« アクア・トト ぎふ(長良川河川環境楽園内、淡水魚水族館) | トップページ | 城ヶ崎海岸(自然観察編) »

城ヶ崎海岸(観光編)

桜咲く城ヶ崎海岸へ行きました。東海道線、熱海まで乗り入れている伊豆急で城ヶ崎海岸駅下車。沿線の山でもそこかしこで桜が満開です。。

団体行動なので、駅構内の足湯”ぽっぽの湯”を横目で見ながら、海岸へ。瀟洒な別荘地内の満開の桜並木が続きます。潮風にあおられ桜吹雪が散り敷いて雪道のよう。

j城ヶ崎海岸桜並木

広い庭の大きな家が続く別荘地の中は、フレンチレストラン、アンティーク、輸入雑貨と派手ではなく、趣味の良い店が点在しています。途中からヤシ並木になり、ぐっと南国ムードに。駐車場の空き待ちの列を通り抜け、海に出ると門脇崎灯台の展望スペースまで登ります。リアス式の海岸と太平洋が遠くまで見渡せ、青い海を白い船が一本の航跡を残しながら行く風景など、幻想的。

売店の甘夏もおいしそうですが、駅でビールとわさびせんべいを買っていたので、観光客で一杯の有名なつり橋(足元は全面板張りで恐くない)を渡って岩場で小休止。

城ヶ崎海岸つり橋

ここのつり橋やガケは、2時間ドラマの犯人が告白するシーンで登場。

城ヶ崎海岸の崖

灯台と反対側の遊歩道は人も少なく、散歩に最適。途中には溶岩トンネル、足元の穴からはるか下の海面が覗ける、穴口。大きな照葉樹が茂る、アップダウンのつづく道をダイバーや釣り人とすれ違いながら行くと伊豆海洋公園にでる。売店で地ビールと食事。女性陣は、さくらソフト(刻んだ塩漬けの桜葉が入っている。)追加情報として、この辺の観光トイレは和風など特徴あるつくり、それぞれ「磯ぎくの詩野箱」、「磯の和香家」、「篠海の青椿堂」「いがいがの静落庵」といったユニークな名前ばかり。

その後、蓮着寺(日蓮宗のお寺)で一休み。

城ヶ崎海岸の蓮着寺

今回はこれで元の駅に戻り、やまももアイスを食べて帰りましたが、コースは伊豆高原駅まで続き、点在する美術館めぐりをして楽しめます。逆に途中で疲れたなら、伊豆海洋公園と蓮着寺にバス停があります。

|

« アクア・トト ぎふ(長良川河川環境楽園内、淡水魚水族館) | トップページ | 城ヶ崎海岸(自然観察編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城ヶ崎海岸(観光編):

« アクア・トト ぎふ(長良川河川環境楽園内、淡水魚水族館) | トップページ | 城ヶ崎海岸(自然観察編) »