« 流氷ノロッコ号-知床斜里駅 | トップページ | 流氷ノロッコ号-風景 »

流氷ノロッコ号-車両・お楽しみ

前記事から続き。

斜里駅では写せなかったので、ノロッコ号の機関車DE10は網走駅で。

norokko-de10

5両編成の4号車の指定席乗車。海側の展望席が取れました。
4名席が陸側になります。2名席は背を逆にして4名席と向かい合える。

norokko-sharyou

隅には「だるまストーブ」があり、石炭が真っ赤に燃え車内は暑いくらい。
斜里でスルメを用意して焼きました。手が熱いので次回は箸もあったほうがよさげ。

norokko-darumastove

生ビールのタンクをしょった車内販売が回って来て、ビール。カフェでアイスも購入。
まったり景色を眺めながら生ビール。と思ったのですが。。

norokko-beer

景色が良く、キタキツネやエゾシカも姿を見せるので双眼鏡片手に大忙しです。
しばらく走り北浜駅では、4分程度停車、お立ち台から沖の流氷が観察できます。

norokko-kitahama

お立ち台も機関車もどこかの国の団体さんに占められたので車内に戻ります。
駅の中はあとで紹介。

北浜の濤沸湖の側の橋で。

norokko-hasi


乗車記念はスタンプ。用紙が同色でインクが薄いので見づらいかも。

norokko-joushakinen

|

« 流氷ノロッコ号-知床斜里駅 | トップページ | 流氷ノロッコ号-風景 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/9195340

この記事へのトラックバック一覧です: 流氷ノロッコ号-車両・お楽しみ:

« 流氷ノロッコ号-知床斜里駅 | トップページ | 流氷ノロッコ号-風景 »