« 嵐山・天龍寺庭園 | トップページ | 常寂光寺 »

野宮神社から嵯峨野へ

野宮神社は天龍寺の北側に位置。
源氏物語の「賢木の巻」でしたか、娘が伊勢の斎宮として下るのに、六条の御息所が随行することで光源氏と別れた所として書かれた、「ののみや」です。

皇族の清い乙女がこもり、精進潔斎して斎宮しての勤めの前に心身を清めた場所であるのですが、なぜか縁結びの神様。お参りしている人もほとんど女性(というより、男性はカップルでないと入りづらい雰囲気。)おみくじをひいたり、縁結びのお守りを買う人でいっぱい。

nonomiyajinja

その後、天龍寺からつながる竹の道へ戻り、さらに嵯峨野方面へ。
源氏物語の若紫の巻に出てきそうな、小柴垣と青々と伸びる竹の道が続きます。

takenomiti

ゆるゆる北上すると、落ち着いたセンスの良お店がちらほら。京料理などは無理ですが、人形工房アイトワという店で、ケーキとお茶のセットを、紅葉の美しいお庭でいただく。ほっと一息。

嵯峨野では常寂光寺と落柿舎に寄りました。
京野菜の畑の向こうの落柿舎も柿が実っていい感じ。

sagano-hatake

ちなみに、畑の脇で野菜を販売していました。

|

« 嵐山・天龍寺庭園 | トップページ | 常寂光寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野宮神社から嵯峨野へ:

« 嵐山・天龍寺庭園 | トップページ | 常寂光寺 »