« 新幹線の車窓 | トップページ | 八景島シーパラダイス(ショー・イルカ編) »

シーサイドライナーとゆりかもめ

シーサイドライナーとゆりかもめは両方、無人システムで運転されています。危険防止のため、列車到着まではホームのゲートが閉まっていて、乗車すると列車そのものは写しにくいです。

11月は八景島シーパラダイスに行くため、新杉田からシーサイドライナー乗車。
始めは街中を走行していたのが、突然海が開けて、しばらくすると、
八景島シーパラダイスが現れます。

seaside-liner

八景島の橋からはこう見えます。

seaside-liner1

12月、ゆりかもめに乗車した時は、混んでいる上に前展望の席には山のように大きな外人観光客が陣取り、ビデオ撮影していて、中からは取れないとあきらめたのですが。。

竹芝の手前で展望席の2人の大男が振り返って呼んでくれたので、(男の方もいたのですが、さすがレディファースト。)少しの間、展望を楽しめました。

yurikamome-maetenbou

ところで、どちらにもある線路脇の狭い通路みたいなものは、途中で止まったときに人がやって来て運転していく用の道かな、それともトラブル時も無人運転は変更が無く、非常時はお客さんが次の駅まで歩くのだろうかと、気になりました。

|

« 新幹線の車窓 | トップページ | 八景島シーパラダイス(ショー・イルカ編) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/7684728

この記事へのトラックバック一覧です: シーサイドライナーとゆりかもめ:

« 新幹線の車窓 | トップページ | 八景島シーパラダイス(ショー・イルカ編) »