« 新稲子川温泉・ユートリオ (芝川町)(温泉8.) | トップページ | なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) »

寝台特急さくら・あさかぜ引退

旅を楽しませてもらった列車が3月でなくなる。
実家が地元で完結していて帰省の必要がないので、
回数はそんなに多く乗車できたわけではないのですが。。

さくらは長崎に行くのに時間はかかるけれど、
B個室を取って、気兼ねなく一人の時間を満喫できた。
下関に止まったといえば、機関車の交換を見に行き、
鳥栖では、はやぶさの切り離しの間に買った、
かしわうどんとかしわめしを列車に持ち込んでお昼にしたり、
佐賀平野では窓から、ここしか見れないカササギを探したり、
諫早の手前では干拓されたとはいえ、干潮にあたり、まだ少し干潟が楽しめたり、
列車の旅を120%楽しめる列車でした。
(おなかいっぱいで長崎でちゃんぽん食べられなかったりしたのも思い出。)

2003年、10月に写した、これも見られなくなるのは残念。
鳥栖駅、「さくら・はやぶさ」 ヘッドマーク。
sakura1.JPG

長崎駅、「さくら」 テールマーク、
灯が入っている状態で写しておけば良かったと後悔。
sakura2.JPG

ところで、あさかぜは乗車機会がついになかった。
静岡からはちょっと中途半端な時間と距離ともいえるし・・・。
別に開放B寝台も平気だけど、やっぱり選択するなら個室が安心。
A個室、シャワーもあったし、1回くらい乗車しておけば良かったかも。

検索で来た方へ、寝台列車について詳しいサイトを追記。
ほどちゃんの島~旅の写真館~に寝台列車を詳しく紹介しているページ、
ほどちゃんの島-寝台列車があり、寝台列車の個室等の写真、編成、座席表、料金計算など、
列車ごとに丁寧に紹介されています。
これから寝台列車をご利用予定の方は訪問をおすすめします。

さらに追記:2005/6月、「富士・はやぶさ」になってから「はやぶさ」にも乗車機会がありました。寝台特急はやぶさ

|

« 新稲子川温泉・ユートリオ (芝川町)(温泉8.) | トップページ | なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/2084944

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急さくら・あさかぜ引退:

« 新稲子川温泉・ユートリオ (芝川町)(温泉8.) | トップページ | なんぶの湯 (山梨県南部町) (温泉9.) »