« 薮内正幸美術館(山梨県北杜市) | トップページ | 国立科学博物館、恐竜展 »

エプソン品川アクアスタジアム

品川駅前に水族館ができたと聞き、東京に行ったついでに見学。
駅を出て品川プリンスホテルの裏、開館前から列ができていました。

1階がアトラクション、2階が水族館。先に開館している水族館へ。感想はやっぱり街中なので小さいなあ、ということ。メインはカマイルカ、バンドウイルカ、アシカのショーと、サメとエイの海中トンネル。これはノコギリエイの仲間。小さな魚が付いていました。外光が取り入れられ彩り豊か。

ノコギリエイ

えさやりの時間にはかなりの人が集まります。

アクアスタジアム、海中トンネル

他にはサメの仲間のツマグロ、トビエイ2種。水槽には魚に関する説明は一切なく、パンフレットに記載。後の水槽は水槽の温度でアバウトな分け方。さんご礁、マングローブからサンゴの海へ、暖かい海のエビ、東京湾、氷の海、深海、あとはペンギンが4種でジェンツー、ケープ、キング、イワトビ。小さめのマンボウも1頭いました。

環境的には、マングローブ、サンゴなども合わせて展示しているので、照明が工夫された、各種の熱帯魚が群舞するようすは、とても美しい。魚を学術的に見に行くのではなく、デートコースとして綺麗な海の中を見て、ロマンチックな気分にひたるのが良さそうです。魚はチョウチョウウオの仲間など色彩が鮮やかなものと、オオカミウオなどの変わったものが中心。

1階に降りて、ドルフィンパーティー(イルカ、ラッコ、サメ、アザラシのメリーゴーランド。顔がちょっとアメリカン。)前のカフェで食事、”さすがホテル系”のお値段でした。回るメリーゴーランドを見ながら食べると、綺麗だけど少し気持ち悪い。。。

その後並んで「銀河鉄道999」へ。入ると最初に連絡シャトルの設定で、999の3Dアニメが始まり懐かしいBGMとともに、メーテル、ハーロック、クイーンエメラルダス、ついでに鳥さんも総出演。待ちくたびれてさあ、この後は。。。というところで999乗車。網棚などレトロな感じを盛り上げます。小さい荷物や落ちそうな物も預けさせられ予感はしたけれど、アトラクション的には1回転する力技のコースター、少しは宇宙の感じも出ていたものの、スペースマウンテン好きにはちょっと物足りない。ショップでは999グッズは少なく、もう少し文房具など欲しい感じでした。あと「ポートオブパイレーツ」、「バーチャルライドシアター」がありましたが、今回はパス。

|

« 薮内正幸美術館(山梨県北杜市) | トップページ | 国立科学博物館、恐竜展 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/3854610

この記事へのトラックバック一覧です: エプソン品川アクアスタジアム:

« 薮内正幸美術館(山梨県北杜市) | トップページ | 国立科学博物館、恐竜展 »