« 海遊館 | トップページ | ドキンちゃん列車 »

瀬戸内航路のフェリー、おれんじ7

さて、2006/3/18、大阪で心斎橋などうろうろした後ニュートラムで大阪南港へ。
折からの雨、駅から直通の通路はありがたい。フェリーも何社か入っているので売店・レストランはあるものの、着いてしばらくするとレストランは閉店になっちゃいました。売店も最小限のものなので、特に必要なものは事前に街中で調達した方がよさげ。

Oosaka_nankou

家族と車で行けていれば目的地が四国だったので、前日静岡駅で聞くも、寝台列車の「サンライズ瀬戸」は満席。当日に携帯で瀬戸内のフェリーを聞いてみたら、3連休でさすがに船には珍しいシングル個室は空いていませんでしたが、2等寝台が取れ乗船。

オレンジフェリー、「おれんじ7」。キャプテンわんさんのFERRY CRUISING~日本フェリー船旅ガイド~で競合する航路のうち、この船の評判がいいのでどんなか大阪南港-東予港利用。(2等寝台のみで5700円のところ、松山連絡バス付きパックで6000円。これってお得?)

連絡バスが松山市内で渋滞に遭い、時間的には21:00頃発の関西汽船で松山港に着いた方が早かったのですが。。大阪の夜を歩いてみたかったのと、「さんふらわあ」は正月に志布志航路で乗船したばかりで「おれんじ7」を選択。22:40と遅い時間の出航でもありUSJ帰りの女の子や家族連れでいっぱいでした。

乗船は同乗者も車で一緒に乗船できるようで、徒歩客はそんなに長い列になることもなく乗船。当日の予約で女性専用室は満室ですがいいですか?と念押しされた通り、8人部屋は家族連れと女性2人連れが同室。家族連れは5人で貸切になるのではと期待していたみたいで気の毒でしたが、連休では。。写真を撮るひまもなく、何人かはすぐ就寝してしまい部屋の写真はありません。ベッドは掛けるのは毛布のみですが、枕は柔らかいもので下も直接床ではなく少しクッション性が感じられました。枕もとの読書灯にはコンセントが1つ付属していて、携帯・デジカメの充電が出来てありがたい。

この船は夜もレストランが営業していて、出航の風景を見ながらまったりと。豪華なエントランスには、もう素早く一風呂浴びた浴衣の上等客がメニューで悩み中。

Orange7_restaurant1

カフェテリアと注文併用方式、冷奴は自分で取り、うどんとじゃこ天は注文。特にじゃこ天は船内で揚げたて、(本日の一品メニューがある。)ふわふわでおいしかった。(^^)v

Orange7_restaurant

港を離れ出航していくのを眺めます。本来なら外で見たいところですが、強風のためロックが掛かっていて、外へ出られず心残り。まあ、食べ物が美味しかったから。。

Orange7_minato

この船の豪華なところも見学、最上階のスカイラウンジ。すでに2等客が陣取ってビールや弁当を広げていました。昼の航海の時は瀬戸内の景色が見えて綺麗なのでしょう。

Orange7_skylaunge

テレビと椅子のある休憩スペース。長いソファだと2等客が寝ているのを太平洋フェリーの通路などでみますが、個別になっていると寝にくいので、風呂上りの休憩の方が多く感じました。

Orange7_lobby

後は、売店・ゲームコーナーも。その後行った展望大浴場は、鍵付きロッカーの空き待ちの超混雑ながら、乗船時間が短い船とは思えない豪華さ。サウナつき、浴槽にはジェット2基気泡浴も。リンスインシャンプーとボディソープも備え付け。風雨強く、夜景はいまひとつ見えませんでした。寝る前に入る人は多いのですが、浴室は新居浜入港直前まで開いているそう。

部屋に戻ると既に就寝中で寝息が聞こえます。2等寝台の上段は、物音を立てないように登るのはほぼ不可能でなかなか気を使うものです。さすが瀬戸内海、風雨の割には揺れずおはよう放送まで熟睡。

で、朝食を食べる暇も無く東予港で下船。ちなみに朝食は5:30-7:40、850円。すべて支度して朝一に並べば東予下船でも間に合ったかも?レストランの前では、東予下船の人向けに、コーヒーとゆで卵、サンドイッチも販売。朝の一杯のコーヒーで6:10という早い下船でもしっかり目が覚めました。

下船時も同乗者も乗車して下船できます。北海道の航路などより、徒歩客が多く感じました。船体が大きすぎて着岸していると全容が写せません。連絡バスは、新居浜、今治は無料、松山行きのバスは有料。

Orange7_sentai1

Orange7_sentai2

松山行きのバスは高速経由、道後温泉など寄りつつ松山駅まで運転。リクライニングシートとフットレスト付きで、松山までの1時間20分を、もう少し眠って行けました。

東予港と新居浜港には無料駐車場もあるようです。詳しくはオレンジフェリーのサイトで。

|

« 海遊館 | トップページ | ドキンちゃん列車 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/9579762

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内航路のフェリー、おれんじ7:

« 海遊館 | トップページ | ドキンちゃん列車 »