« 油壺マリンパーク(神奈川県三浦市) | トップページ | face to ace インストアイベントin吉祥寺 »

箱根園水族館(神奈川県足柄下郡箱根町)

1/23、箱根園水族館に行きました。
箱根園水族館は芦ノ湖のほとり、元箱根にあります。
行った中で、ある程度の規模をもつ水族館で一番標高のある場所です。
山の上なので、どんなかなーと思い、ついでに寄ってみました。

先に油壺水族館に寄ってきたので、到着は午後4時。
雪の降りしきる中、車2~3台しかいませんでした。
hakoneen-yuki
入館料1300円、HPで割引クーポン、新宿からのバスとセット割引もあり。

(海水館)
入ると左にオープン水槽、低めの水槽で、マングローブの中に隠れる、
魚が上と横から観察できます。デバスズメ、シリキルリスズメ、サザナミヤッコ等。

オープンエアーの大水槽、太陽が出てないので照明が入っていました。
ヨスジフエダイ、タカサゴ、ノコギリダイ、アカマツカサ、サクラダイ、ニザダイ
ヒメアイゴなどの他、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)がいました。
中ぐらいの大きさの魚でそろえてある感じで、大きいハタ、クエはいない。

ここと少し繋がる形で、サメ水槽。ツマグロ、ドチザメ、おなじみネコザメ。
トラフザメ等の他、エポウレットシャークはちょっと不気味です。
隣はペンギンでキング、ジェンツー、マカロニ、イワトビ、ケープ、マゼラン、
寒い地域のペンギン中心に飼育。
側面が透明で泳いでいる姿を見られるようになっています。

個水槽ではサケビクニン、どこで見ても、人魂っぽい。色は淡ピンクできれい。
sakebikunin

ガーデンイールは定番ですが、一緒のアナハゼの仲間が一生懸命口で砂を掘っては捨てる姿がユーモラス。
garden-eel

リーフィーシードラゴン、このように適当な海草とか海草風の人造物が多いのだが、
いつか、どこかで原産海域の本当の海草と似てるか比べてみたい。
seadragon

冷却水槽にはタカアシガニの他、ホッケ、アイナメ、フサギンポ、ケムシカジカ等。

(淡水館)
オオサンショウウオの次は日本在来の魚。イトウ、イワナ、ニジマス、ヤマメ。
静岡付近では自然の状態ではヤマメではなくアマゴが分布する。
ヤマメは赤い斑点(朱点)がでないのが特徴。
カジカ、カマキリ、マハゼ、オヤニラミ(エラブタの斑が目に見える)、ホンモロコ、
アブラヒガイ、ムツギク、カネヒラ。

世界の淡水魚が続きます。
ガーフィッシュ類、アロワナなどやハイギョ、サカサナマズ(本当に逆さに泳いでいた)
ミドリフグ、イェンツェイ。
オオクチバスは増えて困っているアレですね。

魚以外ではタガメ、シリケンイモリ、イベリアトゲイモリ他。
鳥もいます。アボセット(ソリハシセイタカシギ)、トウネン、オシドリ、ケワタガモ、
トモエガモ、ホオジロガモ。こんなに近くで見るとちょっと変な気分。

ここのメイン?淡水に住むバイカルアザラシの水槽は上から見ると池のよう。
10頭近くが入れかわり顔をだし、鼻の穴を閉じては沈んで行きます。
陽がさしてなく、水槽は暗く写真が取れませんでした。
ワモンアザラシもいたのでまた天気のいい日に来よう。

道路が凍ってきたのでここだけで、三島側に降りたのですが、
夏タイヤで来ている人が多く、チェーン着け渋滞などありました。

|

« 油壺マリンパーク(神奈川県三浦市) | トップページ | face to ace インストアイベントin吉祥寺 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/2748391

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根園水族館(神奈川県足柄下郡箱根町):

« 油壺マリンパーク(神奈川県三浦市) | トップページ | face to ace インストアイベントin吉祥寺 »