« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

奥山温泉(山梨県南部町)(温泉26.)

強い雨と霧の中、奥山温泉へ。
R52から12キロくらい、水溜りのたまにダートの山道を走る。
建物も霧に包まれていました。

okuyama-onsen

奥山温泉は南部町営の日帰り湯。料金などは、なんぶの湯に準じます。土曜日は入浴のみ500円で中へ。午後に行ったので、お昼の食品の販売は終わっていました。中にレストランは無い模様。

脱衣室に入ると、鍵付き有料ロッカー14、無料貴重品入れ40、基本的にはかごのみ。中へ入るとあまりの雨に人が少なくて、カランは10個ですが待たずに使えました。ひのきのボディシャンプー、リンスインシャンプーあり。

風呂は内風呂の大きい浴槽の中に3点式ジェット3基。別にジャグジー浴槽。乾式サウナ、水風呂もあり。露天はちょっと広いです。人が居ない時、紅葉の具合と眺望を写してみました。手前のもみじもまだ青いままで、紅葉は来週以降になりそうです。

okuyamaonsen-roten

温泉は泉質が低張性アルカリ高温泉、源泉の出口では45℃。効能は運動系と消化器病にきくそう。あまりぬるぬるしないので皮膚系の効能はないようです。源泉をすくったらイオウ臭がありました。さすがに大きな施設なので加温・循環・消毒はあるようですが、加水は書いてありませんでした。

湯上りはビン牛乳がなく、(自販機に缶のはあった。)飲料自販機、アイスの販売のみ。畳の大広間で休憩するには高い方の料金を払わなくてはいけません。一服もベンチなのですぐでました。

営業時間は平地の南部の湯と違い短く、10:00開館・16:30迄受付、17:00閉館。地域的に、年明けに雪が降る場合もあり、冬季休館することもあるので注意。宿泊は近くに町営のロッジ・キャンプ場などが4~11月まで営業。

帰りには滝があり、こちらも紅葉したら綺麗だろうと思います。

okuyama-taki

山の斜面にはりんどうの花がひっそりと咲いて、宮沢賢治の「十力の金剛石」の話を思い出しました。りんどうの青いコップに雨の露がたまって、真珠のように転がり、光りました。

rindou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍潭寺(浜松市引佐町)

龍潭寺は浜松市引佐町にある古刹で、小堀遠州の手による庭園が有名です。近くの奥山方広寺には遠足で行きましたが、こちらは機会がなくて、先週の日曜に行って見ました。山門も明暦2年の建立とかで趣があります。桜の季節が良さそう。

ryoutanji-mon

拝観料を払い中に進むと、本堂の鴬張りの廊下を通り、裏手に広縁と、開放された畳敷きの座敷から、有名な庭園をゆっくり鑑賞することが出来ます。画像サイズの都合で半分しか写っていませんが。。

ryoutanji-niwa1

後の半分には紅葉する樹木が植えてあり、もう少しでより綺麗な庭が楽しめます。桜と紅葉の季節には祭りが催され、特別展示などもあるそうです。さらに入り口でお茶券を購入すると、庭を右側から展望できる部屋で軸など眺めながら優雅にお抹茶と干菓子をいただけます。丁度、団体さんの切れ間でまったりとした時間を堪能できました。

ちなみに本堂の正面は石庭の雰囲気です。

ryoutanji-niwa2

今はフキの仲間の黄色の花が色を添えていますが、季節により違う表情を見せるようで、公式サイトで調べて行かれると良いかもしれません。アクセス、拝観時間も掲載されています。

龍潭寺ホームページ

おまけ:駐車場の脇の売店では、うなぎのアイス・あさりのアイス(どちらも浜名湖付近の名産ですね。)を売っています。話のタネに一度どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天竜浜名湖鉄道のトロッコ列車

先週の日曜、浜名湖にドライブ。
奥浜名湖にはまだカモはコガモとヒドリガモ、オカヨシガモがまだ少数。なので、土日に走る天浜線のトロッコ列車、「そよかぜ号」も見てから帰りました。

天竜浜名湖鉄道は、元の二俣線を第三セクター会社化存続しています。一部浜松の通勤圏でもありますが、浜名湖付近の景観に優れていて、トロッコ列車等観光方面にも力を入れています。

三ケ日駅で時間の確認。あわよくば乗りたいと思ったら、満席の様子で残念。人なつこい駅猫さんが遊んでくれました。

ekinekosan

カモを見ていたら時間になってしまい、私の携帯ではこんなの。。

soyokazegou2

相方はなんとか駆けつけたので画像をもらいました。
あれ?トロッコの部分に人あんまり居ないんですが?これで満席??

soyogazegou1

ちなみに普通列車は1両です。
こちらに乗ってゆったり行くのも好きです。

tenhamasen

追いついてしまい、天竜川の所でまた見られました。
次は終点の天竜二俣駅です。

soyokazegou3

天浜線は駅舎を利用してお店になっている駅も多く、特に二俣本町の手打ち蕎麦の店は有名。知り合いがわざわざ静岡から食べに行きます。

時刻の他、沿線のガイド、駅舎で営業のお店の詳細は天竜浜名湖鉄道のHPで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋で食べたもの

昼ごはんに、名古屋駅のタワーの山本屋に行って味噌煮込みうどんを食べようと思ったら、並んでいる人が多く断念。他なら、特にどこでも良かったので、座れたスープストック・トーキョーのほうれん草カレーセット。確か1050円位。面倒でつい静岡でも食べられるようなもんを。。でも辛めのカレーとミネストローネ風の野菜が入って具沢山のスープは美味しかった、残念なのはビルのせいか水がすごくまずかったこと。

soupstock-tokyo-curry

その後、車と途中で合流する予定が、こちらの時間の遅れと、道路の渋滞で無理になったので、別々に帰ることに。晩御飯は時間がなくて、すぐ出来るか聞いてから、名物の手羽先で(スパイシーでおいしく、揚げタイプで軟骨部分も食べれた。)ビールを飲んで、駅弁を購入して新幹線乗車。

tebasaki

駅弁は、鰻のひつまぶしも捨てがたかったが、鰻は静岡の地場産品でもあるのでここは名古屋TOP3弁当を選択。弁当なのでしょうがないのだけど、味噌カツはつけ揚げの方が好み。から揚げは普通。名古屋コーチンと言われても判らないが。。えびふりゃーは普通のエビフライ。チキンライスは少し固まり加減で温めて食べたかった気が。。とにかくボリューム満点で、満腹。買った缶ビールはそのままお土産に。。

nagoya-top3-bentou

きしめんも名物だけど、家でも作るので今回はパス。以前新幹線のホームで食べて美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノリタケの森へ

碧南市の水族館の後、解散して半田から武豊線に乗り、一人で名古屋のノリタケの森へ。洋食器メーカーのノリタケですが、最近のセラミックス技術についても触れる事が出来、美術館や陶器の製作工程見学、ショッピングや散歩も楽しめるエリアです。

グランパスショップ他、栄をうろうろした後、(ウインドショッピングだけですが。。)ノリタケの森も以前行きたいと思っただけでうろ覚え。名古屋駅から歩いていけると思いきや。。完全に迷ってしかもビジネス街は人、歩いてないという。。結局駅に戻り地下鉄に1区間乗りなおして亀島下車で徒歩5分。遅くなったので、ギャラリーは企画入替の為既に閉館していました。

noritakenomori1

元工場の赤レンガの建物が趣きがある。

noritakenomori2

他にも煙突広場やビオトープなど屋外の施設や森の部分は日暮れが迫って次回に。小川の流にはたたずむ人、噴水広場にはカップルがいて、いい感じでしたが撮影は遠慮しました。ノリタケの森は団体さんのバスも寄る施設ですが、ご近所の方が散歩やカフェを利用している姿も多数見られました。

*ミュージアム・クラフトセンター
ここのみ入館料500円必要。陶器絵付けの製作過程が見学できます。通路からじっと見られているのに正確な線と速さ、さすがプロ。さらに有料で自分で絵付け体験ができるそう。ミュージアムは明治、大正のオールドノリタケを展示。アールヌーボーの華麗なものや、大正モダンの今でも斬新なデザインが目を引きます。

*キャンバス(森村・大倉記念館)
陶器としてだけでなく、セラミックスとしての歴史や最新技術を、非接触ICカードを使って体験できます。科学の実験みたいで面白かったです。例えば古くは電柱の碍子、新しくはパソコンのチップに配線を埋め込む針先など最先端技術、環境や医療分野にもろ過などの過程で関わっています。結構へ~、と感心。身近ではトイレも陶器なんですね。

*パレット
最高級食器のステージはちょっと手が出ないので、こちらで懸案のご飯茶碗を購入。すべてのシリーズが揃っているわけではないようで、探していたのとは形は同じでも模様が違っていて、後で調べたら通販のほうにありました。併設のアウトレットショップの方にはとてもお買い得品があって、ついつい余分に購入してしまいました。重くない薄様の茶碗で丸みも手にしっくりきてここのメーカーのは好きです。

*スクエアカフェ
実際に皿など自社製品を使っているようですが、、冷たい飲み物は確か紙カップだったような。。ケーキは可もなく不可もないという味でした。

団体でくれば、事業紹介のビデオなど見られたようですが。。遅めに来てゆっくり買い物や美術館を楽しめたので良かったなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

碧南海浜水族館

2005/10/9、碧南海浜水族館へ行きました。静岡からは岡崎ICで東名を降り、国1を名古屋方面に直進してから矢作川沿いに南下する感じです。時期的に少し遅いのか、矢作川にはシギの姿は見られませんでした。

碧南海浜水族館は地域の海と川(矢作川)に住む水生生物を中心に展示。海獣は飼育していないので入館料も520円と手ごろです。入ると、レストラン入り口の休憩スペースに、まずアカウミガメやアオウミガメの繁殖した子ガメを展示、水槽の中をゼンマイ仕掛けのようにくるくると忙しく泳ぎ回ります。見ていると向こうから近づいてくれることも。

水族館に入ると、ここは定番のカクレクマノミとナンヨウハギでしょう。お客さんも、ニモだーとの声。続いてミズクラゲ、タコクラゲ、レースみたいで綺麗だけど刺胞が痛そうなアマクサクラゲ。

アマクサクラゲ

特別な展示はクロアチアから送られた洞窟性のサンショウウオ。日本のと違い、ウーパールーパーの様に色素がなく、目も退化しているように見えました。あとここでもクリオネいました。虫眼鏡付きで体の中まで観察できます。

大水槽ではカンパチ、ハマフエフキ、イシガキフグ、ロウニンアジ、コショウダイ、ホシエイ、アカエイの他、ネムリブカ、ドチザメ、ツマグロなどのサメの仲間も入れていました。

円形水槽数個にはさんご礁の魚が彩り良く泳ぎ綺麗です。オジサン、オトメベラ、オキゴンベ、ハタタテハゼ、アデヤッコ、海藻に似てぼこぼこしているヒゲハギ、コンゴウフグは定番ですがユーモラスな正面顔が笑いを誘います。

コンゴウフグ

トラザメの卵殻の展示は多いが、発生の段階ごとで生きている状態では珍しい。

トラザメの卵

冷たい海では、ホッケ、エゾメバル、サギフエ、ババカレイ、オオカミウオ、、でも怖い顔ならこのフサギンポも負けていません。

フサギンポ

暖かい海では、コロダイ、アオハタ、キチヌ、クエ、ギンガメアジなど。磯では、コショウダイ、メジナ、シマイサキ、イシダイ、ゴンズイ、ハオコゼ、アミメハギ、ナベカ、メバルなど。さんご礁では、アミウツボ、サビウツボなどウツボの仲間の前で「取ったどー!」と言う人2名ほど。。私も頭の中で思っていました。あとは、ハナミノカサゴ、ヤマブキベラ、ロクセンヤッコ、ハタタテダイなど色の綺麗な魚。ユタカハタはエアーの気泡の出口で固まっており、ジャグジーでなごんでいました。

次は矢作川の上流から順番に。上流部はアブラハヤ、アカザ、カワヨシノボリ、アマゴ。本流はカマツカ、シマドジョウ、カワムツ、タモロコなど。内湾ではマアジを飼育。泳ぎが速く、すぐ驚いて水槽にぶつかるので大変そうです。他ヒイラギ、テンス、タカノハダイ、ギマ、クロハゼ、アイナメ、オヤビッチャなど。

淡水魚では、メダカ、カワバタモロコ、イトウ、ウシモツゴ(濃尾平野にしかいなく絶滅が心配される。)は繁殖して放流するそう。

ついでに外来種のカダヤシ、バスなども隅っこに。

併設の科学館では、川や生態系のしくみを学習できます。また、自然観察会も実施され、磯の生物、野鳥、植物など各テーマで年数回開催されるようです。

館内・イベントなど詳しくは碧南海浜水族館のHPで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤塚PAの豚汁セット

東名に乗り愛知県以西へ行く時利用する、下り線の赤塚PA。

お店ではカツ丼などがおすすめのようですが、いつも通るのが午前中なので、
うちとしては、豚汁セットが定番。記事時点で300円

もちろん地域的に味噌は八丁味噌っぽいもので美味。
大根、ごぼうなど具もかなり入っています。生卵つき。
朝ごはんや軽食に適当な量ですが、朝時間以外はセットでなく単品のようです。

akatuka-tonjiru-set

ちなみに上り線側は吉野家も参入。こちらは早めの夕食に使いました。

最近合理化のせいか、東名のPAといえどもコンビニしかないところも。
暖かい食事が必要な場合、下記サイトにSA・PA営業内容が掲載されています。

道路公団のHPは移動して、分割された会社3つでドラなびになっています。料金・ルート検索、観光地の地図検索・宿泊予約サイトなどのお出かけ情報や渋滞予想、SA・PAの施設(諏訪SAの温泉以外にもシャワーがあるところもあったんですね。)やおすすめなどの情報が掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車載用DC-AC変換器

愛知県方面にドライブ。高速が長いので、買ってから使う機会の無かった車載用DC-AC変換器を使用してみる。デジカメ・パソコンなど製品ごとに専用の車充電用ケーブルを買うと高いので、家庭用のコンセントから充電できる感覚のこれは便利。シガーソケットから、これは最大80wまで使えるそう。ノートパソコンも可とのことで、もう少し高いのは150wもあったのですが、CD・DVDを回し続けることもなかろうと80wを選択。

セルスターのモバイルパワーボックス。家の車(チャレンジャー)ではこんな感じで特に邪魔にはならない。コードがあるタイプは近くでは売っていなかった。

dc-ac-henkanki1

実際にデジカメバッテリーを充電してみる。4WDのチェンジを動かす時と、ラジオスイッチ、灰皿に用がある時はちょっと邪魔ですが、1回抜けば良いので気になりません。

dc-ac-henkanki2

まったく空ではなかったせいか、1時間でFULL状態に。
紹介しようと楽天でも探したら、こちらの他にも、かなり大容量の600とか1000なんていうのもありましたが、そうなると、車のバッテリーの方が心配ではないかと?

デジカメやノートパソコンにはこれで十分と思いました。
下の画像をクリックすると楽天のショップへ。

セルスター/CELLSTARモバイルパワーボックスインバーターMP-76

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい土手の散歩(結局外れた鷹の渡り)

まずは2005/10/11、雨の日が続いた後で今日はサシバが飛ぶかと門屋辺りの安倍川の土手に出かけましたが、全然飛びません。ツバメが少し飛んでいただけで地付きのノスリが1。

安倍川の土手にはこんな標識があります。中の絵は登呂遺跡の竪穴式住居?1キロごとではなく14.75なども見たので250m間隔かも。歩く距離の目標になります。

abekawa-no-dote

何も出なくてヒマなので牛妻原から下まで土手をゆっくり下る。ススキが銀色にほうけて、ウスバキトンボが数頭飛んでいました。

10/12は藁科川沿いへ。まず藁科公民館付近で様子見。20分くらい見ていると、北の上空にトビと思われる集団が。。良く見るとサシバ9。慌てて双眼鏡で追うと、あまりタカ柱にならず西へ流れていってしまいました。これは飛ぶかなと北へ、富厚里の橋まで徒歩とバスで移動。

途中の新間谷川の流入点では、オイカワ、モロコ、シマドジョウが沢山泳いでいて水も綺麗に見えました。カワセミの声も。岸には市街地では少ないジュズダマも実っています。昔子供の頃、この実を糸でつないで数珠をおばあちゃんに作ってあげたことを思い出しました。

咲き終わりのヒガンバナやエノコログサの間からぴんぴん飛び出すバッタを避けつつ土手歩き。藁科川の標識は基点が安倍川との合流部になっています。絵は木枯らしの森かな??

warasinagawa-no-dote

富厚里の橋で大山方向を見ていましたが、タカは全然だめでした。相当高く飛んだのか、北ルートだったのか。。所在無く橋から落ちあゆ目当ての釣り人をボーっと眺めていました。他の鳥はジョウビタキ、モズ、ケリ、クマタカ、カワセミ、ツバメ、アマツバメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワなど。そういえば、ヒヨドリは3派位渡りましたが、アマツバメは2羽、ハリオアマツバメは全く見られませんでした。

wrasinagawa

土手の散歩と思えば気持ちよかったのでまあいいけど。。同じ日に平山林道でサシバ300羽という情報が入るとやっぱり残念です。

ちなみに、バスで土手歩きに行きたい方は安倍川は運転免許センターまで、藁科川は中小屋までバスが本数あります。それより北に行きたい時はぐっと本数が減るので、静岡鉄道のサイトでバスの時間を調べてから行った方が賢明です。それと土手は1本道ではなく、途中丘や水門等があると回り道や途切れることも。5万図やロードマップもあれば便利です。春は草ボケや菜の花、夏はツルボ、初秋はアキアカネとヒガンバナ、四季折々の自然が待っていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風鈴丸壁画at静鉄ストア

前記事の後、中部国道線のバスを丸子団地入口で下車。丁子屋などを見ながら丸子車庫まで歩き、静鉄ストア丸子店へ。壁画は遠くからも目立つ鮮やかさで、かわいいです。

作品名「おひさまファンファーレ」。店内に小さい絵もあり近づいて見られます。

mariko-hekiga

静鉄ストアは週3日は利用する店(丸子店じゃないですが。。)なので品揃えは大体判っているけれど、店で焼いた?パンがあったり、広いので品物も豊富です。新しい店は明るくてレジも多数、トイレも従業員用のを野菜を切っている横を通り「すみませんね。」などと借りなくて済み、お客様用のが完備してます。立地的にも静鉄バス・丸子車庫の隣で非常に利用しやすい。吐月峰などに行った帰りも、買い物をして帰れるかも。

さて、もう一つの目的の風鈴丸さんの牛乳太郎くんが描かれたエコバッグ、「牛乳太郎のお買い物」買いました。すぐ探したのですが、安東店、センター店、三松店では別のデザインのでした。小さいほうは例えば暖かいもの、冷たいものをちょっと分けて持ち帰りたい時、大きい方は牛乳パックや醤油も立てて入る大きさで、お買い物全般OK。色は画像の他に、小さい方はピンク、大きいほうは藤色があります。

sizutestu-store-ecco-bag

フランスパンなんか出ていたらおしゃれですが、家では葱とか大根とか生活感が。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大旅籠、柏屋(風鈴丸木版画展)

風鈴丸木版画展、岡部町の大旅籠、柏屋の「ギャラリーなまこ壁」で開催中。

2005/10/16までと比較的期間も長いので皆様もどうぞ。今回は風鈴丸さんの作品の中でも木版画を展示。名前から想像されるとおり、土蔵です。土蔵だけに多分初見の「土蔵に暮らす」が雰囲気に合って印象に残ります。たまたま誰も居なくてゆっくり見られました。皆和風の会場にマッチしているけれど、色合い的には「金星ミカン」がいいなあと思いました。風鈴丸さんの作品は、ほっとする感じが大好きです。

帰りにしずてつストア丸子店に寄って風鈴丸さんの壁画を鑑賞し、牛乳太郎くんが描いてあるエコバックもGET。それは次回に続く。。

*    *    *    *    *    *    *    *    *    *

版画の画像は掲載できないので、風鈴丸さんのサイトで見て頂くとして、ここでは大旅籠の方を紹介。。岡部宿の本陣、脇本陣に次ぐ格式の宿で、有形文化財として登録。

oohatago1

大旅籠、柏屋は今は歴史資料館として保存されています。資料館部分は入館料300円。ついでに入ってみました。台所、武士用客間、町人用客間、仏間、居間などに古いたんすや長火鉢、あんどん、火のし(アイロン)、くけ台、柳こおり等の昔の生活用具が盛りだくさん。

2階には情報展示コーナーもあり、江戸時代の旅の様子や部屋でくつろぐ弥次さん喜多さんの人形を展示。三度笠に縞の合羽、振り分け荷物の衣装を付けて記念撮影も可能です。

oohatago2

また、美術品のコレクションも鎧などありました。宿の喧騒BGMは静岡弁で。庭園・中庭を挟んで物産館、ギャラリーなまこ壁、レストラン、体験工房が併設。

物産館でところてんと蜜だんごを食べてみました。どちらもあっさりと美味。
裏が山なので携帯を取り出していたら盆にヤスデが侵入!だんごにつかなくて一安心。

oohatago3

資料館とお茶の里との共通券も発行していて、車で5分の距離です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シマヘビ

前記事に載せ忘れたので、平山林道で見たシマヘビ。
動きが早く、全体が写せなかったのですが。。

simahebi

落ちてしまった訳ではなく、これにて失礼、とばかり器用にU字溝から脱出。
そういえば、マムシやヤマカガシより久しぶり!
植物はツルリンドウなどが見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ当たらないタカの渡り

2005年は今の所、タカの渡り観察に2回トライ。静岡市牛妻の土手、平山林道へ行きました。こちらのネタは期間限定というのもあり、山陰の淡水魚展示や神社などは後日。

まず9月30日、牛妻の安倍川土手に行く。晴れて暑い日であまり風は無い。2時間くらい見たが全然飛ばない。代わりにクマタカがゆったりとハンティングする様子。チゴハヤブサも現れて川を越えましたが渡ったのか不明。ツバメは飛ぶがアマツバメやハリオアマツバメは出ない。

ヒマなので植え込みに来たツマグロヒョウモンを携帯で写す。後日Kさんに聞くと、本来高原のチョウだが平地でも見られるようになったとのこと。温暖化が影響すると考えられるそう。

tumagurohyoumon

後はジョウビタキ、ノビタキ、虫はウスバキトンボとミヤマアカネ。

~    ~    ~    ~    ~    ~    ~    ~    ~

10月2日は平山林道で皆さんと一緒に。折角大勢ギャラリーがいるのに、あまり(一度4羽でやっとタカ柱形成)飛ばないので、アサギマダラの話題や渡りルート、スコープを並べた手作りの巨大双眼鏡の話題など。ここは飛ぶと近いので、大砲のような望遠レンズのカメラも並びますが今日はさっぱり。西は晴れているのに、肝心の富士山方向にガスが出ていました。

fujimienai

ガスが晴れたら綺麗な富士山が望めて、あわよくば富士山にタカという縁起の良い構図で写真が取れるのですが。。。昨年の晴れた時の画像です。

ガスが晴れたら・・

他の方のデータで今年はもう9月末に3日位大量に飛んだ日がありましたが、1年に1回くらいせめて20羽、できれば100羽のタカ柱を見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »