« ツバメ | トップページ | 柿田川湧水 »

水星の観望

3/13、水星が東方最大離角で等級も0等級と見やすく、観察しました。
月明も少なく、夕方の西の空、高度も見え始めで10度くらいあり、久々に見るチャンス。

午後会合で、案の定遅くなり、17:20頃市街地でどこか西が見えるとこ、と考える。
静岡は地形的に西側に山を背負っているので案外難しい。

そういえば、静岡県庁別館21階の展望室が、休日は遅くまで開館していたと思いつく。
喫茶コーナー、椅子もあり、写真展(今は浜名湖花博展)も開催していたはず。
しかし、3月までは18:00閉館だったので夕暮れの風景だけ楽しみました。
近隣で一番の高さ、東西南北の展望が望め、駿河湾まで見渡せます。

kentyou-tenbousitu1

晴れていればサンセットの瞬間もロマンチック。

kentyou-tenbousitu2

その後、内堀とか駿府公園の中を見るが、どうも西側がせいせいしないし、明るすぎ。

utibori-yuukei

そこでバスを5つ先の停留所まで乗り越して、竜南付近の水田まで行き観察。
着いたら18:30でまだ西の空に明るさが残っており、しばらく探します。
付近に明るい星が無く(うお座付近)月から真下に降りた少し右、
薄明の残る空に、白い水星が双眼鏡で容易に発見できました。
携帯で写る。。。訳は無く、空の白い点は三日月ですが、
これくらいの暗さでも私には肉眼で見えませんでした。

hakumei-no-sora

暗くなって星座もはっきりして来たので、北極星の近くのマックホルツ彗星も探す。
6等級、大分暗くなりましたが、双眼鏡ではまだぼんやりとした姿が観察可能です。
18:55頃には水星は山にかかってしまいました。

しかし、この時間4℃で風も強く、お出かけの服のままの星見は無謀だったかも。。。
寒さに手、足先が痺れた頃、ケリが甲高く一声鳴いて暗い水田に消えました。

|

« ツバメ | トップページ | 柿田川湧水 »

「お散歩の道」カテゴリの記事

「自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/3293953

この記事へのトラックバック一覧です: 水星の観望:

« ツバメ | トップページ | 柿田川湧水 »