線があんまり乗車してないため。

(JR四国) 未乗区間 176.8km 達成率 82.6%

*予土線、牟岐線は機会が無いかも。

(JR九州) 未乗区間 367.9km 達成率 80.1%

*大村線、佐世保線は乗れそうですが。。日田彦山線、筑豊本線等は難しそう。

ということで、数字的には思ったより埋まってました。ワイド・ミニ周遊券(今の周遊券と違い、往復も急行可。)が有った独身時代に、割と乗れているというのが大きいのかも。昔のほうが行った先のローカル線の本数も多かったですし。なので残っている路線は現状では乗るのが難しいところばかりかと。。

ゴールデンウィーク旅行中に姫川温泉付近で、少なくなった大糸線の列車が来たので、一枚。

Ooitosen

元のデータをお借りした、五つ星の夜の管理人さん、ありがとうございました。<(_ _)>

追記:2006/5/3 JR東日本・吾妻線  5/5 JR東日本・越後線  5/28 JR東海・名松線 を踏破。
    依って、JR東日本93.4%、JR東海すべて完乗!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇津ノ谷峠(蔦の細道、明治のトンネル)

2006/4/7、宇津ノ谷峠へ。静岡市駿河区と岡部町に所在。
静岡駅から静岡鉄道バス、中部国道本線、藤枝駅行きで40分ほど。宇津の谷入口下車。

宇津ノ谷峠の蔦の細道といえば、伊勢物語の歌で有名。
「駿河なる 宇津の山辺の うつつにも 夢にも人にあわぬなりけり」

今ではR1には道の駅が整備され、上の歌の山道はハイキングコース「蔦の細道」として整備されています。バス停とハイキングコース入口は「道の駅、宇津ノ谷峠」の端に。まずはソフトクリームを買って休憩。

Mitinoeki_utunoyatouge

蔦の細道のハイキングコースは、茶畑やスギ林の中を登ります。道も整備され、休日には歩いている人も多く、「人に会わぬ」ということは現在はありません。坂が急勾配になって木の根がある自然な道になった頃、峠に出て突然眺望が開けます。

Utunoyatouge_tyoubou

歩いてきた山道にはシャガ、タチツボスミレ、マムシグサなどと、ホウチャクソウ。

Houtyakusou

岡部町側に降りると蔦の細道入口の碑が。

Tutanohosomiti

周辺は公園になってトイレも完備、川が流れ小さな吊橋があります。駐車場もあり。
さて、まだ体力と時間があるので、引き返す形で旧東海道に行って見ましょう。

Wakaremiti

こちらの道は、江戸時代に馬も駕籠も通ったのか、先程より平坦な道で、途中から道をそれ明治のトンネルへ。案内版で見ると位置関係が判ります。真ん中の点線2本が、現役のR1昭和と平成のトンネル。一番下の点線が旧道の大正のトンネル。挟まれて、上を東海道が通っているのが明治のトンネル。

Meiji_no_tunnel

このトンネルは細いので、今は遊歩道として整備され、中を歩いて静岡側に戻ると公園になっていました。中で写真を写していたら急に声を掛けられてどきっ!!知らない間に隣に居て、「なんか暗くて恐いですねー。」という人のほうが恐かったりして。。

Meiji_no_tunnel2

少し歩くと、宇津ノ谷の集落に出ます。町並み保存地区になっていて、石畳(新しいのでちょっとなんだか。。)や屋号の看板などを見ながら、行きと逆側のバス停に到着。

静岡方面へ帰りのバスは旧丸子宿の側も通るので、丁子屋でとろろなどいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間神社から賎機山(静岡市葵区)

2006/4/4、お祭りを見がてら賎機山を歩きに。
バスで来る方は赤鳥居を通る路線なら何でも。

皆さん初詣など、大体宮ヶ崎通りから歩いてきて、赤鳥居から、
この大歳御祖神社を拝んで帰ってしまいますが。。

Sengen_jinja

長谷通りの石鳥居からの楼門は豪華。

Sengen_jinja_roumon

”おせんげんさん”の、木之花咲耶姫命を祭神とする浅間神社
本殿も彩色や彫刻が施され豪壮、こちらもお参りしましょう。

Sengen_jinja_honden

さて、山も桜が満開でした。お祭りで人が多いので、大歳御祖神社の左脇から行ける山道でなく、通称”百段”から直登します。階段の途中では、巫女さんがお掃除中。中学の時、山頂まで体育の時間にマラソンで往復、保健室行きになった思い出が。。ゆっくり登ろう。

Sengen_jinja_hyakudan

山の上にも麓山神社(はやま)。全部で8つの神社があります。

Sengen_jinja_hayam

賎機山は七夕豪雨まで(ちびまるこちゃんで、たまちゃんが屋根に避難してた、あの豪雨。)リフトがありました。その撤去跡の道と、山道の2コース。途中には、コース案内や簡易トイレも2ヶ所に設置され、ハイキングコースとして整備されています。ここまで来ると、人が減ってきて、鳥の声も。ヒヨドリ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ、、に混じって、季節はずれのクロツグミ?いや、ここにもソウシチョウ。。

山頂に近づくと眺望が開けます。黄砂混じりの薄曇り空ながら、富士山も。

Sizuhatayama_fujisan

市街地方向には駿河湾も望めますが、霞んでいたので家方向を。
城北公園の桜も綺麗でした。ここの花時計は時々故障します。

Sizuhatayama_jouhokukouen

頂上の観音さんの所から、さらに賎機山の奥へ。尾根道を歩く感じで、井宮に降りる道を始め、あちこちで降りられ、最終的には鯨が池まで歩けますが、観音さんの脇の道を歩くと自然に篭上に降りるルートへ。途中には休憩用の椅子があり、篭上から安倍川まで見渡せます。

Sizuhatayama_kagoue

桜も満開、梅も残っていました。あけびの葉の影にはキイチゴの白い花。

Sizuhatayama_akebinoha

ムラサキケマンも。

Sizuhatayama_murasakikeman

降りた所は、立ち寄り湯「美肌湯」の隣。これからの季節、ハイキングで軽く汗をかいて、効能たっぷりの美肌湯に浸かって休んで帰るのもいいかもしれません。こちらの最寄のバス停、篭上・妙見下とも安倍線が頻繁に通るので便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »