« 週刊ブックレビューに新井素子さん出演 | トップページ | 夜間飛行 »

東海大学海洋科学博物館(静岡県静岡市清水区)

あまり近すぎて最近ごぶさたというパターン。東海大学海洋科学博物館は三保にあり、夏はプールや海水浴で賑わう場所、清水駅からバス30分位。車なら三保の松原も近い。海水浴シーズンにはエスパルスドリームプラザから三保行きの船がでるらしい。玄関先の海洋研修船を見て入場。(記事時点で大人1500円)ロビーにはここで繁殖したカクレクマノミが。前からの3mくらいのオヒョウの標本もまだありました。

次は円柱状の水槽の部屋。目立つチョウチョウウオが一番明るい場所を。種類はアミメ、ウミヅキ、ニセフウライ、トゲ、アケボノ。ミノカサゴやハナミノカサゴも優雅な泳ぎが目立ちます。

三保、ハナミノカサゴ

暑い海の魚が続きます。ホシゴンベ、トラギス、キヘリモンガラ、スダレチョウチョウウオ、ツユベラ、コガネキュウセン、ハナダイの仲間など色とりどりの小さめの魚がどの角度からも見られます。なんとなく近い種類がまとめてあったりして、 キイロハギなどハギの仲間、ハタタテハゼなどハゼの仲間、アジアコショウダイなどの仲間。ヘコアユは餌の時間で、ブラインシュリンプ状のものを小さい口で吸い込んでいました。トビハゼは泥が住処なので1種で独占。

次の大水槽は開館当時はすごく珍しかったのだけど。。。最近の競走が激しいところでは、大回遊槽とかトンネル水槽とか次々と出てきて、大きいだけでは普通の設備になっちゃいました。大きめのはスマ、ナンヨウカイワリ、ドチザメ、以前はクエなども居たけれど、なぜかタタミのような大きいトビエイの仲間ばかり目立ちました。その他タカベ、ツバメウオ、アカマツカサ、サクラダイなど。階段で水槽の下に潜り、小さな窓から魚を見上げられるが、曇っていてよく見えませんでした。

さて、大学の施設ならではのこと、繁殖には力を入れているようで、成魚にまで育ったのが52種、その他卵の孵化後ある程度まで育ったのも含めると数え切れない位。ちょうどカクレクマノミの餌やりの時間であさりとエビのすったものに小魚が群れていました。タツノオトシゴの仲間のサンゴダツは手ごろなコードに集団で巻きついていました。ハラキルリスズメ、ツムギハゼ、ヒメニジギンポなども繁殖の成果みたいです。「見てみよう」のコーナーでは顕微鏡についたカメラを操作、拡大してボタンエビ、ヒオウギガイ、ミズクラゲのポリプの細部を観察できる。

温度が低い暗めの水槽には、駿河湾でも良く獲れるキンメダイ、タカアシガニや北の海のエゾイソアイナメ、ミズダコ、エビスダイ、ユメカサゴなど。テラマチオキナエビスという巻貝は生きている化石と書かれていました。駿河湾にも居るアイビクニンは名前があったけれど居たか不明。キチジ、アカドンコ、キダイなども。

地元にいるようなキュウセン、ホンベラ、マツカサウオ、ホウボウ、イットウダイ、タカノハダイ、オキナヒメジ、オキゴンベ、ハリセンボン、コブダイ、ネンブツダイなども。あとは、ひとつの水槽につき数種入るのが続きます。テングダイ・キツネダイ・サクラダイ、アカエイ。イトヒキアジ・カスミアジ・クロヒラアジ、アカハタ・アオブダイ・オニカマス、モヨウフグ・ソウシハギ・ヒメフエダイといった感じ。学問的に意味があるのか、ただ食べられない為の組み合わせかちょっと分け方が不明。さすがにイワシは単独で入れていました。魚屋では時々見るけれど、あまり水族館でみないアオヤガラ。

三保、アオヤガラ

あと、飼育の裏側もちょっとだけ覗け、研究も行っているので裏も数多くの水槽が並びます。2Fは海全般の勉強を。深さによる水圧とか、鯨の骨を展示。3Fは3D映像とメカ魚色々。メカの魚はカニの足が6本の「タラズガニ」やフナムシ、カエル、シャコ、フジツボなど動きをロボットで再現しています。「キカマンボウ」は本物のツバメウオの仲間と一緒に水中に展示していました。

miho-kikamanbou

その他、外には津波実験施設があり、1日数回実験。

水族館ではありますが、研究施設や博物館的な要素も大きく、他の水族館のような海獣や淡水魚類は飼育展示していないので注意。隣は自然史博物館で、タルボザウルスやステゴザウルスの骨標本レプリカ、化石の色々など展示、パソコンを使った自然史の解説もしています。

東海大学海洋科学博物館

|

« 週刊ブックレビューに新井素子さん出演 | トップページ | 夜間飛行 »

「お散歩の道」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/4276467

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大学海洋科学博物館(静岡県静岡市清水区):

« 週刊ブックレビューに新井素子さん出演 | トップページ | 夜間飛行 »