« 列島縦断鉄道12000kmの旅・絵日記でめぐる43日間 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道・水沼駅温泉「せせらぎの湯」(温泉5.) »

湘南新宿ライン2階建てグリーン車

23日、家族旅行でドライブ、群馬県へ行くので東京経由とのこと。環八を通るので自分だけ高井戸で降り、井の頭線で渋谷へ。渋谷Bunkamuraで牧野宗則木版画展を見る。いつもながら精緻で光あふれる画面に見入る。版木を使用したWood block's-Craftも斬新で楽しめる。作品はちょっと購入は難しい金額なので図録だけ記念に購入。

湘南新宿ラインの2階建て車両が10月からライナーだけになり、新規にグリーン車に2階建て車両が投入されたので乗車してみることにして窓口へ。桐生まで2200円、グリーン券750円(ホリデーと記載あり)。12:06の高崎行き特快に乗ることにし、早めの食事に、祐天寺のカレーショップ「ナイアガラ」へ。うーん・・・これだけすごいと絶対初見の人でも見つかるってくらい。店の前から鉄道グッズであふれている。切符の券売機(食券)を見ると「周遊券」なんてメニューも。普通のカレーセットにして見ました。はやぶさのヘッドマークとかタブレット、つり革、何故か各地駅長さんの色紙??椅子は元列車のクロスシート(なんとシルバーシートに座ってしまった!)、ミニ列車が注文品を運んでくる。唯一普通なのは氷川きよしのサイン。懐かしいのもあったけど収集の趣味が無いので皆様が言うほどにはぴんと来ません。

渋谷に戻って湘南新宿ライン乗車、やっぱり新しい車両はいいなー。シートもリクライニング、回転し特急みたいでくつろげる。2階のせいか荷物棚が無いのがちょっときになる。テーブルの左に傘かけ?下にもドリンクホルダーがあった。検札に来た乗務員さんはNREの女性の方で、頼めば飲み物を席まで運んでくれるのでコーヒーを注文、広い窓から2階建ての車窓を堪能し、高崎まで結構まったり過ごせました。
green.JPG
suicaでグリーン券を購入すると座席の上にかざすだけで検札済みのランプが点灯し、寝てしまっても大丈夫のようです。切符をこすっている人がいたけれどそれはちょっと・・・。
suica-system.jpg
ちなみにトイレも特急のトイレみたいで綺麗、別に洗面所もついていました。

残念なのは切符が当日のみ有効、途中下車不可のこと。2200円も払ってるのにと思わないこともなかったけど、近郊区間でしょうがないかー。あと100円足してホリデーパスを買う。。。より、行き先が桐生なんでホントは浅草から東武のりょうもう号に乗ったほうが現実的ではあるのだけど。両毛線があまり接続よくなかったので、待ち時間に駅を出たかった気が。

|

« 列島縦断鉄道12000kmの旅・絵日記でめぐる43日間 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道・水沼駅温泉「せせらぎの湯」(温泉5.) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道・駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17974/1773881

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南新宿ライン2階建てグリーン車:

« 列島縦断鉄道12000kmの旅・絵日記でめぐる43日間 | トップページ | わたらせ渓谷鉄道・水沼駅温泉「せせらぎの湯」(温泉5.) »