« 天保山マーケットプレイス、なにわ食いしんぼ横丁 | トップページ | 瀬戸内航路のフェリー、おれんじ7 »

海遊館

2006/3/18、海遊館へ。

入るとすぐトンネル水槽。暖かい海のキイロハギやチョウチョウウオ系の魚、ドチザメの幼魚のような魚、ネンブツダイといったのが、特に魚の種名を表示しないで、絵画のように楽しむスペースらしい。マダラトビエイなども乱舞して綺麗。アカヒレナガハナダイが赤色を添えます。立ち止まって見ている人も多い。

Kaiyuukan_aquagate

全体的に、コーナーごとの例えば川や池のを模してあり、魚だけでなくその環境に生息する哺乳類や鳥類も合わせて展示。

日本の森では、サツキマス、タカハヤ、イワナ、メダカ、ギンブナ、ヤリタナゴなどの魚。陸・水上にはニホンカワウソの代わりにコツメカワウソ。鳥もカルガモ、オシドリ、コサギ、ゴイサギ。

ここで哺乳類。アリューシャン列島として、ラッコ。モントレー湾としてカリフォルニアアシカ。ゴマフアザラシはごろごろ寝ていて、「かわいい!」と言われてもしーらんぷり!

Kaiyuukan_gomafuazarasi

パナマ湾では、ヤマブキベラ、ソウシハギ、ヒブダイ、ハリセンボンなどが泳ぐ水槽の水面にはベニハシガモ。上の金網に張り付くようにしてフタユビナマケモノ。食事は葉っぱの代わりのチンゲンサイ。本当にしばらく見ていても微動だにしなくて、肩こっちゃいそうです。

Kaiyuukan_futayubinamakemon

エクアドル・熱帯雨林では、レモンテトラ、ネオンテトラ、アロワナ、コロソマ、オキシドラスなどの魚。陸上には府リーンイグアナ、ショウジョウトキ、リスザル。さすがにカメの仲間のマタマタは危険なのでしょうか、他の種類と別に展示してありました。

南極では、オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギン。水槽に触ったらヒヤッとしたので、氷は本物なのかディスプレイ用なのか気になりました。下はジェンツーペンギン。

Kaiyuukan_jentuupenguin

タスマン海水槽にはカマイルカ。フェリーに乗船時苫小牧付近で100頭の群を見たのですがニュージーランド付近にも生息しているとは分布が広い。水槽が深くなっていて、潜った状態も下の階から見られます。ここで、ナイトタイムとかで照明を暗くされ、ぶれて写真が撮れなくなりました。

グレートバリアリーフでは、ナンヨウハギ、コンゴウフグ、ルリスズメ、ヒレナガハギ、アケボノチョウチョウウオ、ロクセンスズメ、オヤビッチャなどのさんご礁ならではの色とりどりの魚が泳ぎます。

これが売り、の大きな回遊槽ではご存知ジンベエザメがお付きのコバンザメや、サメといっても食べるものがアミエビ等と知ってかマアジも顔の周りに群遊して顔が良くみえないほど。その他、クエ、タマカイ、カスリハタ、ネムリブカ、ドチザメ、ロウニンアジ、アカメ、レオパードシャークなどの大物も。ダイバーに人気のイトマキエイも大きくてまったりと泳いでいます。暗いので動いていたのは全くぼけていて、写ったのは沈んでいたオオセのみ。。水槽の中心部に居たのは良く見えなくて、ムード満点とはいえ暗くしすぎで観察できないというのは。。

Kaiyuukan_oose

あまり良く見えないのでケルプの森、タスマン海と飛ばして。。日本海溝では、タカアシガニ、ユメカサゴ、イズカサゴなど。

最後の方のクラゲの展示はその辺にいるミズクラゲなどの他に、サカサクラゲ、アマクサクラゲなどと、

ギヤマンクラゲ。本当にガラスで出来ているような透明感。。

Kaiyuukan_giyamankurage

日本初公開だそう、ブラックシーネットル(ファイル名の英語は不確か)

Kaiyuukan_blackseanetlle

営業時間、アクセス等は→海遊館ホームページ

|

« 天保山マーケットプレイス、なにわ食いしんぼ横丁 | トップページ | 瀬戸内航路のフェリー、おれんじ7 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

みかんさん、色々コメントありがとう!

シュノーケリング、海水浴程度ですが、
ずっと行けてないので、大瀬に行きたいです。

もう一つのコメントの方、梨の花でしたか。。

また、そちらのサイトでもコメント&トラバしますね。


投稿: 星月夜 | 2006/04/22 07:49

大きくなると新しい個体と入れ替えるんだ(^-^)v。じゃあ、大きくなったら海におかえりと言って貰っているといいね。ダイビングは怖くて入りたくないけど、スノーケリングは一年に一回海水浴流で入っています。フィッシュソーセージで餌付け。体がもつ限り。前にケラマ諸島で潜りましたがマンタには会えませんでした。水族館でマンタを一生懸命見ました。
それでも幸せ(^-^)v。

投稿: みかん | 2006/04/21 11:06

みかんさん、もう一つコメントありがとう。

ダイビングクラブといえば、、何年前かな??
独身時代とするとにょにょにょ。。
つい計算しちゃいました。ごめんね!

もし、行ったのが5年以上前なら違う個体のようです。
私も前に一回行った時の方が大きいジンベイでした。
海遊館は判りませんが、鹿児島水族館いおワールドでは、
ある程度の大きさになったら新しい個体と入れ替えているようでした。

マンタの大きいのが泳いでたので、沖縄に見に行きたくなりました。
今もダイビングしてますか?

投稿: 星月夜 | 2006/04/20 17:45

ダイビングクラブの友達数人で、海遊館ジンベイザメ見るツアーで、水族館めぐりをした時にここに来ました。海遊館の名前がいいですよね。あの頃、ジンベイザメが死なないうちに見に行かないといけないと言われ、行きました。でも、今も元気なんですよね?だまされた!

投稿: みかん | 2006/04/20 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/9559606

この記事へのトラックバック一覧です: 海遊館:

« 天保山マーケットプレイス、なにわ食いしんぼ横丁 | トップページ | 瀬戸内航路のフェリー、おれんじ7 »