« 肥薩線の観光列車、いさぶろう、しんぺい | トップページ | 血の池地獄(大分県別府市) »

岡城址(大分県竹田市)

大分に宿泊後、湯布院に行こうか竹田に行こうか考える、6/27、月曜日の湯布院は施設が定休日かもと考え、片道30分プラスで竹田に行った。時間はタイト(滞在1時間)だが..
また九州横断特急に乗る。

kyuushuu-oudan-exp

豊後竹田の駅も山に囲まれていい雰囲気。
崖が各所に見られました。

bungotakeda-eki

岡城址に行くことにし、さすがに往復タクシーを使用。7分位で着。

300円払い、巻物みたいな入場券兼地図を受け取り、時間が無いので城址の上まで駆け登る。山城なので急勾配の坂がきつい。天気の関係で少し霞んでいたけれど、遠くまで緑の山が続き綺麗でした。”花の宴”や”紅葉”の季節に来たらいいムードだろうなと思いました。間違って二の丸方面へ行ったので、滝廉太郎の銅像は見逃したのでした。携帯の壁紙モードではうまく伝わらないので(しかも逆光)、ここはまたリベンジして来たいところです。雰囲気だけ載せときます。

こんな感じの場所で桜が咲いてたらいいなあ。。と。
okajousi1

柵などは無いので足元は即、崖です。
つい覗き込んだら吸い込まれそう。。
okajousi2

最後の7分で駅前から商店街や裏道を歩き、良い雰囲気でした。
市中には武家屋敷群、水琴窟や滝廉太郎の展示館もあり見たかった。
やっぱりもっと時間がないともったいなかったかも。。
今度来たら絶対最初から予定に入れよう。

|

« 肥薩線の観光列車、いさぶろう、しんぺい | トップページ | 血の池地獄(大分県別府市) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/4979787

この記事へのトラックバック一覧です: 岡城址(大分県竹田市):

« 肥薩線の観光列車、いさぶろう、しんぺい | トップページ | 血の池地獄(大分県別府市) »