« 発掘物件 | トップページ | SLきたびわこ号 »

川根温泉ふれあいの泉 (温泉12.)

先週、川根温泉、ふれあいの泉に行きました。

川根温泉ふれあいの泉は、道の駅を兼ねた日帰り温泉と、
ふれあいコテージという4~8人用の宿泊施設から構成されています。
鉄道でも、大井川鉄道の川根温泉・笹間渡駅から徒歩5分。

静岡市街から黒俣経由の山道で行きました。
現地少し手前には、SLの見える丘公園があります。
撮影ポイントの一つで、平日でもSL待ちのカメラマンの車多数。

sl-no-mieruoka

混まないうちに温泉へ、と思ったら10時前ですでにほぼ満車状態。
道の駅部分にはコイン給湯機、無料の足湯が設置。ここも満員。
温泉の中は、温泉とバーデゾーンに分かれるので、少しは混雑が緩和されていました。
3時間迄、入浴500円、プール部分700円、両方1000円。貸しタオル、館内着、水着あり。
下足キーと交換にロッカーキーを受け取る。

着替えて浴室に入ると、やっぱり混んでいる。20あるのに、カランの空き待ちしばし。
シャンプー、ボディシャンプーあり。
内湯1、露天4(岩風呂2、舟型木風呂1、炭風呂1)。ジェットなどはプールの方に。
脱衣室は、洗面3、ドライヤー4、かなり足りないのでトイレにもドライヤー2。

ここの売りは、湯量と泉質に恵まれていること。自噴864リットル、49℃。
ナトリウム塩化物泉で、基準11倍以上の溶存物質が含まれるそう。
このような大きな施設で、かけ流しは珍しいのでは。
効能は、運動系のほか、皮膚系もある。

湯は若干緑茶色を帯びて、少し濁り、ぬるぬるする感じもあります。
露天風呂からは、SLを見ることが出来ます。(当日の通過時間掲示。)
垣根が低いので、あまり乗り出すと向こうから見えちゃいます。
周囲の方に気遣いながら、露天風呂から携帯で線路を写してみました。

kawaneonsen-roten

広い休憩室と食堂もあります。
11時前だったのでまだ定食・丼物はやっていず、そばと惣菜のみでした。
おいしいお茶は飲めるし、おしるこを頼み、白玉の入ったぜんざい風で美味。
売店も充実していて、地域の物産や、何とさくらえびまで売っている。
牛乳がパックというのがちょっと残念な点。ま、お茶の産地なので。。

帰る途中には川根茶の店が点在。試飲や、お茶のソフトが買えます。
金谷の近くでSLに会い(C11 190)、逆光ながら携帯で撮れるか挑戦。

keitai-de-c11190

|

« 発掘物件 | トップページ | SLきたびわこ号 »

「お散歩の道」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/2870967

この記事へのトラックバック一覧です: 川根温泉ふれあいの泉 (温泉12.):

« 発掘物件 | トップページ | SLきたびわこ号 »