« 国立科学博物館、恐竜展 | トップページ | 大島の御神火温泉(温泉16.)、三原山 »

大島航路

東京での飲み会に混ぜてもらい、鶯谷という珍しい場所で泊まったので、(普通のビジネスホテルだ。)深夜コンビニに行くついでに散歩してみた。うーん、そっち方面のホテルが多くて、さまざまな人間模様が路上で展開されていて、面白かったー。

翌日は新幹線で直帰もつまらないので、山経由か海経由と考え、結局東海汽船の竹芝埠頭の窓口へ行ってみた。すると利島は欠航、その他は条件付で大島なら問題なく行けそうなので大島経由で帰りました。レインボーブリッジの下をくぐるのは久しぶり。

レインボーブリッジ

土曜日とあって、東京湾には釣り船も多くでていました。貨物船も色々見られ、この辺の水域は、かなりの混みようとわかりました。鳥は最初はウミネコ、顔の黒くなったユリカモメなどでしたが、久里浜に近づくとオオミズナギドリが多数飛んでいました。高速船では約2時間で到着です。しかし夜行のかめりあ丸の特2等(絨毯張りの、毛布つき2段寝台)より高い料金が気になります。黒潮を横切る以上は高速船といえど揺れるので、慣れていない人はちょっと青くなっている人も。景色は黄砂のせいか富士山はぼんやりして今ひとつでした。その後イルカとカンムリウミスズメ3、コアホウドリ1が見られました。

大島の港には、派手なほうの高速船「セブンアイランド愛」もやって来ました。

東海汽船、高速船

高速船「セブンアイランド虹」の後ろで客船「かめりあ丸」が入港のため切りかえし、船尾から接岸。
船首方向には八丈航路でも見られる貨物の荷降ろし用クレーンが。

かめりあ丸

大島の帰りは熱海まで高速船、こちらは1時間しかかかりません。初島手前までは途切れることなくオオミズナギドリが飛びます。陸に近くなったらピタッといなくなりました。港からは駅への連絡バスが220円で。船旅で疲れた方には熱海駅前に足湯が。

|

« 国立科学博物館、恐竜展 | トップページ | 大島の御神火温泉(温泉16.)、三原山 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

船、フェリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/3887464

この記事へのトラックバック一覧です: 大島航路:

« 国立科学博物館、恐竜展 | トップページ | 大島の御神火温泉(温泉16.)、三原山 »