« 高速船ホワイトマリン、土肥温泉を散歩、弁天の湯・屋形湯・足湯(温泉17.) | トップページ | 虹の森公園、おさかな館(愛媛県北宇和郡松野町) »

須磨海浜水族園(兵庫県神戸市)

GW旅行途中、須磨海浜水族園に寄りました。神戸市須磨区の須磨海浜公園内にあり、折からの暑さで水遊びの人も多く、近い駐車場は一杯。かなり歩いてやっと入園。家族連れで込み合っていました。

まず入館すると小さな水槽に、サケの稚魚とクリオネを展示。やっぱりクリオネの方が一般受けしてました。大水槽には大きいロウニンアジが。これは家の近くの水族館ではあまり見ない。フエダイの仲間、トビエイ、ホシエイ、などエイ、ネコザメ、ドチザメなど小型サメ、ちょっと不気味なナースシャーク。カメはタイマイ、アオウミガメ。メジロザメ、シロワニ、ツマグロなど大き目のサメが入っていたけど、空腹でなければ食べたりしないんだろうか?

須磨、大水槽の魚

次は夜の水槽と昼の水槽で、昼行性と夜行性の違いを体験。マダイ、ヘダイ、マアナゴ、夜の方には一部分が暗闇で光るマツカサウオ。外の喧騒が伝わるのか、どちらも活発には活動していません。マアナゴは皆で同じ塩ビパイプに入り、ところてんみたいでした。昼には、クギベラ、カタクチイワシ、マイワシ、メガネモチノウオ。イワシは常時回遊するので飼い難く前は珍しかったけれど、円形の水槽で流を設けたりして、飼育している所が多い。

テーマごとの展示では、「石と見間違う」オニダルマオコゼ、オニオコゼ。「岩の間」ウツボ数種、カサゴ、アイナメ。「どく」ハコフグ、ハリセンボン、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ゴンズイ、アイゴ、ハオコゼ。「共生」クエ、ソメワケベラ、ニセゴイシウツボ、ソメンヤドカリ、有名なイソギンチャクとカクレクマノミ。「砂地」キュウセン、ウチワザメ、セミホウボウ、ヒメジの仲間、シロギス。

シロギスとキュウセン

「須磨の海」アミメハギ、シマイサキ、コモンフグ、ニジギンポ、カゴカキダイ、メバル。「深い海」イズカサゴ、ユメカサゴ、ハシキンメ。「習性がおもしろい」アナハゼの仲間(砂を吐き出す)、タツノオトシゴ(巻きついたり、まっすぐ泳いだり)、ガーデンイール(砂から生えているよう)。「北の海」クロソイ、オオカミウオ、ホヤ。「干潟」ムツゴロウ、ヤマトオサガニ、トビハゼ、シオマネキ。

干潟とシオマネキ

個別の水槽には、リーフィーシードラゴンやヒラメの稚魚(盛んに泳いでいて、目も片側にしっかり寄ってない。)魚以外はロブスター類や、ガザミ、トヤマエビ、アオリイカ、オオムガイ、イイダコ(春の瀬戸内といえばこれ!)クラゲ数種。ウリクラゲは微妙な光かたで綺麗。

淡水魚はまとめて森の北館。オオサンショウウオ、チョウザメ、ハイギョ、ケツギョなど。日本産ではムギツク、オヤニラミ、カワムツ、オオウナギ、カスミサンショウウオ(レッドデータの魚?)、スイゲンゼニタナゴ、カマツカ、シマドジョウ。その他擬態をする、リーフフィッシュ(木の葉みたい)。アユ、チチブでなわばりの説明が。

その他イルカショー、ペンギンプール、海がめプール、ラッコ館。アマゾン館はアロワナ、ピラルクなど大型の魚が泳ぐのを小さいトンネル水槽で見られます。遊園地も付属。外の海浜公園は夏、海水浴場。

詳しくは、須磨海浜水族園

|

« 高速船ホワイトマリン、土肥温泉を散歩、弁天の湯・屋形湯・足湯(温泉17.) | トップページ | 虹の森公園、おさかな館(愛媛県北宇和郡松野町) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/4191794

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨海浜水族園(兵庫県神戸市):

« 高速船ホワイトマリン、土肥温泉を散歩、弁天の湯・屋形湯・足湯(温泉17.) | トップページ | 虹の森公園、おさかな館(愛媛県北宇和郡松野町) »