« なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) | トップページ | 県民の森の初冬(静岡市井川) »

かじかの湯 (山梨県鰍沢町) (温泉10.)

かじかの湯は、山梨県鰍沢町の国道52号線十谷入口交差点を静岡方面から行くと左折して、川沿いに10分ほど走った所にある町営温泉です。
車でないと不便なので駐車場もかなり広くとってあります。

kajikanoyu.jpg

基本的に木曜定休で10:00~7:00の営業。入浴のみ1.5時間500円、休憩つき1000円。
下足箱は鍵つき、入浴券は券売機で。貸バスタオル100円、貸ゆかた300円。
フェイスタオルは283円で販売、販売バスタオル1000円。

売店では休憩の方用の、きのこご飯、コロッケ、饅頭、草もちなど販売。
みやげ品、特産の竹炭を使った製品なども充実していました。
野菜の無人販売もでて、聖護院かぶ、じゃがいも、キウィを買っている人も。
軽食コーナーでは手打ちそばが400円から食べられます。

脱衣室はカゴのみ、貴重品は隣の部屋の椅子の休憩スペースのロッカー(返金式)へ。
ロッカー付近は、フロントで常時監視していたので安全かと思われます。

浴室はカラン9、立ちシャワー2、ひのきのシャンプー、ボディシャンプー設置。
内風呂は広く、打たせ湯、ジェット2基、ジャグジーあり。
寝湯は38度のぬるめで気泡浴になっていた。
サウナは狭いけれど、ちゃんと水風呂もありました。

泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉。皮膚系の効能も書いていました。
湯は流れているのは透明でさらっとしていますが、かなり成分が濃いようで、
浴槽の底をみると黒っぽく見えます。
露天風呂からは山が見え、温泉に浸かりながら、
ヒヨドリ、セグロセキレイ、シジョウウカラが観察できました。

脱衣所の洗面台3、ドライヤー2、混んでいたらちょっと少ないかも。
湯上りの楽しみの牛乳は、なんか東京のメーカーの紙パックで残念。
入浴のみでは大広間が使えないけれど、ロビーにも椅子があるので、
ちょっと休んでまた入浴、1時間半を有効につかうことが可能です。

もっと奥には、ふるさとの味を楽しめる「つくたべかん」、五連の滝。
大柳川渓谷沿いの遊歩道にはつり橋もいくつか架かっていて、
夏場は緑陰で散策するのに良いコースです。

|

« なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) | トップページ | 県民の森の初冬(静岡市井川) »

「温泉・SPA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/2151649

この記事へのトラックバック一覧です: かじかの湯 (山梨県鰍沢町) (温泉10.):

« なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) | トップページ | 県民の森の初冬(静岡市井川) »