« 青島へ | トップページ | 志布志駅 »

飫肥駅~飫肥城

青島を11:07の列車で出て、飫肥駅まで50分弱。途中、列車のトイレを久しぶりに使いましたが、ペーパーもあったし、思ったほどは抵抗がありませんでした。

飫肥駅でホームの表示を見ると、珍しく手書きなので写してみる。

obieki-hyouji

駅舎は城下町だけあって、城を模したイメージ。像は「泰平踊り」だそう。

obi-eki

案内によると駅前でもレンタサイクルを借りられるようでしたが、正月のせいか見当たらず、城下町は歩くと20分とのことで、片道はタクシーで。短距離ですが丁寧な応対でした。

飫肥城大手門の正月飾りは特徴があるとタクシードライバーが言っていましたが、記念撮影の観光客が多くて近寄って詳細に観察できず不明のまま。

obijou

歴史資料館と塀は再建されたもの、石垣が苔むしているのに対し、上の部分は真新しく見えます。

obijou2

昔の書院造の御殿を再現した松尾の丸は急な階段の先にありました。

obijou-matunomaru

趣のある茶室や女中部屋なども作ってあり、売店では地域の産物を販売。
下の画像は西本願寺のものを模した桧作りの湯殿。

obijou-yudono

その他、城外にもいくつか武家屋敷や豪商の商人屋敷などありましたが、今回は時間がないのでパス。城入口の駐車場のところで、さつまあげみたいな「おび天」を1つ食べてから、今度は駅までぶらぶら歩いて帰りました。商店街は城下町風にしてあり、名物として厚焼き卵も売られていました。

武家屋敷の塀は城の石垣と同じで黒っぽい独特な形。

bukeyasiki-hei

小京都風の演出で鯉が放流されている水路も。

koinoirukawa

駅まで戻る途中にはゆったりした流れの川や小さな神社もあり、散歩を楽しめるコース。早めに帰ってきてしまうと駅付近は割りと何も無くて暇でした。もし次回があれば、レンタサイクルを借りればもっと時間が有効に使えたかもしれません。

飫肥駅からは、13:34発、快速日南マリーン号で一気に志布志へ。夏~秋なら南郷駅で下車して水中探勝船に乗るのもいいのですが。。

|

« 青島へ | トップページ | 志布志駅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/8609399

この記事へのトラックバック一覧です: 飫肥駅~飫肥城:

« 青島へ | トップページ | 志布志駅 »