« 長崎本線の列車 | トップページ | 鳥栖駅、かしわうどん、かしわめし »

吉野ヶ里公園

ちょっと歩いて鳥を見ながら行きましょうと、神埼で下車。あまりの暑さに雨傘を日傘代わりに、水田のアマサギなど見ながら600mで吉野ヶ里歴史公園西口に到着。ゲートで券売機で入場券を買い、弥生っぽい衣装のスタッフに渡す。手前にはロッカーもあり、広大な園内を廻るのには置きたいが、隣の駅か佐賀へ行くつもりで東口に抜けるのでそのまま持って歩く、重い。。

西口を入ると、水田や小川を再現しています。奥には家族連れでも遊べるように、ディスクゴルフコースなどの施設も。水田などの復元ゾーンは古代のムードたっぷり。

yosinogari-suiden

工事中の南の村をぐるっと迂回し倉と市に入ります。入り口には鳥居?が。

yosinogari-torii

環濠集落を復元、支配者や民の家など多種の建造物があり、多くは中も見学可能。

yosinogari-iti

倉は特に重要なので、塀に囲まれています。

yosinogari-kura

北楼閣に行けば、弥生時代とは思えない巨大な建物が。

yosinogari-kitaroukaku

ここはどちらのゲートからも離れていて、静かでした。
さらに奥には墳丘や甕棺などもあるが、甕棺は三内丸山と同じかなと思いパス。
メインの東口ゲートから出て吉野ヶ里公園駅へ向かいましたが、15分では全然無理。
ガイドブックは額面どおりに信用しちゃいかん。。。

33℃の炎天下、ヘロヘロになって駅についたけど、乗る予定の列車は出た後。
さらにボーっとして駅のホームに忘れ物、一駅取りに戻って遅れる。トホホ。

|

« 長崎本線の列車 | トップページ | 鳥栖駅、かしわうどん、かしわめし »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野ヶ里公園:

« 長崎本線の列車 | トップページ | 鳥栖駅、かしわうどん、かしわめし »