« 県民の森の初冬(静岡市井川) | トップページ | 横浜のイルミネーション »

ズーラシア(よこはま動物園)

19日にズーラシアへ行きました。
広大な園内にさまざまな環境を作り、希少な動物だけでなく、普通の動物もなるべく生息場所に近い環境になるよう配慮がされています。緑が多く、コンクリートの上に動物が退屈そうに寝ている動物園とは一味ちがいます。

大崎に宿泊したついでに湘南新宿ラインで横浜へ。横浜線を中山で下車、バス15分で到着です。
車できても1500台と拾い駐車場があります。
混んで遠くの駐車場になれば、駐車場行きの臨時バスもでるそう。

入園料600円、市立なのか広いのに安い。
入り口では遠くに居る動物が良く見られる双眼鏡、解説が聞ける音声ガイドの有料貸出があります。
コインロッカーもあり、身軽に廻れたのにうっかり、中山駅で預けてきて失敗。

まずはアジアの熱帯林。オランウータンなど類人猿はやっぱり動きが面白くて大人気。たまに近くへ寄ってきて子供の歓声があがります。カンムリシロムクなど希少種も。周りの環境も熱帯林らしい雰囲気をかもし出しています。インドライオンも珍しい。

亜寒帯の森では、レッサパンダ、アムールトラ、オオワシ、オットセイなど。ユーラシアカワウソは泳ぎながら魚を探す姿をガラス越しに観察できました。ホッキョクグマも水槽の横から泳ぐ姿が見られます。大迫力!あと最近映画で有名なシロフクロウも飼育されています。昼間は眠そうに半眼でみられました。

オージーヒルではキノボリカンガルーが初めて。動物が安心して暮らせるよう隠れ場所があるので、人間はよく見えない時もありますが、あきらめましょう。(双眼鏡が有効)

k-kangaroo

あとは孫悟空のモデルのキンシコウ、オオカミみたいなドール、まったりしたモウコノロバ等が居ます。

日本の里山では、ハクビシン、ニホンアナグマ、コウノトリ(これは借り物のようです)、クロヅル、マナヅルなどがみられます。おなじみの動物ばかりですが、夜行性のはフィールドではめったにみられないので面白い。

アマゾンの密林でオオアリクイを見た後、おじさん顔のヤブイヌ。アフリカの熱帯林ではヤマアラシ、そしてこれが一番の売りの珍獣オカピ、半分シマウマ半分シカみたいな、変な模様です。

okapi

あちこちに飲料の自販機や休憩コーナーがあり、カフェテリア方式のレストランも1つあります。お弁当を広げる子供づれだけでなく、アベックや大人がグループできていたり賑やかでした。お土産はオカピのパペットがとてもかわいい。また、園内限定のフィギュアも販売していて、1ヶ買ったらカンムリシロムクでした。飛んでるシロフクロウが良かったのに・・・。で、大人買いしている人多数・・・。

詳細はズーラシア(よこはま動物園)

|

« 県民の森の初冬(静岡市井川) | トップページ | 横浜のイルミネーション »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水族館・動物園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/2355526

この記事へのトラックバック一覧です: ズーラシア(よこはま動物園):

« 県民の森の初冬(静岡市井川) | トップページ | 横浜のイルミネーション »